W倶楽部の例会で高槻から西国街道へ

昨日W倶楽部の例会で高槻から西国街道を中心に北摂の史跡めぐりへ。
せっかくなので上宮天満宮にお参りするために9:30の集合時間より1時間早く
JR高槻駅へ。
駅の北側へ進むとすぐに鳥居が見えてきます。鳥居をくぐりしばらく
進むと上宮天満宮への石段前に出ます。たいした段数はないのにも
かかわらず厳しい暑さのため既に汗びっしょりに。

12622.jpg

上宮天満宮は菅原道真をまつる天満宮の中で、大宰府に次いで2番目に
造られたという古い由緒を伝えられていて境内には古墳もあり、天正
10年(1582)山崎合戦の際、秀吉が本陣を置いたといわれています。
平成8年11月に放火により本殿を焼失しましたが、平成14年日本初の
竹製の本殿として再建されています。

12623.jpg

参道の石段を下り左に進むと昼神車塚古墳があります。

12624.jpg

前方後円墳で全長60メートル、後円部径30メートルで、前方部の発掘
調査では、犬や猪、角笛をもった狩人などの埴輪が出土したようです。

ここから待合場所のJR高槻駅に戻りW倶楽部メンバーと合流。上宮天満宮
の話をするとぜひ行ってみたいと言う事で、再びコース予定に入ってい
なかった昼神車塚古墳から上宮天満宮へ。

ここから西国街道へと進み旧芥川宿の町並みへ。所々に切り妻造り、
中2階建て漆喰塗り込めの虫籠窓、平入り、格子窓のある旧家残って
います。芥川宿の東の外れにあったとされる一里塚跡があります。

12625.jpg

かって芥川一里塚は街道を挟んで東側と西側の両方にあったといわれて
いますが、現在残っている塚跡は東側のもので実際の塚は現存してい
ません。
芥川宿を通り抜け芥川沿いから西国街道から一旦離れ清福寺太子堂へ。

12626.jpg

江戸期に御所・幕府関係の建築のために組織された、摂津十組大工の
一つの清福寺が大工仕事の繁栄を祈願し、大工職人にとって始源神に
当たる、聖徳太子少年像を安置されたようです。

太子堂から嶋上郡衙跡へ。

12627.jpg

この辺りは、摂津国嶋上郡にあたり、ここを治めるために置かれた郡役
所が嶋上郡衙で、都や国の役所にならって儀式の場・庁院や税を納める
正倉などが整えられていたようですが、残念ながら現在は草が覆い茂っ
ています。

12631.jpg

摂津国嶋上郡から素盞嗚尊神社の境内を通り抜け今城塚古墳へ。
まずは古墳公園に隣接する今城塚古代歴史館へ入館(無料)。ここには、
三島の古墳から出土した遺物の展示や今城塚古墳のジオラマや映像で、
歴史背景が解説されています。ひと時暑さをしのいだ後隣接する古墳
公園へ。

12628.jpg

淀川流域では最大級の前方後円墳で、「いましろ大王の杜」として古墳
公園になっています。水と芝生で古墳を囲い、実物大に復元された埴輪
が190点以上並び、日本で唯一古墳内を自由に散策できます。

今城塚古墳から昼食場所の新池埴輪製作遺跡へ向かいました。
途中参道が名神高速道路上にある闘鶏野神社へ。

12633.jpg

急な石段を登ると名神高速道路上に朱色の欄干のある参道になって
います。闘鶏野神社からマンションの前を進むと新池埴輪製作遺跡に
着きます。

12629.jpg

新池埴輪製作遺跡は、5世紀中頃から6世紀中頃までの約100年間操業
していた、日本最古最大級の埴輪生産遺跡で、3棟の大形埴輪工房と
18基の埴輪窯、工人集落などが丘陵上約27,000平方メートルの発掘
調査で確認され、大王陵級の古墳の埴輪生産システムを具体的に知る
ことができる貴重な遺跡です。

12630.jpg

最も綺麗に保存されている窯が建物で覆われた資料館になっています。

昼食後は太田茶臼山古墳に立ち寄りました。ここは宮内庁管理のため
各地でよく見られる形式の古墳です。

12634.jpg

紀元後5世紀頃に造られた大きな前方後円墳で、一説に第26代継体天皇
陵であるともいわれています。

ここから白井河原の合戦跡前を通り郡山宿本陣まで休暇無しの過酷な
ウォーク。

例会担当者から事前に予約をしていただいていたので中に入らせて
いただきました。と言うのも、ここは現在一般の方が住まわれている
ため急に訪問しても入ることができません。当日前をうろうろしていた
女性がいました。どうやら中に入るのをことわられたようで、かわい
そうだったので倶楽部の一員として一緒に中お誘いしました。かなりの
歴史好きな方ですごく感激されていました。

12635.jpg

西国街道は、京都と西国を結ぶ重要な道であり、江戸時代には西国の
大名が参勤交代の時によく利用し、京都から西宮までの街道沿いには、
山崎・芥川・郡山・瀬川・昆陽の五つの宿場があり、郡山宿本陣は、
そのまん中にある宿駅として、重要な役割を果たしてきました。
また御成門のそばにあった椿の木が、毎年五色の花を咲かせたことから、
椿の本陣とよばれています。

12636.jpg

当初の建物は享保3年(1718年)に焼失したようで、現存の建物は享保
6年(1721年)に再建されたものであるとのことで、母屋・土蔵・茶席・
納屋(牢屋兼用)などが享保6年の施設のまま現存しています。
「上段の間」のある建物の中には、本陣当時の遺品が数多く保存されて
いて、中には元禄9年(1696年)から明治3年(1870年)までの「宿帳」が
あります。
当主のご主人から色々と過去の経歴を説明いただきました。
摂津、備前、備中、美作、讃岐などの諸大名や、赤穂城主浅野内匠頭が
宿泊したことが残っています。

12637.jpg

このような貴重な建物を個人の方が保存し伝承していくのは大変な
努力が必要でしょうね。とにかく素晴らしいの一言です。
年に数回は一般公開されるようです。茨木市の広報で日時の紹介が
あるとのことでした。

ここから大阪モノレール豊川駅までまでラストすぱーと。

12638.jpg

7月にこのコースを桜井まで歩いたときの詳細です → 西国街道・高槻~桜井


関連記事

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : ウォーキング倶楽部 旧街道 西国街道

comment

Secret

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧者数   (2011.10.30∼)

k&n健康ウォーキング  掲示板

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2238位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ