W倶楽部の例会で宇治へ

昨日W倶楽部の例会で京都の宇治へ行ってきました。
京阪電車宇治駅前から宇治十帖を巡るコースです。宇治十帖とは、源氏
物語の最末尾にあたる第3部のうち後半の四十五帖橋姫から五十四帖の
夢浮橋までの十帖のことです。
まずは宇治駅前からすぐの所にある五十帖東屋へ向かいました。

13352.jpg

東屋観音の境内に、東屋の古蹟の石碑があります。東屋観音には、花崗岩
に厚肉彫りされた聖観世音菩薩坐像があります。

東屋観音からすぐ近くには四十六帖椎本があります。ここにある彼方
神社が椎本とされています。

13353.jpg

彼方神社は小さな神社で諏訪大明神を祭神とし、古くは宗像の神を
祀ったとされています。
この先で県道を横断し源氏物語ミュージアム前からさわらびの道へ。
ミュージアム裏を過ぎると四十七帖総角があります。

13354.jpg

源氏物語では、宇治八宮山荘は平等院の対岸のこのあたりだと想定され
ていたようで、ここが総角古蹟とされてきたようです。

総角古蹟からさわらびの道をしばらく進むと、世界遺産の日本最古の
本殿がある宇治上神社前に出ます。拝殿は現在修復工事中で残念ながら
シートに覆われています。
境内の拝殿横には、宇治七名水の桐原水が湧き出ています。

13355.jpg

国宝の拝殿は、鎌倉時代前期に伐採された桧が使用されており、鎌倉
時代の優れた建物遺構です。
本殿は平安時代後期に伐採された木材が使われて、一間社流造りの三殿
からなり、左右の社殿が大きく中央の社殿が小さくなっています。

宇治上神社の鳥居を潜ると、四十八帖早蕨之古蹟碑があります。

13356.jpg

早蕨古蹟は所在地を転々とし、奈良鉄道の工事に伴い今の場所に移った
とされています。

さらにさわらびの道を下っていくと、宇治神社があります。

13357.jpg

近くの宇治上神社と二社一体で、宇治上神社を本宮または離宮上社、
宇治神社を若宮または離宮下社と呼び、明治16年(1883)に分社される
まで、両社をあわせて宇治八幡宮と呼ばれていたようです。

さわらびの道を四十七帖総角まで戻り仏徳山の展望台へと登って行き
ます。
展望台からは宇治の町並みが一望できます。この写真のもう少し左側に
平等院があるのですが、現在は修復中でシートに覆われています。

13364.jpg

展望台から反対方向へ下っていくと曹洞宗の興聖寺横に出ます。

13358.jpg

境内には伏見城の遺構とされる立派な本殿があります。

13359.jpg

興聖寺前から紅葉で有名な琴坂を宇治側沿いへと下っていきます。

13360.jpg

宇治川の右岸沿いを進んでいくと、天ヶ瀬の吊り橋があります。吊橋を
渡り左岸沿いを天ヶ瀬ダムへと登って行きます。
天ヶ瀬ダムは淀川本川筋で最初にできた多目的ダムで、高さ72メートル、
長さ254メートルのアーチ式ダムで、京セラドームの約17杯分(2,000万
トン)の水を貯めることができるようです。

天ヶ瀬ダムで昼食後、登ってきた道を下っていきます。宇治川の左岸
沿いを下っていくと四十九帖宿木があります。

13361.jpg

宿木はけやきなどに寄生する植物のことのようです。宿木から平等院裏
を通り県神社へ進みます。

13362.jpg

県神社は、平等院の鬼門にあたることから、平等院が建立されたときに
その鎮守社にされたといわれています。

県神社から宇治側方面へ向かう途中に四十五帖橋姫があります。ここ
には小さな橋姫神社があります。
さらに宇治川方面へ進むと、五十四帖夢浮があります。すぐ後ろには
紫式部の像が設置されています。
観光客の大半は、夢浮古蹟より紫式部像の前で記念写真を撮られます。

13363.jpg

お茶の店が建並ぶ平等院の参道筋からあじろぎの道を進みます。
朱色の喜撰橋を渡った浮島に十三重の石塔が建っています。

13365.jpg

十三重石塔は高さ約15mで、現存する日本最大の最古の石塔です。
鎌倉時代に、奈良西大寺の高僧の叡尊によって宇治川での殺生の罪を
戒め、供養塔として建立されたようです。

13366.jpg

浮島を進み朝霧橋を渡った所に、宇治十帖のモニュメントがあります。

ここから宇治川の右岸をしばらく進み、橋寺放生院へ立ち寄りました。

13367.jpg

橋寺放生院から少し来た道を戻り、宇治茶道場匠の館へ。今回の例会の
担当者が京都の方であったので粋な計らい。

普段あまり飲むことのない玉露をいただきました。
100グラム5千円?の玉露のコース。といっても1人前は約5グラム。

13368.jpg

熱いお湯を徐々に冷まして約40度になってから一煎目をいただくと、
昆布だしのようなまったりとした不思議な味に。二煎目、三煎目と味が
変わっていきます。五煎目くらいでいつも飲んでいるお茶になりました。

さらに、この茶葉をポン酢をつけていただくことに。最初は不安でし
たが、食べてみるとなかなかの美味で野菜のような味でした。

玉露のコースを堪能して最終スタート地点の京阪電車宇治駅へ戻り
ました。



関連記事

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : ウォーキング倶楽部 京都

comment

Secret

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧者数   (2011.10.30∼)

k&n健康ウォーキング  掲示板

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3866位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1410位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ