龍馬の足跡を訪ねて京都伏見へ

昨日龍馬の足跡を訪ねて京都に行ってきました。
午前中に寺田屋騒動の舞台にもなった伏見を散策し、午後からはRさん
主宰サークルの納会ウォークへ参加。

まずは京阪電車で中書島駅へ。駅前には龍馬ゆかりの地の大きな案内板
があります。ここから長建寺へと進みます。長建寺は伏見奉行の建部内
匠頭政字の創建で、本尊が弁財天という珍しい寺院です。

10054.jpg

長建寺のすぐ前の宇治川派流に十石舟の乗船場があります。
十石舟は米や物資を運ぶのに使われていたようで、現在は観光船として
運行しています。伏見は京都と大阪を結ぶ港町として重要な役割を果た
していたようです。

10055.jpg

弁天橋を渡ると、伏見を代表する酒蔵月桂冠大蔵記念館があります。
時間が早かったのでまだ開館していませんでしたが見学料がいるよう
です。

10056.jpg

私の地元神戸の酒蔵は全て無料で見学できるのですが・・・。
酒蔵通りを抜けると寺田屋の前に出ます。ここも時間が早かったため開館
前でしたので、付近を散策してから再度立ち寄ることにしました。
寺田屋のすぐ近くには龍馬が走って逃げたとされる竜馬通り商店街があり
ます。
酒蔵の町が漂う雰囲気に仕立てられた綺麗な通りに整備されています。

10058.jpg

ここを通り抜け西岸寺から傷を負った龍馬が運び込まれたとされる薩摩
島津伏見屋敷跡へ。
現在は石碑が残っているだけで、残念ながら当時の面影はありません。
寺田屋事件の九烈士の墓のある大黒寺から寺田屋に戻ると既に見学者の
列ができていました。

10057.jpg

しばらく並んで建物内に入ると中もすごい人でゆっくりと見学できる
状態ではありませんでしたが、弾劾跡や、逃げ降りた階段、お龍さんが
危険を察知し飛び出したお風呂など当時を思わせるものが多数あり見応
えはありました。又ゆっくりと見学してみたいですね。
見学を終えて出てくると長蛇の列になっていました。ブームは恐ろしい
ですね。
寺田屋から酒蔵の町を抜けるとアーケードの商店街に銀座発祥の地の
石碑があります。徳川家康が伏見に日本初の銀座を開き、ここが全国の
銀座の発祥地のようです。京阪電車と近鉄電車を越えると伏見奉行所
跡があります。
ここから丹波橋方面に向い御香宮神社へと進みます。境内には御香水と
呼ばれる名水百選の水があり伏見の酒造りに使われる水と同じ水脈です。
又、日本第一安産守護之大神として広く崇められている神功皇后を主祭神
として、仲哀天皇、応神天皇他六柱の神が祭られています。ここから近鉄
電車丹波橋へ。そして昼からの納会ウォークのため京都駅へ移動。

午後からの納会ウォーク(例会)も龍馬の足跡をたどるコース。京都駅
から四条通へ。
さらに高瀬川沿いの土佐藩邸跡、土佐稲荷神社から川原町通りへ。
商店街の人ごみの中に坂本竜馬、中岡慎太郎遭難地之碑がやっと確認
できました。再び高瀬川沿いを進み坂本竜馬寓居地跡の酢屋から池田屋
騒動之跡へ。最後は霊山護国神社の坂本竜馬・中岡慎太郎のお墓に
お参りし終了しました。

10059.jpg
関連記事

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 京都 ウォーキング

comment

Secret

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2掲示板

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
725位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ