四国八十八ヶ所霊場歩き遍路36日目

7日(土)から一泊2日で四国八十八ヶ所霊場の歩き遍路の続きに行って
きました。
早朝神戸を車で出発しJR予讃線の観音寺駅前へ。
観音寺8時59分発の伊予西条行き普通電車に乗り前回終了地点の伊予
三島駅へ。

12016.jpg

約20分で伊予三島に到着。9時25分に伊予三島駅前をスタートし
遍路道へ。

12017.jpg

駅前から10分ほどで遍路道に到着。ここからまずは六十五番霊場
三角寺を目指します。しばらく歩くと古い石標があります。

12018.jpg

この遍路石は若連中建立の遍路石で天明8年(1788)の年号が刻ま
れているこのあたりでは古い石標です。
昔の中曽根村が三角寺までの道をつけた時期に立てられたようです。
若者や女性仲間によってお遍路さんのために建て始めたのが始まりで、
このあたりから三角寺まで沢山の石標が残っています。
高松自動車道の下をくぐると一段と大きな道しるべ石があります。

12019.jpg

銅山川発電所前を通りしばらく民家の間を進んでいくと三角寺への
本格的な山道に入っていきます。
ここからしばらくは厳しい登り道が続きます。

12020.jpg

舗装路に合流しさらに坂道を上っていくと六十五番霊場三角に到着。
標高は約430mの山の中の霊場です。

12021.jpg

三角寺は伊予(菩提の道場)最後の霊場で、標高は約430m、平石山の
中腹にある静かな境内です。
縁起によると、聖武天皇(在位724〜49)の勅願によって、行基菩薩が
弥勒の浄土を模して具現するために開創したと伝えられています。
その後、弘仁6年(815)に弘法大師が訪れ、本尊の十一面観音像を
彫造して安置されました。

12022.jpg

三角寺から標高約100mの番外霊場別格札所の椿堂へと下っていきます。
途中休憩所から川之江方面の素晴らしい景色が見れました。

12023.jpg

旅籠屋「島屋跡」前を下っていきます。この辺りは土佐街道になっている
ようです。近くに土佐街道の道標が建っていました。

12024.jpg

半田旧楷書前からさらに下っていくと番外霊場の椿堂に着きます。
椿堂(常福寺)は平安時代初期の大同2年(807年)邦治居士が地蔵
菩薩を祀り当地に庵を構えたことに始まるという。更に伝承では、
弘仁6年(815年)四国巡錫中の弘法大師が当時この地で熱病が流行
しているのを聞き、杖をもってその邪気を地中に封じ込めたという。
空海が立てた杖から椿が芽を出しやがて大木となったことから
「椿堂」と呼ばれるようになったようです。

12025.jpg

ここから国道192号線をひたすら登って行きます。境目トンネル手前から
再び山道に入り標高約300m強の峠まで登ります。
上りきったところが境目峠でここからは徳島県三好市に入っていき
ます。

12026.jpg

これで長かった愛媛県伊予の国は終わりです。最終の涅槃の道場は
香川県になりますが、次の六十六番霊場雲辺寺が徳島県にあるため
一旦徳島県を経由していきます。といっても頂上からすぐに香川県に
入ります。
峠から30分ほど下っていくと佐野の集落の中に今回宿泊する民宿岡田が
あります。雲辺寺への登り口近くにあることなどからお遍路さんには
有名な民宿です。

12027.jpg

とにかくご主人がお遍路のことには非常に詳しく夕食時には色々説明
くださりとても参考になります。食事場所には沢山のお遍路さんの
写真が飾られています。この日は他に2名のお遍路さんと一緒になり
ました。そのうちの1人はうるう年は特に御利益があるとされる逆打ち
(一番から逆に巡る)をされてい方でした。

12028.jpg

四国遍路の開祖衛門三郎(えもんさぶろう)が逆打ちされたのが始まり
です。弘法大師に関するさまざまな伝説・伝承の中でも有名な話が衛門
三郎伝説です。順打ちで20回巡ってもお大師様に会えなかったので21回
目に逆打ちをすると焼山寺近くでやっと弘法大師にめぐり合ったとされ
ています。その後力尽きたようで、その年がうるう年でであったと
ご主人から説明を受けました。順打ちよりも数倍の御利益がある逆打ち
もうるう年はさらなる御利益があるとのことで、今年は沢山のお遍路
さんが逆打ちされるとのことです。

実はこの民宿に、菅元総理も昨年宿泊されたようです。色紙があった
ので写真を撮らせていただきました。

12029.jpg

民宿のご主人さんから、ここまで来るとウイルスがたっぷり入り込ん
でいるのでもう治りませんよとのことでした。それはすなわちお四国病
のことです。
一度四国に来ると何度も訪れたくなると言う病気に取り付かれてしま
うようですね。逆打ちの方は当然数回巡礼されていますし、私と同じ
く初めてと言う方も既に次ぎ回るときはどうしたらいいかなど情報を
得ていました。恐らく私も結願するとまた回りたくなると思います。

明日はいよいよ標高約900mの山の上の六十六番霊場雲辺寺に向かい
ます。逆打ちされて下りてこられてかとの情報では、山の上は雪が
積っていて滑りやすいところがあるとのことでした。
お遍路さんが集まる宿はこうした情報交換ができるのでありがたい
ですね。特にこの民宿のご主人さんはお遍路に関する知識が豊富なの
でいいですよ。翌日のコースの一部を手書きにした地図で説明くださり
それを順打ちの2人に渡していただきました。間違いやすい注意ポイント
も書かれており助かりました。

順次HPに整理中です → 四国八十八ヶ所霊場歩き遍路の道のり



関連記事

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 四国八十八ヶ所霊場歩き遍路

comment

Secret

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧者数   (2011.10.30∼)

k&n健康ウォーキング  掲示板

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4853位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1773位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ