近畿のマッターホルン高見山へ

昨日近畿のマッターホルンと呼ばれる高見山のへ行って
きました。

先日行った三峰山と同じく近鉄電車榛原駅前から奈良
交通バスの高見山行き霧氷号に乗車。

150308.jpg

たかすみ温泉の入浴割引券付で往復2,160円です。
高見山へも路線バスがないので霧氷号の利用になります。

150309.jpg

榛原駅前から1時間弱で高見登山口に到着します。

ここの標高が約465m、高見山山頂が約1,248mなので
800mほどの登りになります。

150310.jpg

高見登山口から小峠経由で山頂へ、帰りは高見平野へと
下っていきます。大峠ルートは今年も閉鎖されています。

150311.jpg

登山道の入口から旧伊勢南街道を登って行きます。

旧伊勢南街道は、五條から吉野川沿いに東吉野村に入って
高見山山麓を通り、松阪経由で伊勢へと抜ける伊勢参宮
街道で、別名で和歌山街道とも呼ばれています。

150316.jpg

登り始めてすぐに近畿自然歩道の案内板があります。
木製のベンチがあるのでここで早めのアイゼン装着。

150312.jpg

旧伊勢南街道の説明板前を登って行きます。

150313.jpg

古市の説明板があります。この辺りから雪の量が徐々に
増えてきます。早めのアイゼン装着が正解でした。

150314.jpg

右前方の山の樹氷が見えます。上のほうはかなりの積雪が
予想されます。

150315.jpg

登り始めて45分ほどで小峠に到着しました。
ここで沢山の方が休憩されています。
大峠経由の道は今年も閉鎖中のためここから山頂方面へ。

150318.jpg

ここから先がしばらく急な坂道になります。

150327.jpg

鳥居の間を潜り階段を登って行きます。

150328.jpg

階段を登りきった所から急斜面になります。

150329.jpg

木の根道の厳しい登りがしばらく続きますが、綺麗な樹氷が
見れるようになってきました。

150330.jpg

急斜面を登り切った所が高見平野へ下っていく道との
分岐点になります。

150331.jpg

熊出没注意の標識から頂上へと登って行きます。
この辺りから積雪量が多くなってきました。

150333.jpg

国見岩前を登って行きます。

150332.jpg

厳しい寒さになってきましたが素晴らしい樹氷です。

150335.jpg

横風も強くなってきました。

150336.jpg

笛吹き岩前を登って行きます。

150337.jpg

山頂が近付いてきましたが強風が吹き荒れています。

この風があるためエビのしっぽが形成されるでしょう。

150338.jpg

山頂の避難小屋です。中は既に満員状態になっています。

150339.jpg

展望台横を進むと高見神社が見えてきます。

150340.jpg

霊峰高見山の石碑が建っています。

150341.jpg

150342.jpg

天候が悪く視界が開けませんが樹氷は見事です。

それにしても厳しい寒さです。10分もいたら凍りそうです。

150343.jpg

天候の回復は見込めないのですぐに下山しました。

150344.jpg

あまりの寒さに写真も写さず一気に下山し、小峠からの
分岐点へ戻ってきました。

ここから高見平野方面へと下っていきます。

150345.jpg

高見杉の大木の横を下っていきます。

150346.jpg

鳥居を潜り杉木立の中を一気に下っていきます。

150348.jpg

登山道を下りきりたかすみ温泉へと向かいました。

下山が早かったので整理券無しで入浴できました。
出る頃には10人ほどの待ちになっていました。

150347.jpg

帰りのバスは15:00からですが既に多くの方が並び始め
ていたため14:20頃から並びました。
結果大勢の方が時間前から並ばれたので14:45に発車
していただけました。

今回のコースです↓ 約10kmのトレッキングでした。

2015.02.14.高見山

今回写した写真の一部です→2015.02.14.高見山


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : トレッキング 奈良

室生赤目青山国定公園三峰山へ

昨日人気の雪山三峰山へ行ってきました。

1月から3月までの土日と休日のみ運行されている奈良
交通の霧氷バスを利用しました。

近鉄電車榛原駅前から三峰山への霧氷号に乗車します。
運行時間は8:15~9:15の間だけです。(往復2,700円)

150275.jpg

8:25乗車口に着きましたが既に長蛇の列になっています。
榛原駅前からは、三峰山と高見山へ行く霧氷号があります。

今回は三峰山へのバスが込み合っています。昨年は高見山
へのバスが込み合っていましたが・・・。

大型の観光バスが満席になり2台出発しました。先に何台
出発しているのやら・・・?。

バスは次々と入ってきます。ここから三峰山の登山口のある
みつえ青少年旅行村へと向かいます。

150276.jpg

約45分乗車してみつえ青少年旅行村に着きました。
自宅を出てから約3時間半かかりました。山頂は奈良県と
三重県の県境ですから時間がかかるのも当然・・・。

既に先着された方が大勢いらっしゃいます。マイカーで来ら
れている方も沢山いらっしゃいます。

150277.jpg

青少年旅行村から登尾ルートの登山道へと向かいます。

150278.jpg

不動川沿いをしばらく登って行くと不動滝コースとの分岐が
見えてきます。ここから登山道は二つに分かれます。

ここでアイゼンを装着し今回は登尾ルートへと進みます。

150279.jpg

不動川を渡るといきなり急な階段の道になります。

150280.jpg

しばらくは急な階段の連続です。寒いのに一気に汗が噴出
してきます。

150281.jpg

急な坂道を登りきると一旦平坦な所に出ます。
ここにはトイレがあります。この先にはトイレはありません。

150282.jpg

トイレ前を進み階段を登った所に展望台がありますが、
残念ながら入れませんでした。
すぐ隣から綺麗な景色が見渡せます。天候が良かったので
絶景ですがややかすんでいます。Pm2.5の影響・・・?

ここから再び急な坂道の連続になります。

150283.jpg

山頂まで2,300mの標識があります。

150284.jpg

山頂まで1,600mの標識前、徐々に雪が多くなってきます。

150285.jpg

山頂まで1,200mの標識前を登って行きます。
この辺りから下山されて来る方も多くなってきました。

150286.jpg

左からの不動滝ルートの登山道と合流し山頂方面へ。

150287.jpg

この辺りの樹氷は見ごたえがありました。

150288.jpg

新道ルートとの分岐から山頂方面へと進みます。
山頂まで450mになりました。

150289.jpg

雪に覆われた木々のトンネルを潜っていきます。

150291.jpg

八丁平への分岐点から左山頂方面へ向かいます。

150290.jpg

山頂までの途中に木曽御嶽山のビューポイントがあります。
Pm2.5の影響か天気はいいのにややかすんでいるため
御嶽山は確認できませんでした。

ここから山頂まではあと少しです。

150292.jpg

11:25 1,235mの山頂に到着しました。
約1時間30分で登頂です。

山頂から三重県側の八丁平へ向かいます。

150293.jpg

この辺りの積雪は40cm程ありそうです。
新雪に足を踏み入れると膝の下まで埋まります。

150294.jpg

しばらく下っていくと八丁平に着きます。

150296.jpg

ここからは三重県方面の山々が見渡せます。
素晴らしい景色ですがここからもややかすんでいます。

150297.jpg

八丁平から登尾ルートとの合流地点へと下っていきます。

150298.jpg

登尾ルートから直進方面新道ルートを下っていきます。
この辺りの積雪が一番多かったように思います。

150299.jpg

新道コースはしばらくアップダウンが連続します。
高見山方面への分岐地点が新道峠になります。

ここから右へと下っていきます。

150300.jpg

獣よけゲートを潜ると徐々に厳しい下りになります。

150301.jpg

途中眺望が開け遠くの山々を見渡せる所があります。

さらに下っていくと車道に合流します。
ここからみつえ青少年旅行村へと車道を下っていきます。

150302.jpg

川沿いを下っていくとしてみつえ青少年旅行村が見えてき
ます。帰りに乗車する奈良交通の観光バスが並んでいます。

150303.jpg

13:40に下山してきまし、登頂記念カードに押印戴きました。
約3時間50分のトレッキングでした。

帰りのバスは15:00~16:00の間になります。

この期間霧氷まつりが開催されていて昨日は1:30から
餅つき大会が開催されました。

150304.jpg

丁度搗き立ての餅がふるまわれているところでした。

150305.jpg

バスの時間までまだかなり時間があったので霧氷まつりの
会場で地元のお酒を熱燗でいただきました。

竹筒を温めてその中に入れていただきました。(350円)
煮立てたこんにゃく(100円)をあてにしながらほっこり・・・。

150306.jpg

14:00過ぎになると15:00のバスに乗車する方が並び始め
ましたので一緒に並ぶことに。

14:45発の姫石の湯(温泉)経由のバスが入ってきます。
温泉に1時間立寄って榛原駅へと向かうバスですが、
帰りが遅くなるので榛原駅直通バスに乗車しました。

温泉経由は人気のようで2台のバスが発車していきました。

150307.jpg

続いて榛原駅への直通バスが入ってきました。
後ろを見ると長蛇の列になっていました。

今回のコースです。↓ 約12㎞のトレッキングでした。

2015.02.11.三峰山

今回写した写真の一部です→2015.02.11.三峰山


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : トレッキング 奈良

樹氷の金剛山へ

本日綺麗な樹氷の見れる金剛山へ行ってきました。

150225.jpg

まずは南海電車のお徳切符を購入して新今宮から河内
長野へ。
河内長野までの電車代+金剛登山口またはロープウェイ前
バス停までの往復切符で、約19%もお得になります。

150226.jpg

駅前から南海バスにて30分ほどで登山口に着きます。

150227.jpg

ここからの登山道はいくつかありますが、まつまさの前から
千早本道を登って行きます。

すぐに路面が凍結状態に・・・。アイゼンを装着して登ります。

150228.jpg

二合目で昨年登ってきた千早城跡からのコースと合流します。

150229.jpg

ここから先は階段が連続する厳しい登りになります。

150230.jpg

急な階段を登って行くとのろし台跡に着きます。
ここが五合目でトイレと休憩所があります。

150231.jpg

会長ウルトラマン、副会長バルタン星人の石碑もあります。

この辺りは一旦なだらかな道になりますが再び急な階段が
連続する厳しい登りになります。

150232.jpg

徐々に雪の量が多くなってきます。

150233.jpg

再び緩やかな道になりますがこの先最後の急登になります。

150234.jpg

八合目から八・五合目の急な階段を登りきると九合目の
分岐になります。

150235.jpg

ここは左の道を國見城跡方面へと進んでいきます。

150236.jpg

この辺りの樹氷は見ごたえがあります。

150237.jpg

樹氷の中を進んで行くと史跡金剛山の石碑と説明板が
あります。

ここを登ると國見城跡の山頂広場に出ます。

150238.jpg

この時計がある所は24時間ライブで映像が配信されてい
ます。PCからもいつでもライブ映像が見れます。
特に毎正時は固定画像として残されるため知っている方が
沢山集ってきます。

残念ながら到着時は10時5分でした。
金剛山ライブ映像はこちらまで→金剛山ライブカメラ

150239.jpg

山頂広場から登拝回数捺印所に立寄り登山回数表に押印
いただきました。

150240.jpg

ここから転法輪寺へと向かいます。
葛城修験道の本拠地で、本堂のほか、行者堂、文殊の
岩屋、ひさご池などがあります。

150241.jpg

この辺りは雪も多く見事な樹氷です。

転法輪寺にお参り後葛城神社へと向かいます。
裏参道方面へと進んで行くと野鳥の餌付け場所があります。

近付いていくと鳥の声が聞こえてきます。

150242.jpg

多くのカメラマンの方が既に陣取っています。

手の上に餌を乗せるとどこからともなく餌を食べに来ます。
本来は餌付けはいけないのでしょうが・・・。
今回は野鳥の餌を持参していきましたが、好物はピーナッツ
みたいです。

150243.jpg

まずはコガラが飛んできて手の上に乗ってきました。
沢山食べているのでしょうかふっくらとしています。

150245.jpg

今度はヤマガラが飛んできて手の上の餌をついばんでいき
ます。周囲では沢山の野鳥が飛び交っています。

野鳥の餌場から葛城神社へと向かいました。

150246.jpg

1,125mの金剛山山頂の最高点はこの神社の裏にあります。
但し神域のため残念ながら立ち寄ることはできません。

葛城神社の鳥居を潜ったところがダイヤモンドトレールに
なります。

150247.jpg

ダイヤモンドトレールをちはや園地方面へと下っていきます。

150248.jpg

伏見峠からダイヤモンドトレールを離れ右側の念仏坂を
下っていきます。

150249.jpg

千早本道のような階段はありませんがかなり急な坂道です。

この時間は次々と登ってこられる方がいらっしゃいます。

念仏坂を下りきるとロープウェイ前のバス停になります。

150250.jpg

12時の南海バスに乗車して河内長野へと戻りました。

今回のコースです。↓ 散策を含め約10㎞でした。

2015.02.07.金剛山

今回写した写真の一部です→2015.02.07. 金剛山


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

叡山電鉄修学院から雲母坂を比叡山へ

昨日京都トレイルの続きでケーブル比叡へ向かうために
叡山電鉄の修学院から比叡山へと登って行きました。

150106.jpg

修学院駅前から白川通りに出て音羽川方面へ向かいます。

150107.jpg

音羽川沿いを雲母橋へと進んで行くと、左前方にこれから
登って行く比叡山の山並みが見えてきます。

150108.jpg

登山道への入口を入っていきます。

150111.jpg

川沿いを進むと雲母橋(きららはし)が見えてきます。

150109.jpg

雲母橋(きららはし)を渡った所に親鸞聖人御旧跡きらら坂の
石標と登山道の案内板があります。

この石標は親鸞が六角堂に参詣する際に、比叡山との往還に
通った雲母坂を示すものであるようです。

150110.jpg

ここから雲母坂(きららさか)の登山道の始まりです。
比叡山への最短ルートのようですが。

150112.jpg

左に登山道への道標があります。

150113.jpg

雲母寺跡の石標前から登って行きます。
修学院離宮のすぐ横のためか進入禁止のフェンスが
しばらく続きます。

この先からしばらく急坂の連続になります。

150114.jpg

水による侵食でしょうか?えぐられた坂道がしばらく続きます。

急坂を登りきるとやや平坦な歩きやすい道になります。

150115.jpg

先へ進んで行くと見覚えのある石標が見えてきます。
水飲対陣跡の石碑です。

ここからが以前歩いた京都トレイル東山コースになります。

150116.jpg

千種忠顕と足利尊氏軍が戦った地のようです。この石標は
延元元(1336)年6月7日、千種忠顕が戦死した地を示すものの
ようです。

150117.jpg

京都トレイル東山コース69番の道標前から登って行きます。

150118.jpg

70番道標前を登っていきます。この辺りから急な登り坂に
なります。

150119.jpg

71番道標前を登って行きます。厳しい登り坂の連続です。

150120.jpg

72番道標前から左の道を登ると千種忠顕の忠顕碑がある
ようですが時間の都合上先へと進みます。

150122.jpg

73‐1番道標前が分かれ道になります。
前回東山コースを歩いたときは右側73-2番方面から登った
ので今回は真直ぐ登って行きます。

150128.jpg

最後の急坂を登って行くとケーブル比叡駅横に出ます。
この時期はケーブルは運行されていません。

150129.jpg

階段を登りきったところに東山コース最後の道標34番の
道標があります。
近くの木には色々な札が吊り下げられています。

150130.jpg

ここからは京都の市街地が綺麗に見渡せます。

150131.jpg

ケーブルが運休のため比叡駅はひっそりとしています。

この先京都トレイル北山コースの東部へと進んでいきます。

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : トレッキング 京都

赤目四十八滝紅葉ウォーク

昨日三重県の赤目四十八滝へ行ってきました。
色鮮やかな赤の紅葉はありませんが、オレンジや黄色の
紅葉が見頃で大勢の人で賑わっていました。

141555.jpg

今回も近鉄電車のお徳切符、赤目四十八滝 渓谷の自然
探勝切符を利用しました。
近鉄大阪難波から赤目口。三重交通バス赤目口駅前から
赤目滝の往復切符と、赤目四十八滝への入山料がセットに
なっていて2,270円で、店舗利用の割引券等も付いています。
通常料金は入山料込みで3,140ですので870円もお徳です。

141556.jpg

赤目口駅前から10:25発の三重交通バスに乗車します。
バスの本数が少ないので通勤ラッシュよりもひどい混雑
ですが、10分強で赤目滝のバス停に到着するので我慢。

141558.jpg

赤目滝のバス停から土産物屋さんの前を進むとじゃんじゃの
水があります。これは忍者が修行の時に身を清めたとされて
いるようです。

141559.jpg

滝道へと進んでいくと入山ゲートが見えてきます。
入山料は400円です100円アップになっていました。

入山ゲート先の日本サンショウウオセンターが赤目四十八滝
への入口になります。

141560.jpg

沢山の方が入山されていきます。
お徳切符を入山チケットに引換えてまずは日本サンショウ
ウオセンター内へ入ります。

生まれたての小さなものから1mを越えるものまで展示され
ています。

141561.jpg

今回はくすくすは隠れているのか見当たりませんでした。

日本サンショウウオセンターを出て滝道を進んでいきます。

141562.jpg

行者滝横を進んで行くと、橋の下に大きな滝壺のある
霊蛇滝が見えてきます。

霊蛇滝過ぎるとアップダウンの道がしばらく続きます。
途中急な階段もあります。

滝道を進むと赤目五瀑の一つ不動滝前に出ます。

141563.jpg

高さ15m、幅7mの名瀑で不動明王にちなんで名付けられ
たようです。
滝参りとはこの滝に参ることで、明治の中頃まではここから
先へは登れなかったようです。

141564.jpg

乙女滝横を進みます。この辺りから黄色やオレンジの紅葉が
丁度見頃になっていました。

141565.jpg

八畳岩からしばらく平坦な道を進んでいくと赤目五瀑の一つ
千手滝が見えてきます。

141566.jpg

千手滝は、高さ15m幅4mで複雑な形をした岩から滑り落ちる
美しい滝です。

千手滝横の急な階段を登って行くと布曳滝が見えてきます。

141568.jpg

布曳滝は赤目五瀑の一つで、高さ30mで白い布を長々と
たらしたような美しい滝で、滝壺の深さは30mもあるよう
です。

布曳滝からさらに急な階段を登り竜ヶ壺へ。

141575.jpg

竜ヶ壺横をから斧ヶ渕に向かいますがここから陰陽滝への
急な階段は交互通行規制に。

141576.jpg

陰陽滝横から滝道を釜ヶ渕へと進んで行きます。

141577.jpg

釜ヶ渕を過ぎると百畳岩の大きな岩場が見えてきます。

141578.jpg

軽装で登られてこられる方はこの辺りで引き返されます。
ここまででも軽装では厳しいですが・・・。急な階段の登り
下りもありますし滑りやすい所や狭い所あります。

141579.jpg

百畳岩周辺の紅葉は見ごたえがありました。

百畳岩横の渓流の中に、七色岩と呼ばれる大きな転石が
あります。

141574.jpg

この岩の上には、松・モミ・楓・桜・アカギ・ウメモドキ・ツツジ
の7種類の植物が自生していて綺麗に紅葉しています。

七色岩横から渓流沿いを進むと急な階段が増えてき
ます。

141580.jpg

姉妹滝、柿窪滝、から骸骨滝へと進んでいきます。

141581.jpg

骸骨滝を越えて階段を登り切ると赤目五瀑の一つ
荷担滝が見えてきます。

141582.jpg

荷担滝は、高さ8mの滝が岩を挟んでふたつに別れて流れ
落ちるさまが、荷を担っているようで荷担滝の名が付いた
ようです。

荷担滝は渓谷随一の景観と絶賛されています。

141583.jpg

荷担滝から雛壇滝、琴滝横を進むと、赤目五瀑の最後の一つ
琵琶滝が見えてきます。

141584_20141117215202147.jpg

琵琶滝、高さ15m、滝壺の深さは10m。滝の形が琵琶に
似ているので琵琶滝と名付けられています。

琵琶滝横の急な階段を登って行き、最後の滝の巌窟滝
へと進んでいきます。

141585.jpg

巌窟滝は、中腹に深い石穴があるので巌窟滝と呼ばれて
いて、高さ7m、滝壺は小さく深さは3mほどのようです。

この先を進まれる方は殆どいらっしゃいませんが出合い
まで登って行きます。

141586.jpg

渓谷から離れ坂道を登ったところに茶店があります。
ここが出合になります。巌窟滝からはさすがにここまで
登って来られる方はほとんどどいません。

141587.jpg

ここから登って来た渓流沿いの道を日本サンショウウオセン
ターまでの約4㎞の道を下って行きます。

141588.jpg

荷担滝横を進み百畳岩まで一気に下っていきます。

141590.jpg

百畳岩辺りまではまだ沢山の方が登ってこられます。

日本サンショウウオセンターへと下っていきますが、急な
階段を下るのはややハードなところもあります。
途中の急階段のアップダウンの所は、まだ通行規制に
なっていました。

141591.jpg

三重交通赤目滝14:45のバスに乗車して赤目口へ。

帰りのバスも超満員でした。観光シーズンは臨時バスを
増発していただきたいですね・・・。

今回写した写真の一部です→2014.11.16.赤目四十八滝紅葉ウォーク


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : トレッキング 赤目四十八滝

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧者数   (2011.10.30∼)

k&n健康ウォーキング  掲示板

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
833位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ