FC2ブログ

サマーウォーク・高砂海浜公園

8月5日(日)加古川ウォーキング協会
例会に参加しました。

180805100.jpg

2018年度7月例会(9) 参加者56名
高砂海浜公園10㎞ (一般向け)

180805101.jpg

集合場所は山陽電車高砂駅東側の
公園です。

180805102.jpg

駅前から公園に移動。
木陰では暑さはましですが、この日の良そう
最高気温も35℃です。

180805103.jpg

公園の入口に山陽電車高砂駅の歴史が
記されたプレートがあります。

180805104.jpg

高砂海浜公園へのルートは日陰が無い
ことから、高砂神社を折り返すショート
コースに変更されました。

コース説明、準備体操後スタートしました。

180805105.jpg

しばらく三菱製紙横を進んで行きます。

180805106.jpg

最初の目的地の旧花井家住宅へと
進んで行きます。

180805107.jpg

旧花井家住宅に到着しましたが、まだ
開いていないようなので帰りに立寄る
ことに。

180805108.jpg

花井家は江戸期から昭和初期にかけて
肥料問屋として栄えたようです。
しっくいの壁に虫籠窓が特徴で、国の登録
有形文化財になっていて、現在は県民交流
広場として活用されています。

180805109.jpg

旧花井家住宅のすぐ近くには、松宗蔵が
あります。

180805110.jpg

江戸時代の米蔵を町の活性化の為に
復元された蔵です。
地元の方に内部を説明いただきました。

180805111.jpg

松宗蔵から一旦西方向へ進んで行きます。
銀座商店街の中を通り抜けていきます。

この商店街もシャッターを閉めた店舗が
目立ちます。

180805112.jpg

商店街を通り抜けた所に、旧国鉄高砂駅跡
があります。

国鉄高砂線は加古川-高砂8.0kmを結ぶ
貨物メインの路線でしたが、1984年に廃止
されました。

山陽電車高砂駅前からこの辺りまでに
色々なモニュメントがあるようです。

ここにはディーゼルカーの車輪が1つ
残されています。

180805113.jpg

高砂駅跡からすぐ横の十輪寺へと
入って行きます。 → 十輪寺

180805114.jpg

本堂は県の指定文化財になっています。

180805115.jpg

山門前から申義堂へと進んで行きます。

180805116.jpg
180805117.jpg

申義堂は江戸時代庶民の教育の場として
創設された学問所で、ここに移設され一般
公開されています。  → 申義堂

180805129.jpg
180805130.jpg

地元の方に資料をいただき説明して
いただきました。

180805118.jpg

敷地内にはキリシタン灯籠があります。

180805119.jpg

下部には人物像が刻まれています。

180805206.jpg

魚町の街並みを進んで行きます。

180805121.jpg

三菱の魚町倶楽部前を進んで行きます。

1904年(明治37年)神戸製紙所高砂工場
内にアメリカ人技師長M.J.シェイの居住
施設として建設され、1905年(明治38年)、
社名が三菱製紙所と変わって現在地へ
移築されたようです。

180805122.jpg
180805123.jpg

旧高砂銀行本店の高砂商工会議所前を
進んで行きます。

180805124.jpg

明治初期に建てられた三連の珍しい
三連蔵前を進んで行きます。
県景観形成重要建造物に指定されて
います。

180805125.jpg

本日のメイン目的地工楽松右衛門旧宅
です。無料で一般公開されています。

180805126.jpg
180805127.jpg

工楽松右衛門はわが国の帆布製造の始祖
として知られいます。 → 工楽松右衛門

180805128.jpg

建物内部は風が通り涼しいです。

180805131.jpg

懐かしいラムネが販売されていましたので
いただきました。 100円/1本

180805132.jpg

建物の周囲は舟板が使用されています。

180805133.jpg
180805134.jpg

工楽松右衛門旧宅の前は高砂南堀川の
港遺構があります。

180805135.jpg
180805136.jpg

ここでは、江戸時代に築造された石段の
雁木や石垣が見つかったようです。

180805137.jpg
180805138.jpg

この辺りは江戸時代初期に船着き場として
整備されて運河も造られたようです。

北前船寄港地船主集落が日本遺産に
認定されています。

180805139.jpg

北前船寄港地から高砂神社へと進んで
いきます。

180805140.jpg

高砂 は能の作品の一つで、「高砂や、
この浦舟に帆を上げて、この浦舟に
帆を上げて、月もろともに出で潮の、波の
淡路の島影や、遠く鳴尾の沖過ぎて、
はや住吉に着きにけり、はや住吉に着き
にけり」は、結婚披露宴の定番の一つで、
唄には、夫婦和合の妙の意味があよう
です。

180805141.jpg

境内には相生の松があります。

180805142.jpg

1つの根から雌雄2本の幹をもつ松が境内
に生え、尉(伊弉諾尊)と姥(伊弉冊尊)の
2神が宿る霊松とされ、相生の松と称されて
います。
3代目相生の松は大正13年に天然記念物に
指定されましたが、昭和12年に枯死し、幹が
霊松殿で保存されています。

180805143.jpg

現在は5代目の松が立派な枝を張って
います。

180805144.jpg

11:00過ぎですが、日陰でも35℃近くまで
気温が上昇しています。

高砂神社から本来は高砂海浜公園に
行くコースでしたが、高温のため日陰の
無いコースは危険なのでショートカット
して戻ります。

180805145.jpg

朝一番立ち寄った旧花井家住宅へと
進んで行きます。

180805146.jpg

旧花井家住宅へと入って行きます。

180805147.jpg
180805148.jpg

一般公開されていて県民交流広場として
活用されています。

180805149.jpg

内部は東寄りを通り土間として、西側に
居室を三室ずつ二列配されています。

180805150.jpg

旧花井家住宅からゴールのサンモールへ。

180805152.jpg
180805153.jpg

高砂市のマンホールです。
上は工楽松右衛門旧宅近くにある
高砂市内で唯一のマンホールです。

180805151.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。
市内を右に左に移動したので見にくいかも
知れません。

猛暑のため5㎞弱のショートコースになり
ましたが、見所の多いコースなので逆に
ゆっくり見れてよかったです。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。



theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 加古川ウォーキング協会

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキングに参加しています

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1995位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
832位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ