須磨~垂水へシーサイドウォーク&史跡めぐり

昨日須磨から垂水へのシーサイドウォーク&史跡めぐりに
行ってきました。

垂水は生まれ育った町なので時々歩きます。
今回は4月のW倶楽部の例会の準備のため確認ウォーク。

まずはJR須磨駅から一旦須磨海岸へ下りました。

150349.jpg

須磨海岸から西方向を見ると海岸地突き出した鉢伏山が
見えます。
阪神淡路大震災はあの山を境にして西と東で被害状況が
大きく変わりました・・・。

JR須磨駅構内に戻り北側から須磨浦公園へと国道2号線を
西へ進んでいきます。

150350.jpg

10分ほど歩くと一の谷に着きます。ここから須磨浦公園内
へと入っていきます。

公園に入るとすぐに源平史跡戦の濱の石碑があります。
須磨浦公園一帯は、源平一の谷合戦の激戦の地であった
ようです。

150351.jpg

公園内を西に進むと緑の塔が見えてきます。
両側にあった石の地球儀の一つ左側がありません。

これは阪神淡路大震災で落下し現在は震災モニュメント
として当時の様子が紹介されています。

150352.jpg

さらに公園内を進むとウルフカブ発祥の地の説明板と
子供の像があります。

現在のカブスカウトの源流であるウルフ・カブ隊が大正12年
12月、日本人によって初めて生まれたのが神戸の須磨で
あったようです。

須磨浦公園内を進んでいきます。ここは桜の名所で毎年
大勢の花見客で賑わいます。

山陽電車須磨浦公園前から国道二号線を西にしばらく進むと
平敦盛塚があります。

150353.jpg

源平合戦「一の谷の戦い」で源氏の武将・熊谷直実に討た
れた若武者平敦盛の供養塔であると言われています。

須磨区に平家ゆかりの史跡が数多く残っています。

150354.jpg

山陽電車とJR神戸線(山陽本線)の間の国道2号線を
西へと進んでいきます。JRのすぐ横は瀬戸内海で左
前方には淡路島が見えています。

子供の頃は須磨から舞子まで海岸線が広がっていま
したが、徐々に浸食され砂浜がなくなってしまい、現在は
テトラポットが並んでいます。

150355.jpg

国道2号線から山陽電車、JRの塩屋駅前を通り再度国道
2号線に合流して垂水方面へ向かいます。

昔はおしゃれな家が数多く立ち並んでいましたが、現在は
マンションに変わってしまいました。
ここには佐川満男さんの御実家もあります。

塩屋から舞子まではなぎさ街道として整備されています。
2号線を進むと平磯の緑地が見えてきます。

150356.jpg

平磯緑地公園に入り東端へ進むと神戸の市街地方面が
鉢伏山後方に見えます。神戸空港を離発着する飛行機も
見れます。

150357.jpg

平磯緑地の萬葉歌碑の道を進み西端の恋人岬へ。

ここからは明石海峡大橋が見えます。

150358.jpg

ビオトープ横を進み福田川を渡り垂水漁港へと向かいます。

漁港前に濱ノ海神社があります。

150359.jpg

すぐ横には、海神社(わたつみじんじゃ・かいじんじゃ)の
大鳥居があります。

航海安全・漁業繁栄の神、さら古代交通の要地であった
ことから、交通安全の神としても仰がれています。

150360.jpg

漁港横を進んで行くと漁業直売所があります。

垂水はいかなごのくぎ煮発祥の地として有名です
もうすぐ今年のいかなごの新子漁が解禁されます。

この時期の垂水の町を歩くとどこからともなくいかなごを
煮付ける香りが漂ってきます。
市場には昼網の新子がざるに盛られて販売されています。
この時期に数十キロもたかれる方もいらっしゃいますよ。

150361.jpg

漁港横を通り過ぎ三井アウトレットモールマリンピア神戸
入っていきます。

150362.jpg

陽気な南欧の港町をイメージして造られた館の中には、
約140店の店舗が立ち並ぶ本格アウトレットモールです。

150363.jpg

マリンピア神戸を通り抜けると明石海峡の眺望が開けます。

ここからアジュール舞子の砂浜を進んでいきます。

白砂青松の景勝地「舞子の浜」を復元した公園で、松林、
草花芝生公園や長さ約800mの砂浜が広がっています。

アジュールはフランス語で青のようです。

150368.jpg

徐々に明石海峡大橋が大きく見えてきます。

150367.jpg

全長3,911m、中央支間1,991mで世界最長の吊り橋で、
主塔の高さは海面上298.3mもあります。

建設途中に阪神淡路大震災が発生。ここが震源地だった
ため、地盤のずれが発生したことから主塔の位置がずれ
全長が1m伸張することとなってしまったのです。

舞子公園内を進むと、旧武藤山治邸、旧鐘紡舞子倶楽部
の建物が移築されています。

150366.jpg

明石海峡大橋の袂には、六角堂で有名な孫文記念館が
あります。

六角堂がシンボルの「移情閣」は、大正4年に神戸の貿易
商・呉錦堂が建てた別荘です。

150369.jpg

公園の南端には、明石海峡大橋生みの親、原口忠次郎
博士(第12代神戸市長)の顕彰碑「夢レンズ」があります。

舞子公園を通り抜けるとすぐ西側に史跡・舞子砲台跡が
あります。

150370.jpg

明石藩舞子台場跡で、将軍徳川家茂による砲台拡充の
幕命を受けた明石城主松平慶憲により築造されたようです。

150371.jpg

あまり知られてはいませんが、すぐ横にはわずかに海岸が
残っています。
ここからは明石海峡大橋が波打ち際から見れる絶景
ポイントです。

海岸線から舞子台方面へと向かいます。
ダイエー横から坂道を登ります。坂道を登りきり右に下り
苔谷公園方面へ。

150372.jpg

苔谷公園神戸淡路鳴門道の開通に合せて造られた公園で、
下は明石海峡大橋へ続く神戸淡路鳴門道の舞子トンネルに
なっています。

苔谷公園から垂水方面へ戻り五色塚古墳へ向かいます。

150373.jpg

五色塚古墳は、千壺古墳とも呼ばれ、4世紀後半に築かれた
兵庫県下最大の前方後円墳で、築造当時の姿に復元されて
います。
すぐ横には小壺古墳もあります。

150374.jpg

五色塚古墳の上部からは明石海峡大橋などが見渡せます。

150375.jpg

五色塚古墳から最終目的地垂水駅へと向かいました。

今回歩いたコースです ↓ 散策を含め約18.5㎞でした。

2015.02.21.須磨~垂水

4月のW倶楽部の例会でこのコースを歩く予定です。
天候が良ければ素晴らしい景色が味わえますが・・・。

今回写した写真の一部です→2015.02.21.須磨~垂水


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : ウォーキング 神戸

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧者数   (2011.10.30∼)

k&n健康ウォーキング  掲示板

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1261位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ