第8回京都ツーデーウォーク2日目

第8回京都ツーデーウォーク2日目は、仁和寺・洛西
コースの30㎞コースに参加しました。

170305145.jpg

この日もいい天気の中のウォークになりました。

170305146.jpg

8:02 30㎞コースのをスタートしました。

昨日よりかなり前に並んだので5分ほど早くスタート
できました。

この日も九州のMさんご夫妻とワンちゃんがお見送り。

まずは梅小路公園を出て大宮通から七条通りを右へ。

170305149.jpg

七条通りは狭いのでしばらくは団子状態です。

170305147.jpg

七条通りから堀川通を左に曲がり西本願寺前を
五条通りへと進んで行きます。

道幅が広くなったので混雑は解消されました。

170305148.jpg

堀川通を北上し二条城前を進みます。

朝早くから多くの観光客の方が訪れています。

170305150.jpg

二条城から左竹山町通りに入ります。

二条公園から右美福通を丸太町通りへ。
トイレのある公園をコースに取り入れられています。

170305151.jpg

丸太町通りを進んで行くと、最初のチェックポイントの
京都アスニーが見えてきます。

8:59 京都アスニーのチェックポイントに到着しました。

ここまで約5.4㎞を57分、ほぼ時速6㎞で来れました。

京都アスニーは、京都市生涯学習総合センターで、
京都の大学・企業をはじめとする各界各層の力を結集
した最高水準の生涯学習の実現を目指して建てられた
ようです。

しばらく丸太町通りを進んで行きますが、信号が多く
かなり歩きづらい道です。

170305152.jpg

臨済宗大本山妙心寺の大きな案内板を右に曲がると
妙心寺の南総門が見えてきます。

170305154.jpg

南総門から境内に入ります。

広大な境内へは拝観料無しで入ることできます。

170305153.png

境内を北惣門方面へと進んで行きます。

170305155.jpg

全国に3400の寺院を持つ臨済宗妙心寺派の大本山です。

170305156.jpg

広い境内を通り抜け北惣門から出て仁和寺方面へ。

170305157.jpg

仁和寺前から広沢池へと下って行きます。

ここから嵐山の渡月橋までは五山送り火コースの
逆コースになります。

170305158.jpg

20㎞コースとの分岐をまっすぐ進みます。

170305159.jpg

広沢池前を右に見ながら児神社前を右へ曲がります。

170305160.jpg

広沢池から大覚寺へと田園地帯をしばらく進みます。

170305161.jpg

細い路地から五社明神の鳥居をくぐり大覚寺横へと
入って行きます。

大覚寺は真言宗大覚寺派大本山の寺院です。

170305162.jpg

大覚寺前には大沢池があります。

大沢池は周囲約1kmで日本最古の人工の林泉の
ようです。

170305163.jpg

大覚寺前を嵯峨野方面へと進んで行きます。

170305164.jpg

嵯峨野の清涼寺方面へ向かいます。

170305165.jpg

仁王門から清涼寺の境内へと入って行きます。

170305166.jpg

清涼寺は嵯峨の釈迦堂で有名な浄土宗の古刹です。

本堂前から左鐘楼前を進み境内から出ます。

170305167.jpg

京都トレイル西山コースに合流し、二尊院の総門前を
進んで行きます。

170305168.jpg

常寂光院前から竹藪の道へと進んで行きます。

170305169.jpg

竹藪の道を通り抜けて嵐山の中心部へ。

170305170.jpg

嵐山のメイン道路は観光客でごった返しています。

170305171.jpg

観光客が途切れるのを待って渡月橋を渡ります。

170305172.jpg

この辺りは色々な国の言語が飛び交っています。

170305173.jpg

中ノ島公園から阪急電車の嵐山駅へと向かいます。

嵐山駅前が二つ目のチェックポイントになります。

10:50 嵐山駅前のチェックポイントに到着しました。

ここまで約17.5㎞を2時間48分、ほぼ時速6㎞をキープ。

170305174.jpg

嵐山駅前から松尾大社方面へと向かいます。

途中京都トレイル西山コースの松尾山へと登る入り口
前を進んで行きます。

ここも京都トレイルを歩いた時の懐かしい所です。
ここから京都トレイルの最終松尾山への厳しい登りを
思い出します。

170305175.jpg

松尾大社前から桂川方面へ。

170305178.jpg

阪急電車の踏切を越えて桂川に架かる松尾橋を渡り
四条通へ。

170305179.jpg

四条通から梅宮大社前へ。

梅宮大社はカキツバタの名所のようですが、今回は
境内には入らず先へと進みます。

170305176.jpg

梅宮大社前から四条通に戻り20㎞コースと合流後
桂川方面へと向かいます。

170305177.jpg

上野橋手前から桂川の河川敷へ下ります。

しばらく河川敷を進み西京極総合運動公園方面へと
向かいます。

170305181.jpg

西京極総合運動公園内の京都アクアリーナが最後の
チェックポイントになります。

11:46 京都アクアリーナのチェックポイントに到着しました。

ここまで約23.5㎞を3時間44分、ほぼ時速6㎞をキープ。

170305182.jpg

京都アクアリーナから天神川沿いを進み八条通りを
左へ進みます。

170305183.jpg

八条通りから葛野大路を右に進み九条通りを左へ。

170305184.jpg

羅城門跡近くの矢取地蔵尊前を東寺へ。

170305186.jpg

九条通りを進むと東寺の五重塔が見えてきます。

170305187.jpg

南大門から境内に入って行きます。

この日はフリーマーケットが開催されていて境内は
ごった返していました。

東門から境内を出て左、梅小路公園へと向かいます。

170305188.jpg

京都水族館前からゴールの梅小路公園へ。

170305189.jpg

12:40 30㎞コース(29㎞)をゴールしました。

4時間38分での完歩でした。
この日も時速6㎞強をキープできました。

170305192.jpg

コース地図です。クリックすれば拡大します。↑↑

170305190.jpg

二日間の参加者は5,392名でした。

気温も高くいい天気の中を気持ちよく歩けました。

実行委員会の皆さまお世話になりました。



にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村  ←よろしければクリックをお願いいたします。

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング大会 京都

第8回京都ツーデーウォーク1日目

3月4日(土)から第8回京都ツーデーウォークに参加
しました。今年で7年連続の参加になります。

170305100.jpg

今年もメイン会場は京都水族館前の梅小路公園です。

170305101.jpg

人気の大会のため朝早くから沢山のウォーカーが全国
より集まっています。

自宅から2時間以上かかるので初日はいつもほぼ
最後尾からのスタートになります。

初日は東山・北山コースの30㎞コースに参加しました。

170305102.jpg

8:07 30㎞コースをスタートしました。

水族園前から大宮通を横断します。
九州のMさんご夫妻のお見送りです。
けがをしたワンちゃんも元気になったようですね。

170305103.jpg

今年のコースは七条通りを避けて塩小路通りを東に
進みますが、やはり京都駅前辺りは団子状態です。

170305104.jpg

塩小路橋を渡り三十三間堂方面へ。

170305105.jpg

南大門をくぐり三十三間堂横から七条通りへ出ます。

170305106.jpg

ここから清水寺へと向かいますが、観光客に配慮して
今年は茶碗坂を上らず京都女子大横から東山へ。

170305107.jpg

京都トレイル東山コースに合流し、国道1号線をくぐり
急な石段を上ります。

東山コース十七番道標からしばらく京都トレイルの
コースを進んで行きます。
この辺りは以前に歩いた懐かしい道です。

170305108.jpg

京都トレイルは右の山道へと入って行きますが、
真直ぐ清水寺方面へと進みます。

170305109.jpg

正面に清水の舞台など見渡せる絶景ポイントですが、
残念ながら現在修復工事中です。

この辺りはやや急なアップダウンがありますが、昨年
までのコースより歩き易くていいですね。

170305110.jpg

清水寺の山門前から先も観光客を避けて、清水坂を
回避するコースになっています。

山門前を真直ぐ進み産寧坂方面へ下って行きます。

170305111.jpg

産寧坂を下ってきた所に合流し二年坂へ。

170305112.jpg

二年坂を下って行きますが、まだ時間が早いので
観光客が少なく歩きやすいです。

170305113.jpg

京乃坂みち一念坂と書かれた石碑前から一念坂を
高台寺公園方面へと進んで行きます。

170305114.jpg

高台寺公園が最初のチェックポイントになります。

9:14 高台寺公園のチェックポイントに到着しました。

ここまで約6.3㎞を1時間7分、ほぼ時速6㎞です。

ここから八坂神社方面へと向かいます。

170305115.jpg

八坂神社は修復工事中のため境内に入らず右進み、
丸山公園から知恩院へ。

170305116.jpg

知恩院の山三門前を平安神宮方面へと進みます。

一般には寺院の門を称して「山門」と書きますが、
知恩院の門は、「三門」と書きます。

国宝の三門は、入母屋造本瓦葺で、高さ24メートル、
横幅50メートル、屋根瓦約7万枚で、現存の木造建築
として国内最大級の二重門です。

170305117.jpg

平安神宮の朱色の大きな鳥居をくぐり、神門の応天門
前を右へと進み哲学の道へと向かいます。

170305118.jpg

哲学の道へと入って行きます。

しばらく哲学の道を進み、右側の大豊神社へと上ります。

170305119.jpg

大豊神社が二つ目のチェックポイントになります。

9:51 大豊神社のチェックポイントに到着しました。

ここまで約10.4㎞を1時間44分、ほぼ時速6㎞です。

170305120.jpg

哲学の道に戻り銀閣寺方面へと進んで行きます。

哲学の道は若王子神社から銀閣寺近くまで約1.5㎞の
疎水べりの小径です。

170305121.jpg

哲学の道を通り抜け白川通りを右へ進みます。

170305122.jpg

京都造形芸術大学前から白川通りを右斜めに入り
一乗寺下り松へ。

ここは宮本武蔵と吉岡一門の決闘の地であったようで、
街道の分岐点でもあったようです。

170305123.jpg

鳥居をくぐり曼殊院横を進んで行きます。

170305124.jpg

曼殊院から音羽川左岸沿いを下って行きます。

この先橋を渡り修学院離宮方面へ向かいます。

170305125.jpg

修学院離宮前から宝ヶ池方面へと下って行きます。

170305126.jpg

叡山電鉄の跨線橋を越えて高野川を渡り宝ヶ池公園内
へと入って行きます。

170305127.jpg

宝ヶ池はかんがい用の溜池として江戸時代中期に
造られたようです。

170305128.jpg

宝ヶ池公園が三つ目のチェックポイントになります。

11:08 宝ヶ池公園のチェックポイントに到着しました。

ここまで18.9㎞を約3時間、ほぼ時速6㎞を維持。

ここから先ゴールまではチェックポイントがありません。

チェックポイントから球技場横を下って行きます。

170305129.jpg

大田神社前から上賀茂神社へと進んで行きます。

170305130.jpg

今年も上賀茂神社の境内へと入って行きます。

170305131.jpg

参道を通り抜け、みやげもの店の前から鴨川へ。

170305132.jpg

鴨川の右岸の河川敷へ下りしばらく進んで行きます。
前方に大文字山が見えています。

170305133.jpg

出雲路橋横から鴨川を上がり寺町通を進みます。

織田信長公本廟の阿弥陀寺前を進み、20㎞コースと
合流し相国寺へ。

170305134.jpg

臨済宗相国寺派大本山相国寺の境内を通り抜けてます。

170305135.jpg

境内を通り抜け京都御所の今出川御門から御所内
へと入って行きます。

170305136.jpg

梅林内を通り抜けますが見頃はまだ先のようです。

170305137.jpg

御所から出て京都府庁前から堀川へ向かいます。

170305138.jpg

堀川に下り川沿いを二条城前まで進んでいきます。

170305139.jpg

堀川通を南へ、西本願寺前を進みます。

170305140.jpg

堀川通から、七条通り、大宮通を進み梅小路公園へ。

170305141.jpg

13:19 30kmコース(32.8㎞)をゴールしました。

約33㎞を5時間12分、時速6㎞強で完歩できました。

170305144.jpg

コース地図です。クリックすると拡大します。↑↑


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村  ←よろしければクリックをお願いいたします。

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング大会 京都

六甲山最高峰から有馬へ

2月25日(土) 13:10 六甲山最高峰から有馬方面へと
下って行きます。

JR芦屋駅から六くがーで事後生谷を経由して最高峰まで
約3時間20分かかりました。

170225300.jpg

天気がいいので大阪方面まで綺麗に見渡せます。

170225301.jpg

ドライブウェイ横から魚屋道へと入って行きます。

170225302.jpg

魚屋道は有馬へ下って行くメインルートです。

170225303.jpg

魚屋道をしばらく下り吉高神社を過ぎた所に
白石谷への分岐があります。

170225304.jpg

魚屋道を真直ぐ下っても良かったのですが、以前に
何度か歩いた白石谷へ入りました。

入り口には熟練者向き危険の案内板もあります。

裏六甲は数年前の雨であちらこちらで崩壊している
ため迷いましたが・・・。結局これが裏目になりました。

170225305.jpg

熊笹の多い茂る道をしばらく下って行きます。

170225306.jpg

10分ほど下って行くと急斜面になります。
この辺りはかなり崩れ落ちています。

170225307.jpg

沢筋に下りましたが倒木等もありかなり荒れています。
以前に訪れた時とは景色が全く違っていました。

170225308.jpg

六甲山最高峰への分岐を越えて下って行きます。

大きな石がゴロゴロ転がっている沢筋を進むと堰堤が
見えてきます。

ここは左の道から越えていきます。

170225309.jpg

この辺りは道がはっきりしていますが徐々に荒れて
きて歩きづらくなります。

170225310.jpg

道が崩落してロープが張られた箇所を越えていきます。

170225311.jpg

大安相滝の上に出ました。

ここは右の岩場をロープを使用して下って行きます。

170225312.jpg

有馬四十八滝の大安相滝です。

170225313.jpg

大安相滝は三段になっています。

170225314.jpg

この先をさらに下ると、白竜滝、白石滝がありますが、
かなり荒れているため下りは危険なので断念しました。

白石谷も半分くらい下ってきましたが、ここから下って
来た道を魚屋道へと戻ります。

170225315.jpg

堰堤まで戻ってきました。
堰堤手前の右の急な道を登ります。

170225318.jpg

六甲最高峰→の小さな札が吊ってあります。

170225316.jpg

堰堤を超えると六甲最高峰への分岐があります。

170225317.jpg

左の沢筋を登って行きます。

170225319.jpg

下り始めてから約1時間5分で魚屋道への合流地点に
戻ってきました。

今度は紅葉谷から登ってみます。

170225320.jpg

魚屋道を有馬へと下って行きます。

170225321.jpg

途中に瑞宝寺公園への分岐があります。

170225322.jpg

炭屋道との合流地点です。

現在紅葉谷の一部が通行止めのため紅葉谷から
登ってこられる方がたくさんいらっしゃいます。

170225323.jpg

なだらかな道を下って行きます。

170225324.jpg

途中魚屋道から右の有馬稲荷神社方面へ下ります。

170225325.jpg

分岐から10分弱で有馬稲荷神社の境内に着きます。

170225326.jpg

170225327.jpg

170225328.jpg

長い石段を下ると有馬の温泉街になります。

170225329.jpg

有馬稲荷神社前から温泉街へと入って行きます。

170225330.jpg

炭酸泉源の公園横を下ります。

170225331.jpg

外湯の銀の湯前に来ましたが、下山時間が遅かった
のでかなり混雑しているようなので今回は断念。

170225332.jpg

銀の湯から温泉寺前へ。

温泉寺は、奈良時代に薬師如来の導きで有馬温泉を
訪れた僧の行基が建立した寺です。

170225333.jpg

温泉寺から右に下ると、金泉の御所泉源があります。

金泉は含鉄ナトリウム塩化物強塩高温泉です。

170225334.jpg

御所泉源のすぐ隣にある外湯の金の湯前から、
神戸電鉄有馬温泉駅へ向かいます。

170225335.jpg

15:16 神戸電鉄有馬温泉駅に到着しました。

約17㎞6時間弱でJR芦屋駅からここまで来ました。

170225336.jpg

今回のコースのGPSの軌跡です↓

170225093.jpg

芦屋~六甲最高峰~有馬 クリックすれば拡大します。



にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


にほんブログ村








theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : トレッキング

六甲山・芦屋ロックガーデン地獄谷~最高峰

2月25日(土)今回も芦屋ロックガーデンから
六甲山最高峰へ登りました。

170225200.jpg

9:30 JR芦屋駅からスタートし阪急電車の芦屋川方面へ。

170225201.jpg

阪急電車芦屋川駅前から芦屋川の右岸を上ります。

170225202.jpg

芦屋川から高座の滝・ロックガーデン方面へ。

170225204.jpg

住宅地の間の坂道をロックガーデンへと上って行きます。

170225205.jpg

30分ほどで芦屋ロックガーデンの入り口に着きます。

170225206.jpg

登山道に入るとすぐに護摩堂が見えてきます。

ハイカーの皆さんがこれから登られる準備をしています。

170225207.jpg

護摩堂横の高座の滝前から登山道を登って行きます。

170225208.jpg

登り始めると分岐があり簡単な地図があります。

大半の方はここから右の一般コースの中央稜から
風吹き岩へと登られます。
シーズンになると渋滞するほどの人気のコースです。

今回もここから左の中級コース地獄谷へ一旦下ります。

170225209.jpg

地獄谷に下ると地崩れ感知のロープが見えてきます。

切らないでサイレンが鳴りますと書かれた黄色の札が
吊ってあるロープをくぐり川沿いを遡行していきます。

170225210.jpg

ここは真直ぐ大きな石の転がった川沿いを登ります。
左のロープのある方はゲートロックへの登りですが、
現在は立ち入り禁止になっているようです。

これが一つ目の小さな滝になるのでしょうか?。

170225211.jpg

二つ目の小さな滝は右側を登って行きます。

170225212.jpg

三つ目の小さな滝も右側を登って行きます。

170225213.jpg

四つ目の滝は二段になっていて最も登りづらい滝でした。
手をかけるところが少ないので一段目は中央の水の
流れている所から登りました。
登りづらいし滑る危険があるので慎重に登ります。
二段目は右側を登って行きます。

170225214.jpg

五つ目の小さな滝は左側を登って行きます。

170225215.jpg

六つ目の滝は少し長いですが右側から登ります。
手をかけるところが多数あるので大丈夫です。

170225216.jpg

七つ目の滝も右側を登って行きます。

170225217.jpg

八つ目の滝も右側を登って行きます。

170225218.jpg

170225221.jpg

川の中央部分をしばらく登って行きます。

170225220.jpg

九つ目の滝は正面からは登り口が見えませんが、
滝の正面滝つぼの右横を登って行きます。
足場もしっかりしているので登りやすいです。

170225222.jpg

最後の滝は正面を登って行きます。
滑りやすいので慎重に登ります。

170225223.jpg

小便滝の小さな滝があります。
水量の少ないときは流れていないようです。

ここから右へと進んで行きます。

170225224.jpg

枯れ沢から左へ登て行くと急に展望が開け風化した
岩肌が見えてきます。

170225225.jpg

しばらく登って行くとA懸垂岩が見えてきます。

170225226.jpg

左に回ると頂部に登るためのエスケイプのロープが
ありました。ここは反対側からも登れます。

170225227.jpg

A懸垂岩に登りました。
北側には万物相(ピラーロック)が見えます。

170225228.jpg

A懸垂岩から下るとロッククライミングをされてる方が
いらっしゃいました。

170225229.jpg

この辺りからコースが色々ありよくわかりません。

振り返ると先ほど登ったA懸垂岩や市街地が見えます。

170225230.jpg

B懸垂岩へ登りますが頂部へは登らず右側を回りました。

ここから道がよくわからずピラーロックへは行けずに
中央稜からの一般コースの道に合流してしまいました。

何度来てもこの中の道は地図がないので分りにくいです。

170225231.jpg

一般コースに合流後風吹き岩へ向かいました。

170225232.jpg

標高447mの風吹き岩はいつもながら多くのハイカーで
賑わっています。

170225233.jpg

風吹き岩から六甲山の最高峰へ魚屋道を進みます。

170225234.jpg

一旦下り芦屋カントリーの中をしばらく進み雨ヶ峠へと
登ります。

170225235.jpg

ゴルフ場を出て10分ほど登ると雨ヶ峠になります。

170225236.jpg

雨ヶ峠から再び下り住吉道と合流します。

住吉道を進み分岐を左へ本庄橋跡を経由するコースへ。

170225237.jpg

本庄橋跡から最高峰への最後の登りの七曲りへ。

170225238.jpg

住吉川を渡り七曲がりの急な登り坂を30分ほど登ると
六甲山頂一件茶屋に着きます。

170225239.jpg

ここからさらに最高峰931mへと登って行きます。

170225240.jpg

12:50 六甲山最高峰931mに到着。

天気が良く最高峰には沢山の方がいらっしゃいます。

ここから後半のコースは別途アップいたします。


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


にほんブログ村





theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : トレッキング

四国最南端足摺岬を散策

18日(土)花へんろ足摺温泉ジョン万ウォークのゴール後
時間があったので、歩き遍路で訪れて以来の足摺岬を
散策しました。

170218500.jpg

まずは四国八十八ヶ所霊場第38番札所の金剛福寺へ。

37番札所岩本寺から約90㎞の道のりを述べ3日かけて
歩いてきた記憶が蘇ります。

歩き遍路の中で札所の間隔が最も長くつらかったことを
思い出します。

170218501.jpg

山門(仁王門)をくぐり境内へと入って行きます。

境内に入ると大きな石の亀さんが出迎えてくれます。

170218502.jpg

この亀は大師亀で、弘法大師が海上の不動岩で修行した
時に海亀の背中に乗って海を渡ったという伝説にちなんだ
もののようで、願いを念じながら頭をなでると幸福が訪れる
と言われています。
そのためか頭の部分だけがつるつるに光っています。

170218504.jpg

金剛福寺は弘法大師が観音浄土である補陀洛へと
通じる場所であるとして開設されたと言われています。

境内は四国八十八か所の霊場の中でもかなり大きな
寺院で、120,000平方メートルを誇る大道場です。

170218503.jpg

お遍路さんの邪魔にならないように、本堂と大師堂に
お参りし境内から出ました。

金剛福寺から足摺岬展望台へと向かいました。

170218507.jpg

四国最南端足摺岬の案内板~奥へ入ると、中浜万次郎
(ジョン万次郎)の銅像があります。

170218508.jpg

ジョン万次郎は、日本人として初めてアメリカに渡り、
測量や航海術などを学んだ後帰国し、日本の夜明けや
国際交流に多大な功績を残されました。

170218509.jpg

展望台からは太平洋が一望できます。

足摺岬灯台もここから綺麗に見えます。

170218510.jpg

足摺岬には足摺七不思議と言われる、弘法大師にまつ
わる不思議な伝説の場所があります。

170218511.jpg

足摺七不思議のひとつ地獄の穴です。
この穴は灯台下の洞窟(亀の洞)まで、通じていると
言われています。

170218512.jpg

七不思議の二つ目弘法大師の爪書き石です。
この石には「南無阿弥陀佛」の6文字が彫られていて、
弘法大師が爪で彫ったと伝えられています。

遊歩道を進み足摺岬灯台へ。

170218513.jpg

足摺岬灯台は高さが18m、光度200万カンデラ、光達距離
38kmで、大正3年(1914年)に点灯された国内でも最大
級の灯台です。

170218514.jpg

灯台下に、七不思議の大師一夜建立ならずの華表が
あります。

弘法大師が一夜で鳥居を建てようとしたが、天邪鬼が
夜中に鶏の鳴き声を真似したので、石工が夜が明け
たと思い仕事を辞め完成しなかったと云われています。

170218515.jpg

すぐ横には七不思議の亀呼び場があります。

弘法大師がここから亀を呼び、亀の背中に乗って前の
不動岩に渡り、祈祷をされたと云われています。

170218516.jpg

椿の遊歩道を進んで行きます。
残念ながら花はほとんど散ってしまっていました。

170218517.jpg

岩の上に七不思議の4汐の満干手水鉢があります。

170218518.jpg

岩の窪みに溜まった水が潮が満ちると増え、干潮になると
減ると云われています。

170218519.jpg

さらに遊歩道を進むと七不思議亀石があります。

この石は、弘法大師が亀の背中に乗って燈台の前の
海中にある不動岩に渡ったと云われる亀呼場の方向に
向かっています。

七不思議はあと一つゆるぎ石がありますが今回は
この先の白山洞門へと向かいました。

170218520.jpg

遊歩道から急勾配の階段を下って行きます。

170218521.jpg

階段途中の岩場に白山神社の鳥居があります。

岩場の上に白山本宮がありますが、危険なのでこの
先は入らないようにと注意書きがあります。

170218522.jpg

階段を下りきると白山洞門の前に出ます。

洞門の上に白山本宮が見えます。

170218523.jpg

高さ16m、幅17mの大きさがあり、花崗岩洞門では
日本一の規模と言われています。

太平洋の荒波が押し寄せてくる絶景ポイントです。

170218524.jpg

遊歩道を戻り県道27号線に合流すると白山神社が
あります。

170218525.jpg

白山神社は足摺地区の氏神様が祀られているようです。

170218526.jpg

県道27号線を西に進むと万次郎の足湯があります。

あしずり温泉郷10周年を記念してオープンした無料の
足湯になっています。

一旦ホテルに戻った後、ホテルの方に教えてもらった
綺麗な夕日の見える絶景ポイントへ行きました。

170218527.jpg

この日は天気が良、17:50 過ぎからくきれいな夕日が
見れました。

170218528.jpg

170218529.jpg

170218531.jpg

水平線に沈んでいく夕日は絶景でした。

運が良ければこの時期だるま夕日が見れるポイントです。

冬の空気の棲んだ時期、11月から2月にかけて見ることが
できる一種の蜃気楼現象のようです。 
             ↓

        足摺岬のだるま夕日


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


 

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 四国

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧者数   (2011.10.30∼)

k&n健康ウォーキング  掲示板

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1261位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ