軍師官兵衛ゆかりの地姫路へ

昨日ひめじの官兵衛1dayパスを使用して官兵衛ゆかりの地を歩きました。

140607_2014053122073647a.jpg

まずは山陽電車の白浜の宮駅へ。この1dayパスは大河ドラマ館への
入場券もセットになっています。

140608.jpg

山陽電車白浜の宮駅前からスタート。

140609.jpg

灘のけんか祭りで有名な松原八幡宮へ向かう途中、粟生が松原の
石碑があります。

石碑からすぐ右横に進むと松原八幡宮です。

140610.jpg

豊臣秀吉と毛利軍・別所長治の戦の際、松原八幡神社は双方から
援軍を依頼されましたが、選択できませんでした。勝利した秀吉は
加勢をしなかったことを怒り、神社を芝原(現:姫路市豊沢)に移す
よう命じましたが、松原八幡神社を敬う官兵衛は存続を嘆願し、存続
を許されました。
官兵衛は、神社復興の際に拝殿を寄進したほど、松原八幡神社への
敬神が厚かったと伝えられています。(山陽電車HPより)

松原八幡神社から浄照寺に立寄りました。

140611.jpg

ここには官兵衛が松原神社に寄贈した鐘楼が移設されています。

140612.jpg

浄照寺から松原神社の御旅所前を進み妻鹿へと向かいます。

140613.jpg

妻鹿の街中を進むと資料館があり、館内は無料で見学できます。

実物の屋台や、けんか祭りで使用される獅子舞なども見れます。

140614.jpg

資料館から妻鹿駅方面へ進むと、軍師黒田官兵衛の提灯が
見えてきます。ここから正面に国府山城跡が見えます。

140615.jpg

妻鹿駅前から黒田職隆廟所へと向かいます。
天正三年に国府山城で亡くなった官兵衛の父の職隆の墓所です。

140616.jpg

黒田職隆廟所から元宮八幡神社へ。ここには母里太兵衛の生誕地が
あります。

黒田家家臣の中から選出された「黒田二十四騎」、その中でも更に
優れた八人を指す「黒田八虎(くろだはっこ)」の一人です。

140617.jpg

元宮八幡神社から荒神社参道を進み妻鹿城(甲山城とも言われる
国府山城)へ登ります。

140618.jpg

官兵衛が豊臣秀吉に姫路城を譲り、姫路を美しく見渡せるこの地に、
父・職隆と居城しました。

残念ながら天気はいいのに黄砂?の影響かかすんでいます。

国府山城から下山し御着方面へと向かいます。

140619.jpg

JRの下を潜り右へ進んでいくと大きな榎が見えてきます。

天正7年羽柴秀吉の軍勢が御着城を守る城兵と戦った様子を
眺めたとされる榎のようです。横に庚申堂があります。

140620.jpg

庚申堂横から大歳神社へ立寄りました。拝殿には奉納された
絵馬が沢山掲げられています。

大歳神社からすぐ横にある延命寺へ。

140621.jpg

天台宗のお寺で、円仁慈覚大師自らが本尊の阿弥陀如来像を
刻み建立されたようです。

国道2号線に合流し左に進むと小寺大明神があります。

140622.jpg

御着城主の小寺家三代とその家臣が祀られています。

2号線上を歩道橋で渡った所が御着城跡です。

140623.jpg

赤松氏の一族で西播磨最大の領主であった小寺氏の本城跡です。

案内役のボランティアの小学生が一所懸命説明しています。

140624.jpg

城跡の横に黒田家廟所があります。
黒田官兵衛の祖父重隆と生母の明石氏が祀られている廟所です。

140625.jpg

御着城跡からすぐ南を走る旧山陽道を姫路方面へ進みます。

140626.jpg

突き当りを市川沿いに右に進み2号線に合流後市川を渡り
姫路の市街地へ。

2号線を進んで行き播磨国総社ヘ向かいます。

140627.jpg

正式名称は「射楯兵主神社」ですが、播磨国内の大小明神
百七十四座の神々を合わせ祀られていることから、播磨国
総鎮守の神社「播磨国総社」と呼ばれています。

140628.jpg

総社から世界遺産の国宝姫路城へ向かいます。

140629.jpg

1333年、現在姫路城のある地に、赤松則村により砦が築かれ
1546年、姫路城内で官兵衛誕生しました。

姫路城は1931年に国宝に指定され、1951年には新国宝へ指定。
1993年日本初の世界文化遺産に指定されました。

140630.jpg

姫路城から1dayパスににセットされている大河ドラマ館へ立寄り
ました。

官兵衛にまつわる時代背景や人物紹介、戦いの系譜・文化人と
しての一面などを紹介するとともに、ゆかりの品も多数展示されて
います。

ここから最終目的地の山陽電車姫路駅へと向かいました。

140631.jpg

昨日歩いたコースです。約20㎞でした。↓

2014.05.31.ひめじの官兵衛

昨日写した写真の一部です。→2014.05.31.ひめじの黒田官兵衛

関連記事

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : ウォーキング

comment

No title

よっくんさんこんばんは。

別所長治にゆかりがあったのですね。
大河ドラマの視聴率もやや低下したみたいですが、あいかわらず
官兵衛ブームが続いていますね。

メールにてまた返信いたします。

No title

今回、西国街道を歩きしっかり官兵衛の足跡も見てきました。
実は、私の母親の旧姓は「別所」で別所長治の家来だったそうです。
10年ぐらい前、私が自営業の時、三木金物祭りに行き、その足で別所長治候のお墓参りにも行ってきました。
「官兵衛」が有名になったのは、司馬遼太郎の「播磨灘物語」からですね。わが藩の藩祖でありながらあまり知りませんでした。
今、こちらでも官兵衛ブームで展示会も開かれています。

ところでちゅうさん、9月になったら送りたいものがありますので
住所教えていただけませんか?

久しぶりの姫路ウォーク

やまちゃん今晩は。

嫁さんの実家が姫路なので今回の大河ドラマは見入っています。

土曜日は厳しい暑さでしたが、堺国際ツーデーマーチの準備のため
20㎞程歩きました。週末の堺も暑いでしょうね。

御着城跡では地元の小学生のボランティアが一生懸命に説明
していました。将来のいい思い出になるでしょうね。
これからドラマが終盤になるとさらに観光客が増えるのでは・・・。
加古川のツーデーも例年以上に盛り上がるでしょうね。

ようこそ姫路へ

お疲れ様です。

さすがちゅうさんですね、月例なら2~3回分のコースを1デーですね。

地元に居ながら、大河ドラマがきっかけで、訪れる機会が増えまし

た。日曜日には初めて有岡城址に行って来ました。

各地からの観光客はブーム的でしょうが、これをきっかけに、地元の

人がどんどん訪れてほしいですね。

加古川にも光姫の志方城址や、加古川城址も有りますので、今年の

加古川ツーデーも、楽しみにお越しください。

Secret

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/02 09:12)

姫路市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧者数   (2011.10.30∼)

k&n健康ウォーキング  掲示板

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2238位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ