第67回金沢百万石まつり

加賀百万石ツーデーウォーク1日目の
ゴール後、今年も金沢百万石まつりを
見に行きました。

180603500.jpg

第67回金沢百万石まつり。

180603501.jpg

1日目のゴール地点金沢勤労者プラザ
から金沢駅前へ。

駅の西側は閑散としています。

180603503.jpg

もてなしドームがパレードの出発地点です。
駅構内から観光客でごった返しています。

180603502.jpg

この辺りは入場制限されていています。

写真は朝一番に写したものです。

180603504.jpg

まつりのメインは百万石行列です。
14:20にもてなしドームをスタートします。

180603505.jpg

行列のメイン、今年のお松の方は女優の
羽田美智子さん、前田利家役は俳優の
高橋克典さんです。

180603506.jpg

金沢城までは途中幾つかの演技場所が
あります。

駅前周辺ではゆっくり見れないので今年も
先へ移動して見ることにしました。

どこまで行っても観光客が途切れません。
朝から場所取りのシートが敷かれている
ため座って見れそうな場所がありません。

ようやく武蔵の交差点を越えた所で座れる
場所がありました。

180603507.jpg

駅前のスタートから15分程経過した頃に
先導隊がやって来ました。

180603508.jpg

最初は石川県のプロスポーツチームです。

180603509.jpg

賀友禅大使の方々のパレードです。

この後音楽パレードで、音楽隊とバトン隊の
行列がしばらく続きます。

180603510.jpg

中学生の合同音楽隊と、バトンチームです。

180603511.jpg

石川県警察音楽隊と小学校連合の音楽隊
です。

180603512.jpg

金沢市消防音楽隊と金沢市子供消防クラブ
音楽隊です。

180603513.jpg

ミス百万石の3名の方がやってきました。

180603514.jpg

市内5団体が参加する獅子舞行列です。

金沢市の文化財にも指定されている加賀
獅子です。

180603515.jpg

小さな子供を見つけては襲ってきます。

180603516.jpg

金沢市消防団連合会49分団などによる
加賀とび行列です。

180603517.jpg

演技場所ではいくつもの梯子で演技が
されています。

180603518.jpg

演技場所から少し離れてましたが、何とか
見れました。

180603519.jpg

梯子に登った演技は見ごたえがあります。

180603520.jpg

加賀とび行列です。

180603521.jpg

尾山神社御法鳳輦(利家公御分霊)の
渡御です。

神職に守られて御法鳳輦を担がれて
います。

180603522.jpg

子供奴の行列の後、珠姫御興入れ行列が
やってきました。

大人奴が通り過ぎると行列もクライマックス
になります。

180603523.jpg

お松の方行列がやって来ました。

180603524.jpg

羽田美智子さんが扮するお松の方です。

180603525.jpg

第四代光高公、第五代綱紀公の行列です。

金沢市と交流協定都市の東京都目黒区、
板橋区の皆さんが扮されているようです。

180603526.jpg

加賀八家老行列の後はいよいよ前田利家
入場行列が始まります。

180603527.jpg

最初は第二代藩主の前田利長公です。

歓声が徐々に大きくなってきました。

前田利家公に扮する俳優の高橋克典
さんが見えてきました。

180603529.jpg

高橋克典扮する初代藩主前田利家公です。

180603530.jpg

周囲の観光客の皆様から声をかけられ
笑顔で応対されています。

最後は赤母衣衆の行列で終わりです。

今年も約2時間ゆっくり百万石まつりの
パレードを楽しめました。

ニュースでは今年の人出も40万人だった
ようで、金沢城内は2万人の人出だった
とのことでした。

パレードの最終は金沢城公園なので、
一度金沢城公園で見てみたいですが
ツーデーと一緒では難しいかも。

当日30㎞コースに参加すると、かなりの
ペースで歩いてゴールしないとまつりを
最初から見れないかもしれませんね。

地元のテレビでは最初から中継されて
いるのでホテルでゆっくり見られる方も
いらっしゃるようです。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。


theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 金沢

第15回加賀百万石ツーデーウォーク2日目

第15回加賀百万石ツーデーウォーク
2日目は、男川(犀川)コース24㎞に参加
しました。

180603353.jpg

この日も出発式前に加賀豊年太鼓の皆様
による歓迎セレモニーがありました。

180603352.jpg

長町武家屋敷、にし茶屋街、前田家墓所
等を巡るコースです。

180603351.jpg

24㎞コースの出発式が始まりました。

180603354.jpg

8:20 予定より10分早く24㎞コースの
スタートです。

180603355.jpg

地上に出て県道146号線を長町武家屋敷
跡方面へと進んで行きます。

180603356.jpg

県道146号線から左に入り玉川公園横から
長町武家屋敷跡へ。

180603357.jpg

藩政時代の貴重な足軽屋敷2棟を移築再現
した、金沢市足軽資料館前を通り抜けます。

無料で見学できるようですが、開館が9:30
なので先に進みます。

180603358.jpg

水路沿いの道を武家屋敷跡へと進んで
行きます。

180603359.jpg

長町武家屋敷跡には、武士や商人の
家があった街並みが保存されています。
    → 武家屋敷散策マップ

180603360.jpg

金沢市老舗記念館前を進んで行きます。
   → 金沢市老舗記念館

180603361.jpg

犀川を渡りにし茶屋街へと進んで行きます。

180603362.jpg

にし茶屋街を通り抜けます。

金沢にはひがし茶屋街、主計町茶屋街、
にし茶屋街の3つの茶屋街があります。

180603363.jpg

にし茶屋街はひがし茶屋街に比べると
人通りが少なくて落ち着いています。

180603364.jpg

にし茶屋街から県道25号線から45号線を
経由し、寺町の寺院群を進んで行きます。

寺町寺院群は、江戸時代に一向一揆の対
策として寺院を集められたようです。
    → 寺町寺院群

180603365.jpg

六斗の広見を進んで行きます。
子供会のお祭りが開催されていました。

広見は防火などの目的で道路が広くなって
いる所で、六斗の広見は金沢市で最も広い
ようです。

180603366.jpg

8㎞コースと別れて、県道45号線に合流し
県道を暫く進んで行きます。

県道45号線から左、金沢市総合体育館
前を大乗寺方面へ。

180603367.jpg

山側環状道路の県道22号線を横断し、
大乗寺の境内へと入って行きます。

180603368.jpg

大乗寺は、曹洞宗の永平寺と總持寺を
本山とする修行寺のようです。 → 大乗寺

境内を通り抜け大乗寺公園へ。

180603369.jpg

ここから坂道を登って行きます。

坂の途中から日本海が綺麗に見渡せます。

180603370.jpg

気温が上昇し汗が噴き出してきます。

坂道を上り切った所が給水ポイントで、
冷えたペットボトルの水をいただきました。

180603371.jpg

ここから前田家の墓所へと進んで行きます。

加賀八家墓所の説明板があります。

加賀藩には加賀八家と呼ばれる八人の
大名家老がいたようです。

180603373.jpg

前田家の墓所へと入って行きます。
クマ出没注意の表示があります。

180603372.jpg

前田道貞の墓所前を進んで行きます。

180603374.jpg

加賀藩2代藩主前田利長の墓所です。

180603377.jpg

この墓所一帯には、前田利家を頂点とした
歴代藩主や正室・子女等の墓約80基もある
ようです。

180603375.jpg

前田利家夫人、芳春院の墓所です。

180603376.jpg

加賀藩初代藩主前田利家の墓所です。

180603378.jpg

滑りやすい急な石段を一気に下って行くと
途中に史跡加賀藩主前田家墓所の石碑が
あります。

180603379.jpg

野田山を下り切り16㎞コースの分岐から
県道144号線方面へ進んで行きます。

180603380.jpg

県道144号線を上って行きます。

180603381.jpg

県道144号線から左へ、県道114号線を
内川スポーツ広場方面へ下って行きます。

180603382.jpg

日陰の無い県道を進んで行きます。

180603383.jpg

内川スポーツ広場に入って行きます。
ここが最初のチェックポイント(13.7㎞)
になります。

10:44 内川スポーツ広場に到着しました。

180603384.jpg

内川を渡り県道114号線に合流します。
野球をされていた方が熱中症になられたの
でしょうか?救急車が来ています。

180603385.jpg

犀川を渡りまたまた坂道を上って行きます。

県道207号線を横断し寺津用水路へと
進んで行きます。

180603387.jpg

寺津用水遊歩道へ入って行きます。

180603386.jpg

寺津用水は、現在の末町・土清水町
辺りの台地を灌漑するために造られた
用水で、総延長は約10.7㎞もあるようです。

木陰に入ると湿度が低いので心地よく歩け
ます。

180603388.jpg

寺津用水遊歩道を抜けて住宅街を下って
行きます。

県道114号線を横断し右へ、辰巳用水路
方面へと進んで行きます。

180603389.jpg

辰巳用水遊歩道へと入って行きます。

辰巳用水は、江戸時代に金沢城の防火や
防御のために造られたようで、現在も農業
用水や兼六園及び市内を潤す環境用水と
して使用されています。

総延長は約11㎞で、上流部および中流部の
約8.7kmが国の史跡に指定されています。

180603390.jpg

辰巳用水遊歩道を進んで行きます。
途中で20㎞コースと合流します。

180603391.jpg

県道10号線に合流して進んで行きます。

180603392.jpg

県道10号線から右へ、二つ目のチェック
ポイント((18.9㎞)小立野児童公園へ。

11:41 小立野児童公園に到着しました。

180603393.jpg

上野八幡神社前を進み、天徳院前から
県道10号線に合流します。

180603394.jpg

途中ゼッケン提示で無料で入れるので、
金沢くらしの博物館に立ち寄りました。

180603395.jpg

旧石川県第二中学校本館で国指定重要
文化財に指定されています。

180603396.jpg

昔ながらの生活用品や家電、伝統工芸・
産業の製作用具などが展示されています。
   → 金沢くらしの博物館

180603397.jpg

金沢くらしの博物館から兼六園方面へ
進んで行きます。

180603398.jpg

石川赤レンガミュージアムになっている、
重要文化財旧金澤陸軍兵器支廠兵器庫
前を進んで行きます。

180603399.jpg

金澤神社の鳥居を潜り、随身門口から
兼六園内へと入って行きます。
百万石まつりの間は無料開放されて
います。

兼六園は百万石前田家の庭園として造られ、
水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに、
日本三名園の一つに挙げられています。

180603401.jpg

  クリックで拡大します↑

兼六園から金沢城へと進んで行きます。

180603402.jpg

花見橋を渡ります。
菖蒲の花が綺麗に咲いています。

180603403.jpg

亀の甲の形をしている雁行橋です。

180603404.jpg

不老長寿を表す蓬莱島で、亀の甲の形をして
いるので亀甲島とも言われています。

180603406.jpg

兼六園のシンボルとしてよく知られ、観光写真
でも度々登場する2本脚の徽軫灯籠です。

この辺りは観光客の写真撮影スポットのため
ごった返しています。

180603407.jpg

桂坂口から兼六園を出て石川橋を渡り
金沢城へ。

180603409.jpg

石川門口から金沢城内へ入って行きます。

180603410.jpg

石川門を潜った所が最後のチェックポイント
(22.5㎞)です。
12:23 金沢城三の丸広場前に到着。

加賀藩の居城であった金沢城の城址を
整備してつくられた都市公園で、五十間
長屋、菱櫓、橋爪門続櫓などが復元されて
います。

180603411.jpg

金沢城三の丸広場で、後方が五十間
長屋です。

ここが昨日の百万石まつりのゴール地点
です。

180603412.jpg

河北門から大手門口へと進んで行きます。

180603413.jpg

大手前通りから金沢駅方面へと進んで
行きます。

180603414.jpg

旧博労町から旧北国街道へ。

180603418.jpg

近江町市場横から駅前へ進んで行きます。

180603415.jpg

もてなしドームの地下に下るとゴールです。

12:58 24kmコースをゴールしました。

180603417.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。

180603416.jpg

2日間の完歩証です。

今年もゴール後は金沢に来るとお楽しみの
回転ずしへ。

帰りの電車は余裕をもって予約したので
ゆっくり食べれます。

180603420.jpg

もりもり寿し金沢駅前店。
昨年は30分以上待ちましたが、今年は待ち
時間も少なくすぐに入れました。

180603421.jpg

金沢名物のど黒三点盛り等をいただき
ました。

180603422.jpg

やはり金沢に来るとこれを食べないと。
のど黒、のど黒づけ握り、のど黒塩炙りの
三点盛。
関西ではなかな食べれません。

180603423.jpg

天気も良く、百万石まつりも見れてのど黒も
味わえたので今年も大満足でした。

実行委員会の皆様、スタッフの皆様暑い中
2日間お世話になりました。

又来年も参加したい大会の一つです。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。


theme : ウォーキング
genre : 日記

第15回加賀百万石ツーデーウォーク1日目

6月2日(土)~3日(日)
第15回加賀百万石ツーデーウォークに
参加しました。

180603300.jpg

2年連続の参加になります。

この大会は第67回金沢百万石まつり協賛
行事になっています。

180603301.jpg

メイン会場は今年もJR金沢駅前のもてなし
ドームの地下になります。

180603302.jpg

地下に下り会場へ入って行きます。

180603303.jpg

出発式に先立って加賀豊年太鼓の皆様に
よる歓迎セレモニーがありました。

180603304.jpg

石川県のゆるキャラひゃくまんさんも参加
して出発式が始まりました。

180603305.jpg

1日目は女川(浅野川)コースの30㎞に
参加しました。

180603306.jpg

8:25 予定より5分早く30㎞コースをスタート
しました。

180603307.jpg

地上に上がり県道13号線をしばらく進んで
行きます。

この辺りは午後からの百万石まつりを見る
ために、既に場所取りのシートが敷かれて
います。

180603312.jpg

県道13号線から左、浅野川方面へと進み
浅野川の左岸へ。

180603308.jpg

川沿いの主計町(かずえまち)茶屋街を
進んで行きます。

180603309.jpg

主計町茶屋街には、昔ながらの料亭や
茶屋が建ち並んでいます。

昨日はこの辺りで加賀友禅灯籠流しが
開催されていましたが、灯籠の半分近くが
燃える火災が発生したようです。

真っ黒に焦げた灯籠の残骸がありました。

180603310.jpg

浅野川大橋を渡って行きます。

浅野川大橋は、鉄筋コンクリート造3連
充腹のアーチ橋で、平成12年に登録
有形文化財に登録されています。

180603311.jpg

橋を渡った所に、浅野川大橋火の見櫓が
あります。
金沢市内に現存する最古の火の見櫓で、
平成17年に登録有形文化財に登録されて
います。

180603313.jpg

国道159・359号線からひがし茶屋街へと
進んで行きます。

180603314.jpg

ひがし茶屋街は金沢で最大の茶屋街で、
木虫籠(きむすこ)と呼ばれる美しい
出格子がある古い街並みです。

180603315.jpg

10㎞コースとの分岐、徳田秋声記念館前
から梅の橋を渡り浅野川の左岸を進んで
行くと、滝の白糸の石碑があります。

横には滝の白糸像もあります。

180603316.jpg

泉鏡花の出世作「義血侠血」のヒロイン
滝の白糸の姿をかたどった像のようです。
     → 泉鏡花 

180603317.jpg

並木町を進んで行きます。
浅野川の護岸のために川沿いに植えられた
松並木にちなんでこの名がついたようです。

180603318.jpg

国道159号線に合流し胡桃町を進んで
行きます。

180603319.jpg

国道159号線から右の路地に入り、
椿原天満宮前を進んで行きます。

180603320.jpg

兼六歩み橋を渡り浅野川の右岸へ。
しばらく桜並木の中を進んで行きます。

日差しが強くなってきたので木陰は心地
よく歩けます。

180603321.jpg

地下道を通り抜けると20㎞コースとの分岐
になります。

ペットボトルの水をいただきました。

180603322.jpg

旭橋を渡り浅野川の左岸を進み、下田
上橋から再び浅野川右岸へ。

右に遊学館高校のグランドが見えます。

180603323.jpg

朝霧大橋を渡り銚子口橋へと下って
行きます。

180603324.jpg

銚子口橋から北陸大学方面へと上って
行きます。

180603325.jpg

坂道を上りきった太陽が丘ゆうひみ公園が
最初のチェックポイント(13.2㎞)になります。

10:17 太陽が丘ゆうひみ公園に到着。

180603326.jpg

公園内を通り抜けメタセコイヤの並木道を
下り県道209号線に合流します。

180603327.jpg

県道209号線から金沢大学へと上って
行きますが、全く日影がありません。

トンネルを通過しますがひんやりしてます。

但しこの先再び日陰の無い道がしばらく
続きます。

180603328.jpg

坂道を上りきった所が、金沢大学のキャン
パスです。

180603329.jpg

坂道を一気に下り県道27号線に合流後
左へ進んで行くと、20㎞コースとの合流
地点が見えてきます。

180603330.jpg

20㎞コースと合流後はまたまた上り坂に
なります。

奥卯辰山健民公園へと上って行きます。

180603331.jpg

奥卯辰山健民公園内のパークゴルフ場を
通り抜け二つ目のチェックポイント(18.3㎞)
へと進んで行きます。

11:05 奥卯辰山健民公園チェックポイントに
到着しました。

公園内を通り抜けると眺望が開けます。

180603332.jpg

金沢市街地が見渡せます。

180603333.jpg

天気がいいので白山方面も綺麗に見え
ました。

180603334.jpg

180603337.jpg

坂道を下り金沢仏舎利塔の前へ。

180603336.jpg

この仏舎利塔は人類の永遠の平和と
幸福の為に大聖釈尊の真身舎利を
奉安する宝塔のようです。

180603338.jpg

卯辰山公園へと進んで行きます。

180603339.jpg

金沢駅前方面が見渡せます。

180603340.jpg

標高135mの望湖台から下って行きます。

180603341.jpg

坂道を下り切り卯辰山山麓寺院群へ。

約50の寺社が散在する卯辰山は、金沢城
から見て鬼門(北東)に当たるため、加賀
藩はここに寺社を集めて厄除けを行った
とも言われています。

全性寺の山門金剛閣には多くのわらじが
ぶら下がっています。
これは健康と健脚を願って奉納されたもの
のようです。

180603342.jpg

卯辰山山麓寺院群を通り抜け旧北国街道
へと進んで行きます。

180603343.jpg

国道359号線に一旦合流後旧北国街道へ
入って行きます。

180603344.jpg

旧北国街道から国道359号線を横断し、
最後のチェックポイント(24.4㎞)城北中央
公園へ。

12:15 城北中央公園に到着しました。

180603345.jpg

金沢市立玉川図書館城北分館を進み、
JR下を潜り浅野川へ。

180603346.jpg

浅野川の右岸を暫く進み橋を渡ります。

180603347.jpg

北鉄浅野川線の踏切りを渡りゴールの
金沢勤労者プラザへと向います。

180603348.jpg

12:54 30㎞コース(28.1㎞)をゴールしました。

日差しが強く暑い中のウォークでしたが、
予定通りの時間にゴールできました。

180603349.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。

この後第67回金沢百万石まつりの見学に
向いました。
詳細は後日アップいたします。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。


theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング大会 金沢

布引の滝から再度公園そして大師道

5月27日(日) 加古川ウォーキング協会
例会に参加しました。

180527302.jpg

2018年度5月例会(4) 参加者101名
布引の滝から再度公園そして大師道
12㎞(健脚向き)

180527300.jpg

集合場所JR新神戸駅前から南へ下った
生田川公園です。

180527303.jpg

10:00 からコース説明、準備体操の後
スタート。

新幹線の新神戸駅方面へ進んで行きます。

180527304.jpg

新神戸駅の下から布引の滝方面へ。

180527305.jpg

新神戸駅の下を進むとすぐに登山道に
なります。

180527306.jpg

新神戸駅から僅か5分程で布引の滝の
雌滝に到着します。

布引の滝は雄滝、夫婦滝、鼓が滝、雌滝
の4つの滝の総称で、「日本の滝100選」に
選定されています。

180527307.jpg

最初の雌滝の高さは約19mです。

180527308.jpg

ここから暫く勾配のきつい登山道を登って
行きます。

180527309.jpg

登山道脇に鼓滝の石碑があります。

180527310.jpg

布引の滝の二つ目鼓滝ですが殆ど見え
ません。滝壺だけが少し見えるだけです。

登山道をさらに雄滝へと登って行きます。

180527311.jpg

雄滝の滝壺手前が夫婦滝です。

雄滝は高さ約43m、滝壺は面積430m²、
深さ6.6mで、滝の横には5箇所の甌穴
(最大のもので10畳大)があり、竜宮城に
続いているという伝説があります。

180527312.jpg

雄滝横の急な石段を登り、おんたき茶屋
前から見晴らし展望台へ。

180527313.jpg

見晴らし展望台で列詰め休憩です。

180527314.jpg

登山道を進み猿の架け橋前から五本松
堰堤方面へ。

180527315.jpg

五本松堰堤手前に五本松かくれ滝が
あります。

180527316.jpg

布引貯水池からあふれた水が落ちてくる
のですが、水量が少ない場合は岩だけに
なってしまいます。

この時期は水量が多いので岩肌を流れ
落ちています。

180527317.jpg

五本松堰堤へと登って行きます。

五本松堰堤は、神戸市の水源として1900年
に完成した日本最古のコンクリートダムで、
1998年に国の登録有形文化財に指定され
ました。その後、2006年に国の重要文化財
に指定されました。

180527318.jpg

堰堤上を進んで行くと布引断層があります。

180527319.jpg

岩肌が縦に割れています。

180527320.jpg

この断層は活断層の部類に入るようです。

180527321.jpg

列詰め休憩後市が原方面へと進んで行き
ます。

ここから平坦な道になり歩き易くなります。

180527322.jpg

桜茶屋前から市が原へと下ります。

180527323.jpg

橋を渡った所で昼食休憩です。

ここまでは昨日参加した神戸ウォーキング
協会の例会で歩いたコースの逆コースに
なります。

180527324.jpg

昼食後大龍寺へと登って行きます。

180527325.jpg

奥再度ドライブウェイを横断し大龍寺の
赤門を潜って行きます。

朱色の綺麗な赤門も少し色褪せています。

180527326.jpg

坂道を登り大龍寺の参道の石段から境内
へと入って行きます。 →再度山大龍寺

180527327.jpg

急な石段を登りきった所が本堂の大師堂
です。

この先再度山山頂を目指す方と再度公園
へ直接向かわれる方と別れます。

180527328.jpg

奥の院大師道へと進んで行きます。

180527329.jpg

不動堂から先は急な登りの坂になります。

180527330.jpg

四国八十八か所巡りの祠が並ぶ山道を
登って行きます。

180527331.jpg

山道を登って行くと奥院大師堂に着きます。

ここからさらに山道を登って再度山山頂へ。

180527332.jpg

貴姫大御神の祠前からさらに急な山道を
登って行きます。

180527333.jpg

最後は岩場を登って行きます。

180527334.jpg

右に見えるのが亀の石で、弘法大師自らが
岩に刻んだものとされています。

180527334_20180530222928832.jpg

岩の先端に亀が刻まれています。

180527335.jpg

岩場を登りきると標高470mの再度山の
頂上です。

180527336.jpg

山頂には神戸市道路公社の基準点がある
だけです。

180527337.jpg

再度山山頂から再度公園へ下って行き
ます。

180527338.jpg

再度公園の修法ヶ原池の周囲を進んで
行きます。

180527339.jpg

再度公園で列詰め休憩です。

180527340.jpg

再度公園から六甲全山縦走路に合流し
大龍寺へと戻って行きます。

180527341.jpg

六甲全山縦走路から大龍寺の境内へ。
鳥居を通り抜けて仁王門を潜ります。

180527342.jpg

仁王門を潜り石段を下って行きます。

大龍寺前の広場から善助茶屋跡方面へ
真直ぐ進んで行きます。

180527343.jpg

善助茶屋跡の毎日登山発祥の地の
石碑前で列詰め休憩です。

180527344.jpg

善助茶屋跡から大師道を下って行きます。

180527345.jpg

一旦舗装路に合流し川沿いを下ります。

180527346.jpg

再び山道へ入り下って行きます。

180527347.jpg

最後の坂道をビーナスブリッジへと登って
行きます。

180527348.jpg

奥再度ドライブウェイを横断しビーナス
テラスへと階段を登って行きます。

180527349.jpg

ビーナステラスからの神戸市街地の眺望
です。
昨日より天気がいいので綺麗に見渡せます。

180527350.jpg

ビーナステラスには「愛の鍵モニュメント」
があり、愛と美の女神ビーナスにちなんで
永遠の愛を誓うカップルが、愛のメッセージ
を記した鍵を取付ける人気のスポットです。

180527351.jpg

ビーナスブリッジから諏訪山公園へ。

ここからは昨日の神戸ウォーキング協会
の例会で歩いたコースを逆に元町へと
下って行きます。

180527352.jpg

諏訪山公園を通り抜けJR元町駅方面へ。

180527353.jpg

兵庫県公館前からゴールのJR元町駅へ
下って行きます。

180527354.jpg

最終目的地のJR元町駅西口に到着しま
した。

180527355.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。


theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 加古川ウォーキング協会

神戸港を望む森林浴ウォーク

5月26日(土) 神戸ウォーキング協会の
例会に参加しました。

180526301.jpg

2018年5月例会 参加者197名
神戸港を望む森林浴ウォーク
11㎞ (健脚向き)

180526300.jpg

集合場所はJR元町駅から北へ、兵庫県
公館広場です。

180526302.jpg

10:00 からコース説明、ストレッチの後
スタートしました。

180526303.jpg

兵庫県庁前から諏訪山公園方面へ。
相楽園前を上って行きます。

180526304.jpg

諏訪山公園内へと入って行きます。

市街地からわずか10分ほどで登山道に
なります。

180526305.jpg

しばらく登って子供の園で列詰め休憩。

蒸し暑いのですでに汗が噴き出してきます。

180526307.jpg

金星台を経由してビーナスブリッジへと
登って行きます。

180526308.jpg

ビーナスブリッジを渡りビーナステラスへ。

ビーナステラスには「愛の鍵モニュメント」
があり、愛と美の女神ビーナスにちなんで
永遠の愛を誓うカップルが、愛のメッセージ
を記した鍵を取付ける人気のスポットです。

180526309.jpg

ここから神戸市内が綺麗に見渡せます。
夜景の人気スポットにもなっています。

180526310.jpg

列詰め休憩後、奥再度ドライブウェイを
横断し登山道を登って行きます。

180526311.jpg

錨山方面へと登って行きます。

180526312.jpg

奥再度ドライブウェイを横断し錨山へ。

180526313.jpg

夜になると錨マークが浮かび上がります。

錨山の南麓を飾る錨形の電飾は、東隣の
市章山の神戸市章と共に神戸のランド
マークになっています。

180526318.jpg

   神戸のランドマーク「山麓電飾」

180526314.jpg

錨山から市街地の眺望です。

180526315.jpg

錨山から市章山方面へ向かいます。

180526316.jpg

市章山へと登って行きます。

180526317.jpg

市章山からの市街地の眺望です。

180526319.jpg

市章山から再度公園方面へ向かいます。

180526320.jpg

奥再度ドライブウェイ手前で列詰め休憩。

180526321.jpg

ドライブウェイは何度も横断します。

180526322.jpg

再度公園へ進んで行き、城山方面への
分岐から二本松林道方面へ。

180526323.jpg

二本松林道の分岐で列詰め休憩です。

180526324.jpg

再度山歩道を登っていきます。

180526325.jpg

大龍寺方面へと進んで行きます。

諏訪山へ下る大師道との分岐の善助茶屋
跡に、毎日登山発祥の地の石碑があります。

180526326.jpg

神戸には今でも毎日登山をされている所が
数多くあります。

180526327.jpg

大龍寺前で列詰め休憩です。

ここから一旦六甲全山縦走路を鍋蓋山
方面へ進んで行きます。

180526328.jpg

六甲井全山縦走路から再度公園へと
下って行きます。

180526329.jpg

再度公園で昼食休憩です。

休憩後は早い人から数班に分けて順次
スタートします。

180526330.jpg

修法ヶ原池の周囲から市が原方面へ。

180526331.jpg

舗装路に合流後市が原へ下って行きます。

180526332.jpg

橋を渡り新神戸駅方面へ下って行きます。

180526334.jpg

布引貯水池横を進んで行きます。

布引ダムは「近代水道百選」・「ダム湖100
選」に選定され、布引渓流は「名水100選」
に指定されています。

180526335.jpg

五本松堰堤横を下っていきます。

180526336.jpg

五本松堰堤は、神戸市の水源として1900年
に完成した日本最古のコンクリートダムで、
1998年に国の登録有形文化財に指定され
ました。その後、2006年に国の重要文化財
に指定されました。

180526338.jpg

堰堤横を下ると五本松かくれ滝があります。

180526337.jpg

布引貯水池からあふれた水が落ちてくる
のですが、水量が少ない場合は岩だけに
なってしまいます。

180526339.jpg

猿のかずら橋前から布引の滝方面へと
下って行き、見晴らし展望台で最後の
列詰め休憩です。

180526340.jpg

見晴らし展望台から布引の滝へ。

布引の滝は雄滝、夫婦滝、鼓が滝、雌滝
の4つの滝の総称で、「日本の滝100選」に
選定されています。

180526343.jpg

雄滝は高さ約43m、滝壺は面積430m²、
深さ6.6mで、滝の横には5箇所の甌穴
(最大のもので10畳大)があり、竜宮城に
続いているという伝説があります。

180526344.jpg

雄滝から雌滝へと下って行きます。

雌滝の高さは約19mです。

180526345.jpg

雌滝の前から新神戸駅へ下って行きます。

180526346.jpg

雌滝から5分程で新幹線の新神戸駅が
見えてきます。

180526347.jpg

新神戸駅が今回のゴールです。

180526348.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。


theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 神戸ウォーキング協会

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキングに  参加しています

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4892位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2288位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ