明日香村散策・2015秋

本日奈良大和路ウォーク第3段、彼岸花が咲き誇る
明日香村を散策してきました。

毎年訪れるお気に入りのマイウォーキングコースです。

近鉄電車飛鳥駅前からスタートします。

151717.jpg

さすがにこの時期の人気スポット駅前は大勢の観光客の
方がいらっしゃいます。

そんな中に吉本の「かまいたち」の2人がいました。
TVのロケのようでした。
ひょっとして毎日放送土曜日のそやねん・・・?。

まずは駅前から高松塚古墳へと向かいます。

151718.jpg

田園地帯を通り高松塚古墳へ向かいます。

151719.jpg

高松塚壁画館横を進むと高松塚古墳が見えてきます。

高松塚古墳は7世紀末から8世紀初頭にかけて築造
された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、
高さ5mの二段式の円墳です。

151720.jpg

高松塚古墳から稲渕の棚田方面へと向かいます。

151721.jpg

民家の間を進み朝風峠へ坂道を登ります。
途中畝傍山から二上山方面が綺麗に見渡せます。

151722.jpg

朝風峠を越えると棚田の景色が広がります。

ここから案山子路で毎年ユニークな案山子が並んで
います。今年のテーマは「働く農民の姿」のようです。

151723.jpg

白や黄色の花も咲いていて綺麗です。

151724.jpg

毎年この時期には色々な案山子が飾られています。

151725.jpg

151726.jpg

棚田一面に彼岸花が咲き誇っていて見事です。

151727.jpg

進撃の巨人の案山子もありました。

151728.jpg

151729.jpg

毎年一体だけ大きな案山子があります。

151730.jpg

この案山子が一番良かったように思います。
コンテストになっていて投票の結果今年の一番が決定
されます。

151731.jpg

しばらく棚田の中を進んでいきます。
稲渕の棚田は日本棚田百選に選定されています。

151732.jpg

稲渕から祝戸地区のマラ石へと坂道を下っていきます。

151733.jpg

男性器を模したもので、当初は真直ぐに立っていた
ようです。
明日香村には石造が沢山あります。

ここから石舞台古墳へと進んでいきます。

151734.jpg

石舞台の公園内を通り抜け、石舞台古墳の見渡せる
場所へ向かいます。

151735.jpg

石舞台古墳は、墳丘の盛土が全く残っておらず、巨大な
両袖式の横穴式石室が露呈しているという独特の形状
です。

151736.jpg

石舞台地区から飛鳥寺方面へと向かい、途中飛鳥板蓋
宮跡へ。

151737.jpg

飛鳥板蓋宮は、大化の改新を推進した中大兄皇子と
中臣鎌足により、蘇我入鹿がこの地で討たれたと言わ
れている所です。
この先の飛鳥寺前にはここで切られたとされる蘇我入鹿
の首塚があります。

151738.jpg

田園地帯の飛鳥周遊道路を飛鳥寺へと進んでいきます。

151739.jpg

飛鳥寺は、596年蘇我馬子が発願して創建された寺で、
近年の発掘調査では、東西200m、南北300m、金堂と
回廊がめぐらされた大寺院であったようで、日本最古の
寺と言われています。

151740.jpg

飛鳥寺裏には蘇我入鹿の首塚があります。

ここから水落遺跡へと向かいます。

151744.jpg

水落遺跡は中大兄皇子によって、671年に造られた日本
最古の水時計の跡だとされています。
水時計は中国の技術を輸入したもので、7世紀の前半に
唐で造られた精密な水時計に近いものだったと考えられて
います。

水落遺跡から甘樫の丘へと向かいます。

151742.jpg

甘樫丘は、大化の改新以前に、蘇我蝦夷と蘇我入鹿の
親子が権勢を示すために丘の麓に邸宅を構えていたと
言われている所です。

151745.jpg

標高約148mの頂上に登ると展望台があります。
丘の上からは大和三山の畝傍山、耳成山、香久山や
明日香村が綺麗に見渡せます。

甘樫の丘から下り飛鳥周遊道へと進んでいきます。

小高い丘を越え下って行った所が聖徳太子の生誕地で、
後方に見えるのが橘寺です。

151746.jpg

橘寺は、聖徳太子誕生の地に太子自身が創建された
お寺で、ここに橘の宮という欽明天皇の別宮が建てられ、
太子はここで生まれ子供頃を過ごしてたようです。

橘寺寺前から亀石へと進んでいきます。

151747.jpg

亀石にはちょっと怖い言い伝えが残っているようですが、
ユーモラスなこの表情は飛鳥では人気者です。

亀石から鬼の俎と雪隠へ向かいます。

151748.jpg

昔この近くに住む鬼が、霧を降らせて旅人を迷わせ迷った
所を捕らえこの俎の上で料理し田とのこと。
お腹がいっぱいになった所で、 雪隠で用をたしたと
いう伝説があるようです。
このあたりは霧ヶ峯と呼ばれ霧がよく発生したところ
から、こういう風説が人々の間で語られているようです
が、実際は鬼の俎が底の部分で雪隠石で蓋をされて
いた石室のようです。

151749.jpg

最終飛鳥駅に向かう途中吉備姫王の墓に立ち寄り
ました。
ここには猿石と呼ばれる石造が並んでいます。

ここから近鉄電車飛鳥駅へと戻っていきました。

151751.jpg

天気もよく少し暑いくらいでしたが気持ちよく歩けました。
コースは約15㎞でした。 ↓

2015.09.22.明日香村

連休最終日は稲渕と並ぶ奈良大和路の彼岸花スポット
葛城古道へ行く予定です。


関連記事

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 奈良大和路

comment

Secret

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2掲示板

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
725位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ