FC2ブログ

芦屋ロックガーデンから有馬へ①(JR芦屋~風吹岩)

1月21日(日)六甲山へ登ってきました。

芦屋ロックガーデンから六甲山最高峰を
経て有馬へと下りました。

まずはJR芦屋駅前から風吹岩まで。

180121100.jpg

一般的には阪急電車の芦屋川駅から
ですが、今回もJR芦屋駅からスタート
しました。

9:50 JR芦屋駅前をスタートし阪急電車の
芦屋川駅方面へ。

180121101.jpg

約10分で阪急電車芦屋川駅前に到着。

ここから芦屋川沿いを上がって行きます。

180121102.jpg

芦屋川から左の道へと進んで行きます。

人気のコースのため子供連れの方も沢山
いらっしゃいます。

180121103.jpg

住宅地の間の坂道をロックガーデンへと
上って行きます。

180121104.jpg

高座の滝道を上って行きます。

180121105.jpg

JR芦屋駅前から約30分で、芦屋ロック
ガーデンの入り口に到着しました。

180121106.jpg

茶店前から登山道に入ると護摩堂が見えて
きます。
多くのハイカーさんはここでこれから登る
準備をされます。

180121107.jpg

高座の滝は昔は修行が行われたようです。

180121108.jpg

護摩堂横の高座の滝前から登山道を登って
行きます。

180121112.jpg
180121113.jpg

登り始めると分岐があり斜面に簡単な
地図があります。

大半の方はここから右の一般コースの
中央稜から風吹き岩へと登られます。
シーズンになると渋滞するほどの人気の
コースです。

今回もここから左の中級コース地獄谷へ
一旦下ります。

180121110.jpg

地獄谷に下ると地崩れ感知のロープが
見えてきます。

切らないでサイレンが鳴りますと書かれた
黄色の札が吊ってあるロープをくぐり
川沿いを遡行していきます。

180121114.jpg

大きな石の転がった川沿いを登ります。
これが一つ目のの小さな滝でしょうか。

左の岩場はゲートロックへの登りですが、
現在は立ち入り禁止になっているようです。

180121115.jpg

二つ目の小さな滝の右の岩場を登ります。

180121116.jpg

三つ目の小さな滝も右側を登って行きます。

180121117.jpg

四つ目の滝は二段になっていています。
右側に巻き道があるようですが直登します。

手をかけるところが少ないので一段目は
中央の水の流れている所から登りました。
登りづらいし滑る危険があるので慎重に
登ります。二段目は右側を登って行きます。

180121118.jpg

五つ目の小さな滝は右側を登りました。

180121119.jpg

六つ目の滝は少し長いですが右側から
岩に手をかけ登ります。
手をかける所が多数あるので大丈夫です。

180121120.jpg

七つ目の滝は右側を登って行きます。
岩をつかんで登るので腕が疲れます。

180121121.jpg

八つ目の滝も右側を登って行きます。

180121122.jpg

川の中央部分をしばらく登って行きます。

180121123.jpg

九つ目の滝です。正面からは登り口が
見えませんが、滝の正面滝つぼの右横を
登って行きます。
足場もしっかりしているので登りやすいです。

180121124.jpg

10個目滝は正面を登って行きます。
滑りやすいので慎重に登ります。

180121125.jpg

川の分岐点に小便滝の小さな滝があります。
水量の少ないときは流れていないようです。

ここから右へと進んで行きます。

180121126.jpg

小便滝横から枯れ沢を少し登ります。

180121127.jpg

枯れ沢から左へ登て行くと急に展望が開け
風化した岩肌が見えてきます。

180121128.jpg

しばらく登って行くとA懸垂岩が見えて
きます。
左に回ると頂部に登るためのエスケイプの
ロープがあります。
A懸垂岩は反対側からも登れます。

180121130.jpg

A懸垂岩から北側に万物相(ピラーロック)が
見えます。

180121131.jpg

A懸垂岩下ではロッククライミングの準備を
されている方がいらっしゃいました。

180121132.jpg

B懸垂岩方面へと進んで行きます。

この辺りからコースが色々あり何度来ても
よくわかりません。

180121133.jpg
180121136.jpg

風化した花崗岩の道を登って行きます。

ピラーロックが綺麗に見えてきます。

180121134.jpg

B懸垂岩へ登りますがこの先ピラーロックへ
行くはずがまたまた一般コースに合流?。

詳細な地図も案内板もないのでいつも
間違います。

180121135.jpg

一般コースを進み風吹岩手前の分岐から
ピラーロックに立ち寄りました。

180121137.jpg
180121138.jpg

万物相(ピラーロック)は、花崗岩が雨や
風で浸食されて芸術的な光景を造り出す
場所です。

180121139.jpg

ここからは大阪方面が綺麗に見渡せます。

180121140.jpg

ピラーロックから一般コースに戻り風吹岩
へと登って行きます。

180121141.jpg

風吹岩に到着しました。いつもながら多くの
ハイカーで賑わっています。

この辺りはイノシシの出没地域なので注意。
人に慣れているしリュックに食べ物がある
ことを学習しているので注意しないとリュック
ごと持っていかれます。

でもこれだけの人がいたら出てこないでしょう。

ここから六甲山頂まで高低差約500m。
ここまで登って岡本方面等へ下る方も沢山
いらっしゃいます。

後半の六甲山頂から有馬へは後日投稿
いたします。



にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村"> ←よろしければクリックをお願いいたします。


にほんブログ村"> ←よろしければクリックをお願いいたします。


関連記事

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 六甲山 トレッキング

comment

こんばんは

237さんこんばんわ。

芦屋ロックガーデンコースは今回私が登ったのは地獄谷コースで中級者コースと紹介されています。一般ルートは中央稜線コースで子供さんでも登られる人気のコースです。ただし真っ暗闇で歩くのはかなり危険ですね。
六甲山の登山道の中では芦屋ロックガーデンと、新神戸から摩耶山経由の六甲縦走路が特に人気が高いですね。

こんにちわ

芦屋ロックガーデンを経由 六甲山頂に私も登ってみたいと 兼ねがね思っています。
ここは確か元旦に大学生が滑落された事故があったルートでしょうか? 私は自然道は怖いので 鈴蘭台から県道を歩いて山頂を目指してますが 今度は芦屋方面から元旦に頂上に上がってみたく考えています。

この道を 一人で深夜歩くのは危険すぎそうです。
まずは 自動車道路からにしたほうが安全のようですね。
Secret

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキングに参加しています

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2976位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1252位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ