第15回飛騨神岡ツーデーウォーク1日目

今年も第15回飛騨神岡ツーデーウォークに参加
しました。3年連続の参加になります。

170827100.jpg

1日目は数河・柏原峠越えの22㎞コースに参加。

170827101.jpg

メイン会場は標高740mの流葉温泉Mプラザ前です。

朝方まで降っていた雨も上がり天気が良くなり
ました。気温が低くかなり涼しく感じられます。

170827102.jpg

7:45頃から出発式が始まりました。
まずは準備体操です。

青空が広がってきましたが気温が低いので
心地よいです。

170827103.jpg

スタートは、22㎞、13㎞、6㎞コースは同時刻に
順次スタートします。

8:15 22㎞コースをスタートしました。

170827104.jpg

スキー場前からマセド林道へといきなりの上りに
なります。

170827105.jpg

しばらく舗装路を上って行きマセド林道へ。

170827106.jpg

マセド林道の一部を通り国道41号線方面へと
進んで行きます。

170827107.jpg

国道41号線に合流後数河峠へ上って行きます。

170827108.jpg

6㎞コースとの分岐からさらに上って行きます。

170827109.jpg

歩道がないので道路の端を1列で上ります。

170827114.jpg

道路脇に設置された温度計は17℃の表示です。

気温は低いですがここまで一気に上ってきたので
汗が噴き出してきます。

170827113.jpg

標高896mの数河峠です。
スタート地点が740mでしたので高低差156mを
約30分で一気に上ってきました。

170827112.jpg

管生稲荷神社の大きな狐の石像前が13㎞コース
との分岐になります。

13㎞コースの分岐から歩道橋を渡り数河林道へ。

170827115.jpg

数河林道へと入って行きます。

ここから標高1130mの頂上までの上りになります。

170827116.jpg

数河林道は舗装路で勾配がきつくないので歩き
やすいです。

170827117.jpg

頂上近くまで上って来ました。

170827118.jpg

9:30 標高1,130mの数河林道の頂上に到着。

ここから北アルプスが一望できるポイントに
なります。

170827119.jpg

大きな木が生い茂っているので見にくいですね。

170827120.jpg

ここが給水ポイントになります。

170827121.jpg

すでに秋の気配、ススキが咲き誇っています。

170827122.jpg

この辺りからの方が北アルプス方面が綺麗に
見渡せます。

170827123.jpg

長い下り坂を一気に下って行きますが膝に
負担がかかるので厳しいですね。

170827124.jpg

坂道を下りきり県道75号線に合流します。

170827125.jpg

県道75号線沿いの公園内を通り抜け右に
横断し草むらの道へ入ります。

170827126.jpg

草が生い茂った道を進み柏原パーキングへと
進んで行きます。

170827127.jpg

10:23 柏原パーキングに到着しました。
標高770m、ここがチェックポイントになります。

標高1,130mの数河林道頂上から約360mを
一気に下ってきましたが、長い下りは膝に
負担がかかります。

毎年楽しみにしているトマトのおもてなしです。
塩をたっぷりかけて丸かじりでいただきます。

良く冷えているので美味しいです。

170827128.jpg

柏原パーキングから県道75号線を一旦横断し
左の道へと入ります。

170827129.jpg

再び県道75号線を横断し山田湖方面へ。

170827130.jpg

しばらく坂道を上り山田湖方面へと下ります。

170827131.jpg

川沿いの道を下ります。

日影に入るとかなり涼しく心地よいです。

170827132.jpg

山田湖沿いを進み堰堤から階段を下ります。

山田湖は防災ダムのため水は少ししかたまって
いません。

170827133.jpg

川沿いの道を進み県道75号線を横断します。

170827134.jpg

大黒寺へと進んで行きます。

この辺りから前方にゴール地点の流葉スキー場
が見えて来ます。

170827135.jpg

大黒寺前をゴールへと進んで行きます。

170827136.jpg

正面に流葉スキー場が綺麗に見えます。

170827137.jpg

国道41号線沿いからゴールの流葉温泉
Mプラザ前へと上って行きます。

170827138.jpg

流葉温泉Mプラザ前にへ戻ってきました。

170827139.jpg

11:32 22㎞コースをゴールしました。
GPSの計測では20㎞強でしたが・・・。

170827140.jpg

ゴール地点でも山の水で冷やされたトマトを
いただきました。

1日目は最高気温が25℃と心地よいウォーク
でした。

170827141.jpg

駐車場からは北アルプスの一部が見えます。

明日も天気がよさそうです。

170827142.jpg

GPSの軌跡です↑↓クリックすると拡大します。

170827062.jpg

早くゴールできたので今年もアフターウォークへ。

一昨年は高山の古い街並みを散策、昨年は
白川郷に行ったので今年は五箇山へ行きました。

後日別途ブログにアップいたします。


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村  ←ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いいたします。

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング大会 岐阜

第25回京都五山送り火ウォーク

第25回京都五山送り火ウォークに参加しました。

170816100.jpg

今年もスタート会場は嵐山渡月橋横の中ノ島公園
になります。

170816101.jpg

阪急電車嵐山駅前から渡月橋横を通りスタート
地点の嵐山中ノ島公園へ。

予報より天気が良くなり青空が見えています。

170816102.jpg

すでに大勢の参加者が受付に並んでいます。

170816103.jpg
170816104.jpg

コース地図です。クリックすると拡大します。↑↑

例年と同じく地図をいただくと出発式を待たずに
次々とスタートされていきます。

170816105.jpg

出発式は11:30からですが11:05にスタートしました。

渡月橋は大勢の観光客でごった返しているので、
順次スタートするのが正解かも知れませんね。

170816107.jpg

嵐山の中心地世界遺産天竜寺の前を進みます。

170816106.jpg

竹藪の道へと入って行きますが観光客でごった
返しています。

170816108.jpg

観光客の大半は外国人観光客ですね。
色々な言語が飛び交っています。

撮影のため立ち止まる方が多いのでここは
いつも歩きにくいですね。

170816109.jpg

大河内山荘前から常寂光寺へと進んでいきます。

170816110.jpg

日蓮宗の寺院で庭が綺麗なことで有名です。

この辺りのコースは京都トレイル西山コースになって
います。

170816111.jpg

常寂光寺前から二尊院へ京都トレイルのコースを
進んでいきます。

170816112.jpg

二尊院前から京都トレイルコースを離れ嵯峨
釈迦堂へと進みます。

170816113.jpg

嵯峨釈迦堂知られる浄土宗古刹のお寺で正式
名称は清涼寺です。

境内を通り抜け大覚寺方面へと進んで行きます。

170816114.jpg

途中五山送り火の鳥居火床が見えてきます。

170816115.jpg

大覚寺前を大沢池へと進んで行きます。

旧嵯峨御所大覚寺門跡で1200年の歴史を誇る
真言宗大覚寺派大本山の寺院です。

170816116.jpg

大沢池は日本最古の庭池で、中国の洞庭湖に
なぞられて造られたことから庭湖とも呼ばれて
います。

170816117.jpg

大覚寺から広沢池方面へと進んでいきます。

170816118.jpg

田園地帯から広沢池横へと進んでいきますが、
予想以上に天気が良くなり暑くなってきました。

170816119.jpg

広沢池の横を進んで行きます。
東西・南北各300メートルの灌漑用の溜池です。

170816120.jpg

広沢池前の池の茶屋で小休止。
暑くなってきたのでかき氷をいただきました。

170816121.jpg

車道を進んで行くと仁和寺の山門が見えてきます。

170816122.jpg

仁和寺は真言宗御室派の総本山で世界遺産に
指定されています。

170816123.jpg

仁和寺の山門前を通りきぬかけの道を金閣寺
方面へと進んで行きます。

きぬかけの路は三つの世界遺産を巡る全長
約2.5Kmの観光道路になっています。

170816130.jpg

竜安寺前を過ぎたところのバス停です。
多くの観光客の方が並ばれていてなかなか前に
進めません。

170816124.jpg

観光客でごった返す金閣寺前から西大路通りへ、
さらに北大路通りへと進んで行きます。

170816125.jpg

北大路通りに入ると左大文字の火床が見えて
きます。

斜面では沢山の方が送り火の準備をされて
いるのが見えます。

170816126.jpg

北大路通を進み船岡山公園へと入って行きます。

入り口で冷たいペットボトルのドリンクサービスが
ありました。
よく冷えていたので一気に飲み干しました。

坂道の途中に応仁永正戦跡の石碑があります。

ここからは鳥居以外の火床が見渡せるようですが、
この時間帯は少し見づらいですね。

170816127.jpg

船岡山を下った所が17㎞コースとの分岐です。

25㎞コースは北大路通を横断し今宮神社へ。

170816128.jpg

今宮神社の境内へと入って行きます。

京都の「玉の輿神社」と呼ばれて、開運・良縁に
ご利益がありパワースポットのようです。

170816129.jpg

境内を通り抜けた門前町ではあぶり餅が有名です。

きな粉をまぶした親指大の餅を竹串に刺し、炭火
で炙ったあとに白味噌のタレをぬった餅菓子です。

お店は両側に2件あり若干味が違うようです。

大宮交通公園前から賀茂川へと進んで行きます。

170816131.jpg

上加茂橋を渡り賀茂川の左岸の河川敷に下ると
正面に五山送り火の船形火床が遠くに見えます。

170816132.jpg

賀茂川の左岸をしばらく進んで行きます。

170816133.jpg

御園橋手前から河川敷を離れ上賀茂神社へと
向います。

170816134.jpg


一の鳥居をくぐり二の鳥居前まで進んで行きます。

170816135.jpg

境内を流れるならの小川横を進みます。
子供たちが気持ちよさそうに川の中で遊んで
います。

170816136.jpg

神社の境内を抜ける明神川となり社家町横を
流れていきます。

この辺りの街並みは国の重要伝統的建造物群
保存地区に選定されています。

170816137.jpg

社家町から太田神社前を進み深泥池のドリンク
サービスポイントへと向かいます。

170816138.jpg

今年もかちかちに凍らせたスポーツドリンクをいた
だきました。

体温も上昇しているので、首筋や額に当てながら
北山通りへと進んで行きます。

170816139.jpg

北山通りを進んで行くと、妙・法の火床が見えて
きます。

170816140.jpg

松ヶ崎橋を渡り高野川の左岸を下って行きます。

昨年までは橋の上がチェックポイントでしたが・・・。

170816141.jpg

高野川の河川敷に下ります。河川敷は全く日影が
無くゴールまで厳しいウォークになります。

高野橋の下が今年のチェックポイントになります。

お世話される方も橋の下の方がいいですよね。

170816142.jpg

賀茂川との合流地点が見えてくるとゴールまで
あと少しです。
合流すると川の名前が鴨川になります。

加茂大橋を渡り鴨川河川敷のゴールへ。

170816143.jpg

送り火最大の大文字の火床が見えます。

170816144.jpg

15:40 鴨川河川敷のゴールに到着しました。
昨年より30分ほど遅いゴールでした。

昨年よりは気温が低かったですが、予想より
天気が良くなり厳しいウォークになりました。

参加者はスタッフを含め751名でした。

170816145.jpg

今年の記念バッジは船形だったのでこれで四山
揃いました。
来年参加すれば五山すべて揃いそうです。

暑さの中お世話いただいた京都府ウォーキング
協会の皆様お世話になりました。


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村  ←ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いいたします。

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング大会 京都

赤穂浪士と塩の国の播州赤穂へ

昨日Wクラブの例会で5年ぶりに播州赤穂へ行って
来ました。

170811107.jpg

         赤穂観光マップ ↑↑

170811100.jpg

170811138.jpg

JR播州赤穂駅前での集合ですが、少し早く着いた
ので先にからくり時計を見に行きました。

170811102.jpg

息継ぎ広場にある義士あんどんと呼ばれるからくり
時計で、午前9:00~午後8:00の毎正時になると、
義士の音楽と共に扉が開かれ、からくり人形が
忠臣蔵の名場面「松の廊下」「はやかご」「勝どき」が
再現されています。

170811101.jpg

赤穂市制60周年記念事業として制作された高さ
約4メートルの行燈で約3分間、からくり時計が
作動するようになっています。

一旦駅前に戻りメンバーと合流後再び息継ぎ広場へ。

雲も殆どなく厳しいウォークになりそうです。

170811103.jpg

赤穂藩主浅野内匠頭が吉良上野介を切りつける
という刃傷事件が起こり、早水藤左衛門と萱野三平
がその大事件を知らせる為、江戸から早かごに乗り
4日半で19日の早朝赤穂城下に到着。その時、この
息継ぎ井戸で二人の使者が水を飲み、一息ついて
赤穂城へ向かったと伝えられています。

息継ぎ広場から赤穂城跡へと向かいます。

170811104.jpg

赤穂城は、浅野長直の指示によって慶安元年
(1648年)から13年の歳月をかけて築かれた近世
城郭史上非常に珍しい変形輪郭式の海岸平城です。
現在は、赤穂市のシンボルにふさわしい城跡となって
いて、約19.1haの城跡公園に、大石神社や本丸庭園
などがあります。

170811105.jpg

大手門から中へと入って行きます。

170811108.jpg

大石邸長屋門の道向かいには近藤源八宅跡長屋門
があります。

近藤源八宅跡長屋門は、源八長屋の愛称で親しまれ
ているが、現存している建物は長屋門の長屋部分の
ようです。

170811109.jpg

大石邸長屋門前から大石神社へ。

この長屋門は赤穂城下に残る数少ない江戸時代の
建築遺構で、浅野家筆頭家老大石内蔵助の一家
三代が五十七年にわたり住んでいた大石屋敷の
正面門長屋です。門口約26.8m、奥行約4.8mの建物で、
屋根瓦には双ツ巴の大石家の家紋がついています。

170811110.jpg

大石神社の境内へと入って行きます。

170811111.jpg

大石内蔵助良雄ら赤穂四十七義士と、萱野三平が
祀られた神社です。

170811112.jpg

境内には宝物殿等があります。

170811113.jpg

参道には四十七士の像が並んでいます。

大石神社から赤穂城跡を散策。

170811114.jpg

二之丸門から本丸門へと向かいます。

170811115.jpg

本丸門をくぐり御殿跡から厩口門へ。

170811116.jpg

赤穂城跡から赤穂海浜公園へと進んで行きます。

影がほとんどどないので厳しい暑さです。

170811117.jpg

千種川に架かる301mの赤穂海浜大橋を渡ります。

170811118.jpg

赤穂海浜公園内へと入って行きます。

赤穂海浜公園は、穂の塩田が沿岸部に広大な面積
を占めていた頃の跡地を利用して作られた公園で、
総面積71.7haの園内には、遊戯設備のある赤穂わく
わくランドや、テニス、パターゴルフ、カヌーやボート
遊び、バーベキューができるキャンプ場などの施設が
あります。

170811119.jpg

冷房の効いている案内所で昼食を済ませ塩の国へ。

170811120.jpg

赤穂市立海洋科学館・塩の国へ。

館内への入館料300円で塩づくり体験ができます。

塩の国は、揚浜式塩田、入浜式塩田、流下式塩田
など、かつての製塩技術を復元した施設で、実際に
塩づくりを体験することができます。

170811121.jpg

塩づくり体験棟へと入って行きます。

170811123.jpg

濃縮された海水(かん水)を沸騰させ20分ほどかき
混ぜると水分が飛びきめ細かな塩になっていきます。

170811122.jpg

塩づくり体験後製塩作業所等を見学。

170811124.jpg

5年前に訪れたときはここで釜焚きの実演が見れ
ました。

濃くした海水(かん水)を大きな釜で煮つめて塩を作る
釜焚きの実演は、原則毎月第第1・第3日曜日午後の
1時20分頃から行われているようです。

170811125.jpg

色々な塩田が再現されています。

170811126.jpg

赤穂海浜公園から赤穂岬方面へと向かいます。

170811127.jpg

田淵記念館前を通り坂道を登っていくと伊和都比売
神社前に出ます。

伊和都比売神社は海に向かって鎮座する式内社で、
航海安全や縁結びの神様として信仰を集めています。

ここからしばらく海岸線を歩いて行きます。

170811130.jpg

神社前から海岸線を進むと大石名残の松があります。

山科へ向かう大石内蔵助が、ここに生る松を振り
返って見ては名残を惜しんだことから、大石名残の
松と名付けられましたが、当時の松は既に枯死して
しまい、現在は3代目のようです。

170811129.jpg

しばらく海岸線の遊歩道を進んで行きます。
海岸線に奇岩や磯が続く
変化に富む岬で、沖に家島諸島や小豆島を望める
景勝の地です。

170811131.jpg

海岸線の遊歩道から展望台へと上って行きます。

170811132.jpg

坂道を上り切った所が赤穂岬の展望台です。

170811133.jpg

天気が良かったので展望台からは瀬戸内海の絶景が
見渡せました。

170811134.jpg

ここには大石内蔵助の銅像が建っています。

赤穂岬から桃井ミュージアムへと向かいます。

170811135.jpg

桃井製網の元福利厚生施設だった建物を利用した
ミュージアムで無料で入館できます。

170811136.jpg

館内には、器、アクセサリー等の雲火焼が展示されて
います。

屋外には水琴窟が各所に設けられていています。

170811139.jpg

陶器製、石製などがあり音もさまざまで、聴音器が
設けられたたものもあります。

170811140.jpg

桃井ミュージアムからはからは駅前方面へと一気に
戻って行きます。

15時を回っても気温が高く後半のウォークは過酷です。

170811142.jpg

息継ぎ広場まで戻ってきました。

他のメンバーは朝からくり時計を見ていなかったため、
丁度16時前だったのでからくり時計を見ることに。

170811141.jpg

暑い中約15㎞のウォークでしたが、5年ぶりに訪れた
赤穂の町は落ち着きがあっていいですね。

例会参加の皆様お疲れ様でした。

ツーデー参加等のため次に例会に参加できるのは
いつになるでしょうか・・・。



にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村  ←ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いいたします。

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング倶楽部

第18回一宮七夕ウォーク3日目

一宮七夕ウォークの3日目は一宮駅iビル3Fからの
スタートになります。

20㎞コースの美濃路コースに参加しました。

170730236.jpg

一宮駅構内からエスカレーターで3Fへと上ります。

170730237.jpg

会場から見渡すと雨がしっかりと降っています。
ただ天気予報ではこの後良くなるようです。

170730238.jpg

2日目と違い3日目は出発式があります。

170730239.jpg

中野一宮市長の歓迎の挨拶もありました。

170730240.jpg

出発式が式が終わりエスカレーターで1Fに下ります。

9:10 コース地図を受取り20㎞コースをスタートしました。

170730241.jpg

名鉄電車の高架下をしばらく進んで行きます。

170730245.jpg

名鉄電車の高架下からJR東海道線沿いを妙興寺
へと進んで行きます。

9:37 妙興寺に到着しました。
2.7㎞、ここが最初のチェックポイントになります。

170730242.jpg

妙興寺は臨済宗妙心寺派の大寺院です。

170730246.jpg

境内には重要文化財の勅使門があります。

近くには上泉信綱修道跡の碑も建っています。

170730243.jpg

境内を通り抜け日本武尊七つ石方面へ向かいます。

170730247.jpg

細い集落の間の道を進んで行くと七つ石の史跡が
あります。

日本武尊は、熱田神宮を出て伊吹山に向かう途中に
この辺りを通り七つ石(剣研石)で刀を研いだとされて
いるようです。

さらに集落の間を進んで行くと笠懸けの松があります。

170730248.jpg

笠懸の松は七つ石と共に日本武尊の伝説が残る
場所で、日本武尊が笠懸の松に笠をかけて休んだと
いう言い伝えがあるようです。

170730249.jpg

名鉄電車尾西線を越えて日光川方面へ。

170730250.jpg

北今橋を渡り日光川沿いをしばらく進んで行きます。

170730251.jpg

県道136号線の美濃路を進んで行くと富田一里塚が
見えてきます。

富田一里塚は、江戸時代に東海道宮宿と中山道
垂井宿を結ぶ美濃路に築かれた一里塚で、道の
両側に塚が現存しています。

170730252.jpg

10:55 富田一里塚に到着しました。
ここが二つ目のチェックポイントになります。
ここまで約10.7㎞、1時間45分で来れました。

170730253.jpg

左駒塚道の道標前の美濃路を進んで行きます。

170730254.jpg

美濃路を進んで行くと一宮市尾西歴史民俗資料館が
あります。

明治24年(1891年)の濃尾地震で倒壊した美濃路起宿
脇本陣の跡に建てられた旧林家住宅があります。

170730255.jpg

美濃路を湊屋文右衛門邸へと進んで行きます。

170730256.jpg

湊屋文右衛門邸は、定渡船場で渡し船の管理、
運行を任されていたのが船庄屋跡です。

11:18 湊屋文右衛門邸に到着しました。
ここが最後のチェックポイントになります。

ここまで約12㎞、2時間8分で来れました。
曇り空のため気温上昇が抑えられているのでいい
ペースで来れましたが、湿度がかなり高く後半は
厳しいウォークになりそうです。

ここでは休憩せず残り約8㎞を一気にゴールへ。

170730257.jpg

三岸節子記念美術館方面へと進んで行きます。

170730258.jpg

三岸節子記念美術館横から一宮駅前方面へ向かい
ますが、途中尾西庁舎南交差点を右折する所を
直進してしまいました。

170730259.jpg

この辺りまで来ると前後にウォーカーがいなくなる
ので昨年は注意して地図を見ていましたが、今年は
コースも変わってなかったので油断しました。

前後を進む少数のウォーカーの皆様も直進されて
いました。

ここの矢張は確認しにくいのでしょうか・・・。

170730261.jpg

コースアウトしましたが、道路1本分横の道でしたので
そのまま一宮駅前まで進みました。

170730262.jpg

12:15 一宮駅前にゴールしました。

20㎞コースを休憩含め3時間5分でゴールしました。

駅前の温度計は27℃を表示していました。
昨年は35℃や36℃を表示していましたので、かなり
涼しく感じましたが、湿度が高かったのでやはり
厳しいウォークになりました。

今回のコースです↓

170730263.jpg

一宮の皆様暑い中お世話になりました、来年も
酷暑のウォークに参加させていただきます。



にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村  ←ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いいたします。

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング大会 一宮

第18回一宮七夕ウォーク2日目

今年も日本一過酷な大会と称される一宮七夕
ウォークに参加しました。

1日目のぼんぼりウォークには参加せず2日目より
参加しました。

170730200.jpg

2日目は犬山城スタートの犬山コースの22㎞コースに
参加しました。

170730201.jpg

宿泊先の一宮から名鉄電車で犬山遊園駅へ移動。

170730202.jpg

スタート会場へ向かう途中国宝の犬山城天守閣が
見えてきます。

先日の落雷でシャチホコの片側がありません。

170730203.jpg

厳しい暑さの中全国から多くのウォーカーが
集っています。

刺しゅうのネーム入りワッペンが人気なのでしょうか。

170730234.jpg

事前申込者には刺しゅうのネーム入りワッペンが
いただけます。

170730204.jpg

10:04 コースマップを受取り22㎞コースをスタート
しました。

今年は曇り空のため日差しが遮られ暑さも少しは
ましですが、腰の状態が良くないのでいつもより
スローペースで進みます。

170730205.jpg

城下町から木曽川方面へと進んで行きます。

170730206.jpg

木曽川沿いの犬山緑地公園へ。

170730207.jpg

雨の影響か木曽川は泥水で濁っています。

170730208.jpg

暫くは木陰の中の犬山緑地公園を進みます。

日差しが遮られるのもこの公園内だけなのでこの先も
曇り空であってほしいですが。

170730209.jpg

犬山緑地公園を抜けると全く日影のない堤防上の
道を進んで行きます。

日差しが遮られている分昨年よりは歩きやすいです。

170730210.jpg

11:26 8㎞地点フラワーパークに到着。
ここが最初のチェックポイントになります。

塩分補給に梅干しをいただきました。

170730233.jpg

木曽川の左岸から一旦木曽川を渡ります。

170730232.jpg

くすり博物館方面へと進んで行きます。

170730212.jpg

11:53 11㎞地点のくすり博物館に到着しました。
ここが二つ目のチェックポイントになります。

170730213.jpg

エーザイ川島工園の一角にあるくすりと医学に関する
貴重な資料・図書を収蔵する博物館です。

ウコン茶をいただき木曽川方面へと進んで行きます。

170730214.jpg

再び木曽川を渡り左岸に戻ります。
これから向かう138タワーが遠くに見えます。

170730215.jpg

木曽川左岸の大野極楽寺公園内を進んで行きます。

138タワーが目印になりますがなかなか近づきません。

170730216.jpg

サイクリングロードを138タワーへと進んで行きます。

170730217.jpg

138タワーがかなり近くに見えるようになってきました。

170730218.jpg

138タワーパーク内へと入って行きます。

12:40 16㎞地点の138タワーパークに到着しました。

スローペースでスタートしましたがここまで2時間36分。

170730231.jpg

高さ138mの展望タワーで、展望階からは岐阜から
名古屋方面まで360度の大パノラマが楽しめるようです。

タワーにも上ってみたいですがここで冷房の効いた
部屋に入るとこの先歩くのが嫌になりそうなのでパス。

170730220.jpg

138タワーパークから県道150号線を進んで行きます。

170730221.jpg

国道22号線を横断し一宮市街地へと向かいます。

170730222.jpg

県道150号線からゴールの大宮公園へ。

170730223.jpg

13:44 22㎞コースを完歩しました。

3時間40分での完歩、ほぼ時速6㎞でした。

170730224.jpg

ゴール後は一宮七夕まつりの会場へ。

まずは真清田神社の境内へと入って行きます。

拝殿も七夕飾りで覆われています。
屋台も出ていて多くの観光客でごった返しています。

七夕まつりは、織物業が発達したといわれる一宮市で
織物と因縁の深い牽牛・織女にちなんで開催されている
ようです。

170730229.jpg

真清田神社の境内を通り抜け商店街へ。

丁度小学生のパレードが進んできました。

170730230.jpg

商店街には立派な飾り付けが並んでいて見ごたえが
あります。

170730225.jpg

仙台、平塚の七夕まつりとならび日本の三大七夕
まつりの一つとして称賛されていて、毎年130万人の
人出でにぎわっているようです。

170730226.jpg

170730228.jpg

2日目のコースです。 ↓

170730235.jpg

腰の状態が悪かったりして1か月以上ぶりのウォーク
でしたが、厳しい暑さの中無事完歩できました。

3日目は一宮駅前のiビルスタートの20㎞コースに
参加しました。



にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村  ←ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いいたします。

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング大会

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2掲示板

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3638位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1382位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ