第6回満濃池・空海・こんぴらしあわせツーデーウォーク1日目

1日目は金刀比羅宮や善通寺を巡る35㎞コースに参加
しました。(実際の距離は34.5㎞となっています)

162178.jpg

竜頭の丘ドラ夢ドームからのスタートになります。

雲ひとつない素晴らしい天気になりました。

162179.jpg

出発式は25㎞コースと一緒におこなわれます。

8:45 35㎞コースとしては少し遅めのスタートです。
最終16:00までにゴールとのことですが大丈夫かな・・・。

162180.jpg

まんのう公園内のアップダウンを進んで行きます。
これから進む満濃池も見えてきます。

162181.jpg

公園内を抜けるまでは団体歩行になります。
特に昨年公園内で迷子になられた方がいらっしゃったとか
で途中で候後方確認のためストップ。

ここは先に行っても鍵が開いてないので出れません。

9:15 ようやく岬の桟橋出口から出ましたがここまで30分
経過。まだスタートから約2㎞です。

162182.jpg

しばらく満濃池横を進んで行きます。

満濃池は周囲約20km、貯水量1,540万tで、日本最大の
灌漑用のため池です。

162183.jpg

満濃池横から下り金倉川方面へ向かいます。

162184.jpg

金倉川の左岸を進むと前方に金比羅山方面が見えてきます。

162185.jpg

これからあの山の中腹まで登ります。

162186.jpg

表参道から石段を登って行きます。
御本宮までの全785段の最初の1段目です。

162187.jpg

100段目、294段目から大門へと登ります。

162188.jpg

365段目にある惣門の大門から神域に入っていきます。

大門は、水戸光国の兄である松平頼重候から寄進された
ようです。

162189.jpg

628段目のチェックポイントの旭社へと進んで行きます。

162190.jpg

旭社は、高さ約18メートル、銅板葺の総﨔造二重入母屋
造りです。

10:42 旭社前のチェックポイントに到着しました。
ここまで地図上では13.7㎞、約2時間で到着しました。

コースはここから折り返し下って行きますが、御本宮から
奥社へと登りました。

162191.jpg

まずは賢木門から785段目、海抜251mの御本宮へ。

162192.jpg

10:45 御本宮前に到着後お参りしました。

162193.jpg

展望広場からは讃岐富士などが一望できます。

162194.jpg

さらに1,368段、海抜421mの奥社へと登りま下が、さすがに
奥社まで登られるウォーカーは殆どいませんでした。

162195.jpg

832段目の常磐神社前を進んで行きます。
常盤神社の御祭神は、武雷尊(たけいかづちのみこと)・
誉田和氣尊(ほんだわけのみこと)です。

162196.jpg

923段目の白峰神社前を進んで行きます。
御祭神は崇徳天皇で、社殿は檜皮葺で全体に朱色です。

162197.jpg

974段目の菅原神社前を進んで行きます。
御祭神は、讃岐守を務めたこともある菅原道真命です。

162198.jpg

11:03 1,368段奥社の厳魂神社に到着しました。

金刀比羅本教の教祖である厳魂彦命が祭られています。

162199.jpg

海抜421m、御本宮から170mの高低差を約15分で登って
きました。

162200.jpg

ここからの眺望は瀬戸内海までが見渡せます。

御朱印をいただき御本宮まで一気に下っていきます。

162201.jpg

御本宮前でもご朱印をいただき下向道を下ります。

チェックポイントの旭社前まで戻ってきました。
奥社までの折り返しはご朱印をいただいて約45分でした。

162202.jpg

大門を潜り表参道へと下って行きます。

162203.jpg

途中江戸時代より続く酒蔵を創業当時のまま残した金陵
の里で温かいお茶をいただきました。

162204.jpg

内部の見学は無料で開放されています。

162205.jpg

表参道から左へ、善通寺方面へと進んで行きます。

さすがに45分違うと前方には35㎞コースのウォーカーは全く
見えません。ここからしばらく一人旅になりました。

162206.jpg

善通寺市へと入って行きます。

昨年のコースは国道319号線の反対側のトンネルを通り
ましたが、がけ崩れのためJR土讃線の踏切を渡り国道
319号線をしばらく進んで行きます。

162207.jpg

再びJR土讃線の踏切を渡りしばらく線路沿いを進みます。

162209.jpg

県道47号へと入り地蔵池方面へ。

162208.jpg

県道47号から地蔵池周囲の綺麗に整備された遊歩道を
進んで行くと、石の樋門が見えてきます。

162211.jpg

地蔵池から善通寺方面へ。
途中陸上自衛隊の駐屯地の、第2営舎地区(第2キャンプ)
内にある旧陸軍第十一師団兵器庫跡横を進みます。

駐屯地横を進んでいくと善通寺の五重塔が見えてきます。
善通寺の南大門前が二つ目のチェックポイントになります。

162212.jpg

12:48 善通寺南大門前のチェックポイントに到着しました。
ここでようやく先行のウォーカーさん達に追いつきました。

162213.jpg

善通寺は四国八十八ヶ所第75番札所で、総面積約45,000
平方メートルに及ぶ広大な境内で、「伽藍」と称される東院、
「誕生院」と称される西院の東西二院に分かれています。

弘法大師の誕生した地として知られる真言宗最初の根本
道場で、高野山の金剛峯寺、京都の東寺とともに、大師
三大霊蹟のひとつです。

東院伽藍には、金堂、五重塔などが建ち並んでいます。

162219.jpg

東院伽藍の赤門を潜り赤門筋へ出ます。

162215.jpg

赤門筋を進んで行きます。
この辺りはお遍路で歩いた懐かし所です。↓

     歩き遍路涅槃の道場香川②

162216.jpg

赤門筋から善通寺市役所方面へと向かいます。

162217.jpg

市役所横から旧善通寺偕行社前を通り抜けます。

偕行社とは明治10年(1877年)に創立された陸軍将校の
親睦及び学術研究を目的とする団体の名称で、この偕行
社が社交場として建設した建物にもその名が用いられた
ようです。

162218.jpg

壱岐の湧横を進んで行きます。
善通寺市周辺には出水(ですい)・湧.(ゆう.)と呼ばれる
80ヶ所以上の清水があり、干ばつの時にも枯れることなく
この地の人々の生活を支えてきたようです。

162220.jpg

JR土讃線沿いをしばらく進んで行きます。

162221.jpg

踏切りを横断し国道319号線を琴平方面へ。

162222.jpg

国道319号線からコースの前半で通った金倉川沿いへ。

162223.jpg

金倉沿いからまんのう公園方面へ。
この辺りは前半歩いた道を戻っていきます。

162224.jpg

神野の交差点を左に進みます。

162225.jpg

まんのう公園への西入口がありますが、北ゲート方面へ
坂道を登って行きます。

坂道を登りきりしばらく田園地帯を進んで行きます。

162226.jpg

北ゲートの料金所横からまんのう公園内へと入っていき
さらに坂道を登って行きます。

162227.jpg

公園内を進みゴールの竜頭の丘ドラ夢ドームへ。

162228.jpg

15:13 35kコースをゴールしました。

金刀比羅宮の奥社まで登ったので40㎞以上歩いたかと
思います。

今回のGPSの軌跡です↓ クリックすれば拡大します。

1612041222.jpg

スタート時間が遅いので35㎞コースで金刀比羅宮の奥社
まで登ったり、善通寺をゆっくり散策するのはかなり厳しい
ですね。




関連記事

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング大会 香川

comment

Secret

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧者数   (2011.10.30∼)

k&n健康ウォーキング  掲示板

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1558位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ