FC2ブログ

上野道から摩耶山へ

8月19日(日) 上野道から摩耶山への
トレッキングに行ってきました。

180819200.jpg

10:00 JR神戸線(東海道本線)灘駅から
スタートしました。

180819201.jpg

駅北側から阪急電車王子公園駅方面へ
進んで行きます。

180819202.jpg
180819203.jpg

王子公園前から青谷川へと進んで行き
ます。

180819204.jpg

青谷川の左岸を摩耶ケーブル方面へ
上って行きます。

180819205.jpg

摩耶ケーブルへの道標に沿って住宅地を
上って行きます。

180819206.jpg

県立神戸高校横を上って行きます。

180819207.jpg

住宅地から摩耶菩提所方面に進み山道
へと入って行きます。

180819208.jpg

観音寺川沿いを進み上野道へ。

180819209.jpg

上野道ハイキングコースを登って行きます。

180819210.jpg

摩耶ケーブルからの道との合流地点に
ハイキング道マップがあります。

180819211.jpg

上野道の道標に沿って登って行きます。

180819212.jpg

途中眺望が開け六甲アイランド方面が
見渡せるポイントがあります。

180819213.jpg

摩耶ビューライン虹の駅方面との分岐を
左に登って行きます。

180819214.jpg

摩耶ビューライン虹の駅からの道と合流
して左へと進んで行きます。

180819215.jpg

旧天上寺跡への丁石が残っています。

180819216.jpg

下のアメヤと呼ばれた峠茶屋跡前を進んで
行きます。

180819217.jpg

3丁石前を進んで行くと宝篋印等塔が見えて
きます。

180819218.jpg

宝篋印等塔はお経を納める塔として建立
されたようです。

180819219.jpg

青谷道と合流し旧天龍寺跡へと登って
行きます。

180819220.jpg

摩耶山史跡公園(旧天上寺跡)の説明板が
あります。

180819221.jpg

横には上のアメヤ跡があり、湧水をためる
水槽が残されています。

180819222.jpg

旧天上寺の仁王門を潜り石段を登ります。

180819223.jpg

長い石段を登って行きます。

180819224.jpg

この辺りはお城の石垣のような塔頭群跡が
残っています。

180819225.jpg

石段を登り切った所が摩耶山史跡公園の
旧天上寺跡です。

180819226.jpg

旧摩耶山天上寺は、安産祈願の寺だった
ようですが昭和51年1月焼失し、現在は
摩耶山史跡公園になっています。

180819227.jpg

本堂跡横から奥へと進むと、三権現社前が
尾根コースと森林浴コースとの分岐になり
ます。

ここから尾根コースを登って行きます。

180819228.jpg

両コースを一周すると八十八ヶ所巡りが
できたようです。

180819229.jpg

奥之院へと登って行くと、赤松円心公碑が
あります。

180819230.jpg

さらに登って行くと奥之院跡があります。

180819231.jpg

奥之院は行者堂ともよばれる修験道者の
行場であったようです。

180819233.jpg

奥之院跡から摩耶山城へ登って行くと、
天狗岩があります。

ここには天狗岩大神と石丸猿田彦大神が
あります。

180819232.jpg

天狗岩大神です。

180819234.jpg

天狗岩の説明板もあります。

180819235.jpg

横には石丸猿田彦大神があります。

ここから進むと摩耶山の山頂になります。

180819236.jpg

標高698.6mの三等三角点です。

180819237.jpg

摩耶山山頂より掬星台へ。

180819238.jpg

標高690mの摩耶山掬星台に着きました。
予想以上に多くのハイカーが登ってこら
れています。

180819239.jpg
180819240.jpg

ここからは、神戸市内から大阪方面まで
見渡せる絶景ポイントで、1,000万ドルの
夜景で有名です。  ↓ ↓ ↓
 日本三大夜景・摩耶山掬星台からの夜景

180819241.jpg

掬星台から六甲全山縦走路を進んで行き
ます。

180819242.jpg

ホテル・ド・摩耶前から天上寺方面へ。

180819243.jpg

イノシシ注意の標識があります。

180819244.jpg

現在の天上寺横を進んで行きます。

180819245.jpg

アゴニー坂を下って行きますが大きな岩が
転がっているので慎重に下ります。

180819246.jpg

アゴニー坂を下り切り奥摩耶ドライブウェイ
に合流し、杣谷峠へと下って行きます。

180819247.jpg

穂高湖への入り口前を進んで行きます。

180819248.jpg

ドライブウェイを進んで行くと、右に杣谷峠
への分岐が見えてきます。
トイレ前には瀬戸内海国立公園の説明板
があります。

180819262.jpg

7月の豪雨でがけ崩れによる通行止めが
あるので注意のマップが貼られています。

このような注意書きのマップが主要なコース
地図に貼られています。
インターネットでも公開されています。

180819249.jpg

杣谷峠から長峰台方面へと下って行きます。
左の長峰山へのコースは通行止めになって
いますので徳川道を下ります。

180819250.jpg

徳川道も豪雨の影響で落石がかなり
あります。

180819251.jpg

川沿いの道を下って行きます。

180819252.jpg

途中に小さな滝がいくつかあります。

180819253.jpg

この辺りは落石が多くかなり歩きづらい
ですね。

180819254.jpg

しばらく下って行くと神戸の市街地が
見えてきます。

180819255.jpg

途中に徳川道の説明板があります。
徳川道は江戸時代末期(1868年)に、参勤
交代の大名と外国人のトラブルを避ける
ため西国街道の迂回路として造られた道で、
西国往還付替道と呼ばれていたようです。

180819256.jpg

徳川道を下って行きます。
途中摩耶山掬星台からの山寺尾根コース
と合流します。

180819257.jpg

山道を下り切り住宅地に出ます。

180819258.jpg

バス道に合流後左へ、阪急電車の六甲駅
方面へと進んで行きます。

180819259.jpg

六甲登山口の交差点から右に下り、阪急
電車六甲駅前から六甲本通り商店街へ。

180819260.jpg

商店街を通り抜け左に曲がると、最終
目的地のJR神戸線六甲道駅です。

180819261.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。



ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。


にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。


関連記事

theme : ウォーキング
genre : 日記

comment

No title

マサさんこんばんは。

摩耶山から六甲山は神戸の市街地からすぐに登れるのでハイカーには人気です。
マヤカンは現在期間限定でライトアップされているようです。
神戸の会員でもあるので六甲全山縦走2分割も検討中ですが、今年も翌週の加古川ツーデーマーチの40㎞コースのコースリーダーなので思案中です。

No title

六甲ケーブルハイキングに一度参加してみたいなあ、と長年思いながらなかなかスケジュールが合いません。摩耶山や六甲山は全く未知なので、どんなもんやろ?と秘かに興味津々です。廃墟で有名なマヤカンも実際に自分の目で見てみたいし…
ということで、とりあえず今年は11/3,4の神戸の六甲全山縦走2分割に参加してみようと思っています。
Secret

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキングに  参加しています

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2062位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
835位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ