四国八十八ヶ所霊場歩き遍路16日目

昨日、四国八十八ヶ所霊場歩き遍路の16回目に行ってきました。
今回も日帰りで高知まで車で行き、前回終了地点の宇佐からJR土讃線
安和駅へ。
7:41JR高知駅前バスターミナルから高知県交通バスにて宇佐の宮前スカイライン
入口へ。
8:45宇佐大橋を渡り約3kmほど先の三十六番霊場青龍寺へお参り。
青龍寺は、弘法大師が真言密教の奥義授けてもらった唐の青龍寺から
その恩に報いるために、「霊地に留まりたまえ」と念じて密教の法具で
ある独鈷杵を投げたところ、帰国後、ここから大師はこの地に青龍寺を
建立、四国八十八ヶ所霊場に定めました。本堂までつづく長い石段は、
横綱・朝青龍が高校時代に鍛錬の場としていたらしく、自らの礎を築いた
この寺の名前からしこ名をつけたようです。

10031.jpg

山門をくぐり170段ほどの石段を上ったところに、本堂と大師堂があり
ます。早々にお参りを済ませ納経所に立寄った後奥の院への山道へ
進みます。
1kmほど山道を上ったところが奥の院です。三十六童子がある鳥居の先の
石畳は裸足で入ることになっています。鳥居前で靴を脱ぎ奥の院へお参り。
石造の不動明王像が祀られ、長年女人禁制であったようです。
ここから横浪スカイラインを歩き須崎市へと進みました。海岸線のスカイラインはアップ
ダウンばかりで予想以上に厳しい道のりでしたが、眼下には太平洋の素晴ら
しい景色が見られ、途中遠くに足摺岬方面が見えてくると疲れも吹き飛び
ました。特に帷子崎からの眺望は絶景でした。

10032.jpg

さらにスカイラインを進むと途中に武市半平太の銅像がありました。四国に
来てから、室戸の中村慎太郎、安芸の岩崎弥太郎、桂浜の坂本竜馬に
続いて4人目の銅像です。

10033.jpg

浦ノ内から須崎市に入り番外霊場観音寺、大善寺にお参り後国道56号線を
安和方面へと進みます。ここから一番気を使うトンネル内のウオークが続きます。
今回のトンネルは歩道が無く大型車が通ると吹き飛ばされそうな恐怖の連続
でした。三つのトンネルを抜けたところがJR土讃線の安和駅です。
当然無人駅ですが今回の駅が今までで一番ローカルな駅でしたが景色はよく、
ホームの前はすぐ海岸線になっていて映画に出てきそうな駅でした。

10034.jpg

15:30の列車に乗車。実は列車の本数が少なくこの後は約2時間列車が
無かったので後半はイピッチで歩きました。いつも最終はこうなります。
普通で高知に戻ると2時間ぐらいかかるため須崎から特急に乗り換え
高知へ。今回乗車した特急南風(岡山行き)はアンパンマン列車で車体は
アンパンマンの絵で飾られ楽しい列車でした。アンパンマンシートも
あるようですが今回は自由席に乗車。
以前から岡山より数編成のアンパンマン列車が走っているようです。
17:00無事高知に到着しました。 
歩数45,000歩 約32kmのウォークでした。
次回は安和から三十七番霊場岩本寺までの約32kmを歩きます。高知の
霊場は離れている箇所が多く、今回の青龍寺から岩本寺までが約60km、
さらにその先の足摺岬の金剛福寺までは岩本寺から約80kmです。
岩本寺から先は宿泊をしながら歩いていきます。

関連記事

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 四国八十八ヶ所霊場歩き遍路

comment

Secret

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2掲示板

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3979位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1499位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ