FC2ブログ

矢田寺から矢田丘陵へ

6月16日(日)あじさい寺で有名な矢田寺
から矢田丘陵を歩いてきました。

1906161200.jpg

JR大和路線(関西本線)の郡山駅前から
スタートしました。
矢田寺へはバスで行けますが、いつも
ここから歩いて行きます。

1906161201.jpg

駅前には花時計があります。

1906161202.jpg

外堀緑地へ進み、北門から入って
行きます。

1906161203.jpg

文字盤が漢字になっている珍しい時計
があります。

1906161204.jpg

緑地公園内は水路があり綺麗に整備
されています。

1906161205.jpg

外堀緑地の説明板です。 ↑

近くにある郡山城は、戦国時代に筒井
順慶が築城し、その後豊臣秀吉の弟
秀長が紀伊・和泉・大和三国100万石の
太守として入城して大繁盛したようです。

1906161206.jpg

外堀緑地から柳町商店街に出て近鉄
電車の郡山駅方面へ進んで行きます。

1906161207.jpg

近鉄電車の郡山駅前を通り矢田寺へ。

1906161208.jpg

奈良西の京斑鳩自転車道の案内板 ↑
前を進んで行きます。

1906161209.jpg

県道189号線を矢田方面へ真直ぐ
進んで行きます。

1906161210.jpg

YAMATO群遊回廊の説明板前を  ↑
進んで行きます。

1906161211.jpg

常称寺前を進んで行きます。

1906161212.jpg

松尾寺への道標前を進んで行きます。

1906161213.jpg

駐車場は満車になっているようで渋滞
が発生しています。
これではバスに乗車してきてもなかなか
進みません。

1906161214.jpg

矢田寺へと参道を上って行きます。

1906161216.jpg

矢田寺は正式名称矢田金剛山寺と言い、
25,000㎡の境内にあじさい庭園等があり、
約60種類10,000株の紫陽花が植えられ
ていて、この時期は観光バスも多数立ち
寄る観光スポットとして有名です。

1906161215.jpg

山門を潜り拝観料を支払い後石段を上
って行きます。  → 矢田寺
あじさいの時期以外は拝観料なしで入れ
ます。

1906161217.jpg

しばらく急な石段を上って行きます。

1906161218.jpg

石段を上り切ると境内の案内図が
あります。

1906161219.jpg

進んできた街並みが綺麗に見渡せます。
ここから大門坊前へ進んで行きます。

1906161220.jpg

大門坊には沙羅(シャラ)の花も咲いて
いました。

1906161221.jpg

本堂前からあじさい大庭園へ。

1906161222.jpg

回遊式あじさい大庭園へ入って行きます。

1906161223.jpg

左右の斜面一面に咲き誇るあじさいは
見事です。

1906161224.jpg

皆さん写真を写されるため、狭い通路は
大渋滞です。

1906161225.jpg

とにかくよく手入れされて、毎年これだけ
綺麗咲かせるのは大変でしょうね。

1906161226.jpg

カタツムリを見つけました。
ゆっくり見て回ると結構いるかも知れ
ませんが。

1906161227.jpg

ハート形の花もありました。
これは重みなどで自然とこうなった花で、
他でも時々見かけます。

1906161228.jpg

あじさい大庭園を通り抜け本堂前の
通路に戻ります。

1906161229.jpg

味噌なめ地蔵さんがあります。
矢田寺は日本のお地蔵様の発症の地
のようで、色々なお地蔵様が祀られて
います。

1906161230.jpg

あじさい見本園へ入って行きます。
普段見ることの無い珍しいあじさいも
沢山あります。

1906161231.jpg

軸の黒いクロジクアジサイです。

1906161232.jpg

柏の葉っぱに似たカシワバアジサイです。

1906161233.jpg

つる状にになったツルアジサイです。

1906161234.jpg

他にも珍しい花が沢山植えられています。

1906161235.jpg

水子地蔵尊横から石段を上り本堂に
お参りしました。

1906161237.jpg

展望台になっている花のテラスからは
あじさい大庭園が見渡せます。

1906161236.jpg

本堂裏から御影堂へ上って行くとあじさい
広場がありますが、今回はパスしました。

裏山は一周約4.5㎞四国八十八ヶ所霊場
めぐりのコースもあります。

1906161238.jpg

この先登って行く近畿自然歩道の  ↑
説明板です。

1906161239.jpg

矢田寺から矢田丘陵へ進んで行きます。

1906161240.jpg

山道に入り登って行きます。

1906161241.jpg

県立矢田自然公園を進んで行きます。

1906161242.jpg

僧坊谷橋を渡ります。

1906161243.jpg

現在地の説明板があります。  ↑

1906161244.jpg

坂道を登り切り分岐を松尾寺方面へ
進んで行きます。

1906161245.jpg

国見台展望台からは天理方面が
見渡せます。

1906161246.jpg

松尾寺方面へ下って行きます。

1906161247.jpg

しばらく下って行くと、松尾寺の北惣門が
見えてきます。

1906161248.jpg

松尾寺の境内へ入って行きます。

1906161249.jpg

松尾寺は厄除観音を本尊とする日本
最古の厄除霊場・厄除祈祷の名刹です。
      → 松尾寺

1906161250.jpg

境内には三重塔や厄除けの鐘等が
あります。

1906161251.jpg

伽藍配置図前を下ります。  ↑

1906161252.jpg

南惣門を潜り法隆寺方面へと下って
行きます。

1906161253.jpg

いつもは法隆寺方面へ真直ぐ下りますが、
今回は古道七曲道を下ってみました。

1906161259.jpg

予想より山道は短く東院横から県道
123号線に合流します。

1906161254.jpg

県道123号線を下って行きます。
大和小泉駅が近かったのですが、途中
から県道9号線を隆寺方面へ。

1906161255.jpg

斑鳩三塔法起寺前を法輪寺へ進んで
行きます。

1906161256.jpg

斑鳩三塔法輪寺前から斑鳩神社へ
進んで行きます。

1906161257.jpg

斑鳩神社から法隆寺へ下って行きます。
松尾寺から真直ぐ下ってくるとここに
出てきます。
今回はかなり遠回りをしました。

1906161258.jpg

斑鳩神社前の天満池から法隆寺の
五重塔が見えます。

1906161260.jpg

法隆寺の境内へ入って行きます。

1906161262.jpg

東大門から南大門へ進んで行きます。

境内には修学旅行生が沢山来られて
います。

1906161261.jpg

南大門から境内を出ます。

1906161263.jpg

法隆寺iセンター前から法隆寺駅方面へ
進んで行きます。

1906161264.jpg

今回のゴールのJR大和路線(関西本線)
法隆寺駅です。約16㎞の道のりでした。

1906161265.jpg

今回はスタートの大和郡山市とゴールの
斑鳩町のマンホールカードをいただき
ました。

1906161266.jpg

GPSの軌跡ですクリックで拡大します。↑


ブログランキングに参加中です
よろしければバナーのクリックをお願い
いたします ↓↓


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


散歩・ウォーキング

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 奈良大和路

世界遺産吉野山の桜・2019

4月13日(土) 5年ぶりに吉野山へ。

190413200.jpg

自宅から電車を乗り継いで約3時間30分、
近鉄電車の吉野駅にやって来ました。

190413201.jpg

駅前の案内板です。  ↑↑
ここから奥千本の西行庵まで登ります。

標高差約500mのトレッキングです。

190413202.jpg

駅前のバス乗り場、ケーブル乗り場は
多くの観光客の方が並ばれています。

190413203.jpg

いつもと同じくバス乗り場横から人混みを
避けて吉野温泉元湯方面へ。
こちらの道は歩く人も少なくゆっくりと散策
できます。

ケーブルカーが下りてきました。
      →吉野大峯ケーブル

190413204.jpg

吉野温泉元湯へ川沿いを進んで行き
ます。

190413205.jpg

吉野温泉湯元は、吉野の隠し湯としても
歴史があり、多くの文人、修験信徒に
愛されてきた山里の一軒宿のようです。
      → 吉野温泉湯元

190413206.jpg

下千本から中千本方面の桜は満開です。

190413207.jpg

如意輪寺へと坂道を登っていきます。

190413208.jpg

登ってきた下千本から中千本方面が
見渡せます。

190413209.jpg

如意輪寺の境内へ入って行きます。

190413210.jpg

如意輪寺は、後醍醐天皇の勅願寺で、
創建は延喜年間(901~923)とされて
います。     → 如意輪寺

190413211.jpg

後醍醐天皇陵前から如意輪寺の境内を
通り抜け、中千本へと進んでいきます。

190413212.jpg

吉野山観光案内マップです。 ↑↑

190413213.jpg

バス乗り場前を横断し中千本方面へ。

190413214.jpg

吉野熊野国立公園の案内板です。 ↑↑
この地図の一番下、奥千本の西行庵
まで行きます。

190413215.jpg

右宮滝・水分神社方面へ登って行きます。

190413216.jpg

中千本の一部です。山全体が桜色の
グラデーションになっています。

190413217.jpg
190413218.jpg

山道に入り稚児松地蔵堂へと登って
行きます。

190413219.jpg

稚児松地蔵堂前を進んで行きます。

190413220.jpg

宮滝からのコースと合流し急な坂道を
登って行きます。

190413221.jpg

上千本、吉野水分神社へしばらく急な
坂道が続きます。

190413222.jpg

視界が開けた地点には桜プロジェクトと
して桜の苗木が沢山植えられています。

190413223.jpg

桜プロジェクト地点を通り抜け花矢倉
展望台へ。
上千本から中千本が見渡せます。

190413224.jpg

花矢倉展望台は、上千本から中千本、
金峯山寺の蔵王堂まで望める絶好の
展望台で、後方には金剛山方面も見渡
せます。

190413226.jpg

世尊寺跡があります。

190413227.jpg

世尊寺跡・人丸塚の説明板です。 ↑↑

190413228.jpg

花矢倉展望台から吉野水分神社へ進み、
境内へ入って行きます。

190413229.jpg

水分とは水配りを意味し、水の分配を
司どる神様が祭られています。
延喜式にも名を連ねた古社で、大和でも
有数の水分社のひとつで、世界遺産に
登録されています。 → 吉野水分神社

190413230.jpg

境内の枝垂桜は吉野一番と言われて
います。

190413231.jpg

さらに坂道を登り金峯神社方面へ。

190413232.jpg

牛頭天王社後前を進んで行きます。

190413233.jpg

途中に正須行人閼伽之井があります。

190413234.jpg
190413235.jpg

奥千本口のバス停前から金峯神社へ。
バス停からは沢山の方が下ってきます。
ここからゆっくりと散策しながら下って行く
方がたくさんいらっしゃいます。

190413236.jpg

鳥居をくぐり金峯神社へさらに急な
坂道を登って行きます。

190413237.jpg

大峰奥駈道の説明板があります。 ↑↑

大峰奥駈道は、奈良県の吉野から
和歌山県の熊野本宮大社間の道で、
修験道の祖、役行者が開いた修行の
道と言われています。 → 大峰奥駈道

190413238.jpg

金峯神社は吉野山の地主神、金山毘古
命が祭神で、修験道の行場で藤原道長も
祈願したとされています。 → 金峯神社

190413240.jpg

境内から左の坂道下ると、義経が弁慶
らと追っ手から逃れるために隠れた義経
隠れ塔があります。

190413241.jpg

金峯神社からさらに急坂を登り奥千本へ。

190413242.jpg

青根ヶ峰方面への分岐を真直ぐ進み
ます。
奥千本を回った後反対側からここに
戻ってきます。

190413243.jpg

西行庵への道標から急な坂道を下って
いきます。

190413244.jpg

急坂を下りきった所に西行庵があります。

190413245.jpg

西行庵の説明板です。 ↑↑

西行庵は、平安期から鎌倉時代に活躍
した歌人の西行法師が住んでいたとされ
ていて、庵の中には西行像が安置されて
います。

190413246.jpg

ここから金峯神社へと戻っていきます。

190413247.jpg

下ってきた道の下を進み苔清水へ。

「とくとくと落つる岩間の苔清水汲みほす
までもなき住居かな」と西行が詠み、
芭蕉が句に詠じた苔清水です。

190413248.jpg

この辺りは杉の木が伐採されていて桜に
植え替えが進められています。

190413249.jpg

宝塔院跡前から坂道を下って行きます。

190413250.jpg

登ってきた道に戻り金峯神社へ下って
行きます。

190413251.jpg

吉野水分神社へ下っていく途中、高城山
展望台へ登ります。

190413252.jpg

展望台からは金剛山、葛城山、二上山が
見渡せます。

190413253.jpg

高城山展望台から下り、吉野水分神社
方面へ。

190413254.jpg

花矢倉展望台前から上千本を下って
行きます。

190413255.jpg

横川覚範の首塚があります。

190413256.jpg

横川覚範の首塚の説明板です。 ↑↑

190413257.jpg

上千本の中を下って行きます。

190413258.jpg

上千本は丁度満開で絶景です。

190413259.jpg

上千本から下っていくと、左に桜展示園が
あります。

190413260.jpg

この辺りの桜も既に満開で綺麗です。

190413261.jpg

猿引阪を下って行きます。

190413262.jpg

櫻本坊に立ち寄りました。

190413263.jpg

境内の枝垂桜が満開です。

190413264.jpg

吉水神社へと向かいます。

190413265.jpg

左の桜越しに金峯山寺蔵王堂が見える
絶景ポイントです。

190413266.jpg

吉水神社の境内に入ると、一番の人気
スポット一目千本です。

190413267.jpg

中千本から上千本の絶景が見れます。

190413268.jpg

吉水神社は、世界遺産「紀伊山地の
霊場と参詣道」の一つとなっています。
       → 吉水神社

190413269.jpg

吉水神社から旅館街の人混みを進み
世界遺産の金峯山寺蔵王堂へ。

蔵王堂は正面5間、側面6間、高さ約34m、
檜皮葺きの、東大寺大仏殿に次ぐ木造大
建築です。   → 金峯山寺蔵王堂

190413270.jpg

仁王門は工事中でした。

190413271.jpg

旅館街は身動きが取れないほどに
なってきました。

190413272.jpg

柿の葉寿司の人気店ひょうたろう前を
進んで行きます。

190413273.jpg

人混みの中を進むと黒門が見えてきます。
黒門は、峯山寺の総門で、吉野一山の
総門と言われています。

190413274.jpg

ケーブル乗り場前から下千本の七曲へ。

190413275.jpg

下千本の七曲がりを下って行きます。

190413276.jpg

七曲がりからケーブル乗り場へ下って
行きます。

190413277.jpg

ケーブル乗り場横から近鉄電車吉野駅
へ戻って行きます。

朝よりさらに沢山の方が、ケーブル、バス
に乗車のため並ばれています。

190413278.jpg

早めに下山して来ましたが観光客で
ごった返しています。

190413280.jpg

予想通りホーム上は通勤時間帯のような
人混みです。

朝の段階で特急券は売り切れていたので
急行で帰ります。
1本遅らせて(30分)座って帰りました。

自宅から往復7時間架かりますが、それ
でも行く価値はあります。

190413279.jpg

GPSの軌跡ですクリックで拡大します。↑


ブログランキングに参加中です
よろしければバナーのクリックをお願い
いたします ↓↓


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


散歩・ウォーキング

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : トレッキング 奈良大和路

山の辺の道2016春・天理~桜井

昨日に続き奈良ウォークに行ってきました。

今回は山の辺の道を天理から桜井へと歩いてきました。

この道はウォーキングを始めるきっかけになった道で、
毎年訪れるお気に入りの道です。

160537.jpg

いつも通り近鉄電車天理駅前からスタートします。

160538.jpg

駅前から、天理本通り、天理三島本通り商店街内を
進んでいきます。

160540.jpg

商店街を通り抜けると天理教総本部前に出ます。

天理教立教147年に竣工された東西礼拝場は、総檜
造りの荘厳な建造物で、いつも早朝から多くの信者の
方で賑わっています。

160539.jpg

天理教総本部前から石上神宮方面へと進んでいきます。

歩道には山の辺の道のプレートが敷設されています。

160541.jpg

石上神宮の参道に入っていきます。

柿本人麻呂の歌碑の前から鳥居を潜り拝殿へ。

160542.jpg

石上神宮は、桜井から奈良への中間にあり、飛鳥時代の
豪族の物部氏の総氏神として大神神社と同じく日本最古
の神社として有名です。

元々は古来朝廷の武器庫として物部氏が守っていたよう
です。

160543.jpg

石上神宮には沢山の鶏が放し飼いにされています。
鶏は暁を告げる鳥とされ神の使いとして神聖視されて
いることから、人が入れない神域にも自由に出入りして
います。

160544.jpg

石上神宮が山の辺の道のスタートになります。
石上神宮沿いを北に進めば奈良への北山の辺の道に
なりますが、殆どの方が桜井方面へと進まれます。

160545.jpg

石上神宮からしばらく進むと池の前に松尾芭蕉の句碑が
あります。
この辺りが内山永久寺跡になります。

内山永久寺は石上神宮の神宮寺として盛時には50以上の
堂塔を誇った真言宗の大寺院であったようですが、現在は
池だけが跡地に残っているだけになっています。

160546.jpg

内山永久寺跡から柿畑の道をしばらく進みます。

160547.jpg

天理観光農園からみかん畑の横を下り夜都伎神社へ。

この辺りから遠くに二上山、葛城山、金剛山方面が綺麗に
見渡せます。

160548.jpg

夜都伎神社は、この辺りでは珍しい萱葺き屋根の拝殿が
あります。屋根が綺麗に修復されています。

160572.jpg

夜都伎神社前から古い集落の間を進み竹之内環濠集落
へ向かいます。

大和地方で戦国乱世が長く続いたときに自衛のため村の
周囲に環濠を巡らし外敵から村を守ったもので、今でも一部
その名残が残っています。

160549.jpg

大和古墳群を眺めながら、西山塚古墳前を進みます。

古墳の周囲が菅生環濠集落です。

160550.jpg

山の辺の道には野菜や果物の無人販売所が多数あり
ます。
春と秋では並んでいる物が少し違っています。

160551.jpg

念佛寺前から大和神社御旅所前へと進んでいきます。

160552.jpg

大和神社御旅所から松尾芭蕉の歌碑の前を進みます。

160553.jpg

田園地帯を抜け長岳寺への参道へと向かいます。

大門を潜ると背丈より高いつつじの花道が続きます。

160554.jpg

重要文化財に指定されている楼門から境内へ入ります。

160555.jpg

長岳寺は天長元年(824年)に淳和天皇の勅願により弘法
大師によって開基されたと伝えられているようです。

毎年この時期は境内のつつじの花が有名で、関西花の寺第
19番になっています。

残念ながら今年は既につつじの見ごろは終わっていました。

160556.jpg

池の周囲には例年より早くかきつばたの花が見頃になって
いました。

今年はどの花も見頃が早くなっています。

160557.jpg

長岳寺の参道からの天理市トレイルセンターへ。

ここが丁度桜井との中間地点になるため、いつも大勢の
方で賑わっています。

160558.jpg

天理市トレイルセンターから崇神天皇陵横を進みます。

160559.jpg

さらに景行天皇陵横を三輪山方面へと進んで行きます。

160573.jpg

お気に入りのスポット。後方に三輪山が見える最も山の
辺の道らしい所です。
この風景がよくパンフレットの写真になっている所です。

160560.jpg

大和青垣から桧原神社へ。

160561.jpg

大神神社の摂社で元伊勢とも呼ばれ三輪山をご神体と
しています。

この神社は、神殿や拝殿もなく三つの鳥居が建っている
だけの珍しい神社です。

160562.jpg

桧原神社から山道を下り玄賓庵前へ。

160564.jpg

玄賓庵の綺麗な白壁前を通り狭井神社へ向かいます。

160565.jpg

狭井神社も大神神社の摂社で、正式な名前は「狭井坐
大神荒魂神社」です。

160566.jpg

拝殿の左後ろに、この神社の由来になっている御神水の
井戸・狭井があります。

狭井神社境内から三輪山への神体山登拝へ向かう
入口があります。

160567.jpg

神社背後の標高467.1mの三輪山山頂に高宮神社があり、
信仰者の登頂を認めています。社務所に願い出て、住所・
氏名・入山時間・性別を記入し、登拝口で祓いをすませれば、
木綿襷を肩にかけて誰でも登頂できます。
登拝入口に往復2~3時間と表記されています。

何度か登りましたがかなり厳しい登りです。
今回はパスして大神神社へと進みます。

160568.jpg

くすり道を下り大神神社へ。

160569.jpg

大神神社は大和の国の一宮です。

別名三輪神社ともいい、神話にも登場し、大和朝廷の設立
から存在する日本最古の神社と呼ばれる歴史ある神社で、
重要な本殿はなく、背後の三輪山を御神体とする日本古来
の神道の形式が残っている神社です。

160570.jpg

神社横の斜面にはいつも余り見かけない珍しい花の
銀竜草が咲いています。

銀竜草(ギンリョウソウ)

160571.jpg

大神神社から平等寺へと進んでいきます。

160575.jpg

平等寺は東西500m、南北330mの広大な境内に七堂
伽藍と十二坊の大伽藍が建立され、三輪社奥之院として
由緒ある名刹で仏法の根本修行道場として栄えたようです。

160574.jpg

平等寺から山道を下っていくと金屋の石仏があります。

お堂の中には2体の石仏があり、右が釈迦如来像、左が
弥勒菩薩像といわれています。

平安時代後期から鎌倉時代の間に造られたらしく、いず
れも高さ約2m、幅約80cm、厚さ約20cmの石棺の蓋と
見られる泥板岩に柔らかな線で浮き彫りされています。

160576.jpg

金屋の石仏から下り伊勢本街道上ツ道に合流し、海柘
榴市の説明板横から海柘榴市観音堂へ向かいます。

160577.jpg

海柘榴市の設前版から民家の間を進み海柘榴市観音堂へ。

鉄格子越に中を見ると石刻らしき仏像二体が中心にあり
ます。その左右にも仏像らしきものが見えます

160578.jpg

伊勢本街道に戻り進んでいくと古い道標があります。

ここから左へ進む道が伊勢本街道で、初瀬街道へと
つながります。

分岐の石の道標前を通り、大和川沿いに進むと仏教
伝来地の大きな石碑が建っています。

この辺りの海柘榴市は、難波津から大和川を遡行してきた
舟運の最終地で、大和朝廷と交渉を持つ国々の使節が
発着する都の外港として重要な役割を果たようです。

うまいでばしを渡り大和側沿いから桜井駅前へと向かいます。

160579.jpg

最終目的地の近鉄電車桜井駅に到着しました。

約19㎞のウォークでした。


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 奈良大和路

奈良散策・春日大社萬葉植物園から若草山へ

今年も例年通り奈良を散策してきました。

毎年ゴールデンウィークは奈良のマイウォーキングコースを
歩きます。

160496.jpg

今年も近鉄電車奈良駅前からスタート。

160497.jpg

駅前の商店街を通り抜け三条通から猿沢の池へ。

160498.jpg

猿沢の池からは世界遺産の興福寺の五重塔が綺麗に
見えます。
波がなければ水面に五重塔が綺麗に映ります。

160499.jpg

興福寺横から奈良公園内へと進みます。

160500.jpg

鷺池に浮かぶ浮見堂前へ向かいます。
浮身堂が池に綺麗に映っています。

160501.jpg

奈良公園内を進み春日大社の参道に合流します。

160502.jpg

春日大社の参道から今回の目的の一つ、春日大社神苑
萬葉植物園に入ります。(\500円)

160503.jpg

植物園内を進み藤乃園へ入っていきます。

藤は世界遺産春日大社のシンボルにもなっています。

160504.jpg

ここには20品種約200本の藤が植えられていて、毎年丁度
ゴールデンウィークに見頃を迎えます。

数ある品種の中でも、特に麝香藤はいい香りが漂ってい
ます。又九尺の藤は花数も多く見事です。

160505.jpg

萬葉植物園には、藤の花以外にも緑色の桜の花や、黄色の
つばきの花など珍しい花も沢山咲いています。

160506.jpg

藤の花を堪能した後再び春日大社の参道を進みます。

手水舎は奈良らしく鹿の口から水が出ています。

160507.jpg

春日大社は第60次式年造替の年になっています。

160508.jpg

境内には砂ずりの藤があります。

美しい藤の花穂が1m以上垂れ下がり地面の砂を擦るほど
伸びることからこの名前がついていますが、見頃はもう少し
先のようです。

160509.jpg

春日大社から上の禰宜道を進み、柳生街道滝坂の道へと
向かいました。

160510.jpg

柳生街道は奈良町から円成寺までを滝坂の道コース、
円成寺から柳生の里を剣豪の里コースと呼ばれ全長
約21㎞の街道になっています。

160511.jpg

川沿いの石畳の道を登って行くと、石に刻まれた寝仏が
あります。

160516.jpg

寝仏からしばらく進むと、左の斜面の岩に刻まれた夕日
観音があります。かなり上の方の岩に刻まれています。

160513.jpg

さらに川沿いを登って行くと、左の岩場に朝日観音があり
ます。中央が弥勒仏で、両横が地蔵仏のようです。

鎌倉時代に作られたようで先ほどの夕日観音と同じ作者の
ようです。

160514.jpg

休憩所前の分岐点には首切地蔵尊があります。

鎌倉時代の作であるこの地蔵には、荒木又右衛門に試し
斬りされたとの伝説があるようです。

首切地蔵前から左の春日山原始林を登って行きます。

160515.jpg

奥山ドライブウエィに合流し左へ原始林内を進んでいきます。

160517.jpg

奥山ドライブウエィから大原橋渡り鶯の滝方面へと向かい
ます。

700m程坂道を下っていくと左に鶯滝へと下っていく階段が
見えてきます。
階段を下りきったところが鶯の滝です。

160518.jpg

高さ8mほどの小さな滝で、水の落ちる音が鶯の鳴く音に
似ているというのでこの名が着いたようです。

160519.jpg

滝の右横の端橋を渡り奥山ドライブウエィへ山道を登って
いきます。

奥山ドライブウエィに合流後花山地蔵の背前を進みます。

160520.jpg

奥山ドライブウエィのアップダウンを進み若草山の山頂へ。

160521.jpg

山頂横の若草山三重目からは、葛城山や金剛山、生駒山
方面が綺麗に見渡せます。

160522.jpg

若草山三重目は標高342mです。

160523.jpg

山頂には鶯塚があり前方後円墳の鶯塚古墳です。
三角点横に鶯陵の石碑が建っていています。

160524.jpg

沢山の鹿さんがいます。

160526.jpg

駐車場横に戻り右の春日山遊歩道を下っていきます。
新緑が鮮やかで綺麗です。

160527.jpg

おみやげ物屋さんの前を進み手向山神社へと進みます。

160528.jpg

手向山神社内を通り抜け三月堂前へ。

160529.jpg

三月堂横から二月堂の舞台へと上がっていきます。

二月堂の舞台舞台から下り白壁の道を大仏殿方面へと
下っていきます。

160530.jpg

白壁の道を下り振返ると二月堂の舞台が綺麗に見えます。

160531.jpg

白壁の道を下り大仏殿前へと向かいます。

この辺りは観光客でごった返しています。

160532.jpg

鏡池に大仏殿が映るお気に入りのスポットです。

160533.jpg

大仏殿前から南大門を潜り興福寺方面へと進んでいきます。
色々な国の言葉が飛び交っています。

160534.jpg

世界遺産興福寺の石碑から北参道を五重塔前へ。

160535.jpg

五重塔前から西国三十三ヶ所観音霊場第9番札所南円堂
前へと進みます。

南円堂前から階段を下り三条通へ。

160536.jpg

三条通を右に進むと中谷堂の前に出ます。
高速持ちつきで最近良くテレビでも紹介されている有名な
お店です。

店前は多く観光客でごった返しています。
丁度高速餅つきをやっているらしく杵の音が聞こえます。

ここでお土産の草もちを購入に近鉄電車奈良駅へと戻り
ました。

約20㎞のウォークでした。
気温はかなり上昇しましたが湿度が低かったので気持ち
よく歩けました。

明日は山の辺の道を歩く予定です。

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 奈良大和路

葛城古道・船宿寺~近鉄電車御所駅

一昨日奈良大和路第4段葛城古道を歩いてきました。

151757.jpg

バスの本数が1日に数本しかないので今回はまず近鉄
電車御所駅からバスでかもきみの湯へ。

南方面のバス停は道路を横断して200m程北に行った所
のためややわかりづらいです。

151754.jpg

奈良交通の新宮行き特急バスに乗車。
このバスは大和八木から新宮行きの日本一長距離の
路線バスとして有名です。→奈良交通HP

151753.jpg

かもきみの湯のバス停から葛城古道とパワースポットを
巡っていきます。

151755.jpg

国道24号線を横断しまずは船宿寺へと進んでいきます。

151756.jpg

船宿寺は高野山真言宗の寺院で山号は醫王山、花の寺
としてツツジの名所として有名です。

151758.jpg

ここから葛城古道を風の森へと登って行きます。

151759.jpg

国道24号線を横断し風の森神社へ。

風の森峠の頂上にあり、志那都比古神社とも言われて
います。

151760.jpg

風の森から金剛山、葛城山方面が綺麗に見渡せます。

ここから高鴨神社へとさらに登って行きます。

151761.jpg

道標に沿って高鴨神社へ向かいます。

151762.jpg

高鴨神社は、全国の鴨(加茂・鴨)と名の付く神社の
総本宮で、弥生中期より祭祀を行う日本最古の神社の
一つのようです。

高鴨神社から菩提寺へと更に急坂を登って行きます。

151763.jpg

菩提寺は、開基、行基、役小角の修行地です。
山門には立派な仁王像があります。

151764.jpg

菩提寺から少し戻って左の山道へと入っていきます。

151766.jpg

山道を登りきり庚申堂の前を高天彦神社へ。

151767.jpg

鶯宿梅の前から杉の大木の間から高天彦神社へ。

151768.jpg

ここが日本神話の舞台になった高天ヶ原の実在の地と
伝えられている場所です。
高天ヶ原は古事記が伝えるところによると、神代に皇祖
神天照大御神が統治していた所で、ここから瓊々杵尊が
日向の高千穂の峰に降臨したとされています。

151769.jpg

高天彦神社から橋本院へと進んでいきます。

151770.jpg

寺縁起によれば、高天寺は南北朝時代に焼き討ちされた
ため、以前あった場所から本尊の十一面観世音菩薩立像
などを移したとされていて、そのときにすぐ傍の池に橋が
あったことから、現在の橋本院という名になったようです。

151774.jpg

橋本院から山道を下り極楽寺へと向かいます。

151775.jpg

獣よけゲートを潜り田園地帯を下っていき極楽寺へ。

151776.jpg

極楽寺は集落の名前にもなっている浄土宗知恩院派の
お寺で、天暦5年(951)に興福寺で名僧の誉れ高かった
一和僧が開いた寺と伝えられています。

極楽寺から更に坂道を下って行きます。

151777.jpg

住吉神社、高城神社、春日神社前を進んで行きます。

151778.jpg

途中、葛城山、金剛山が綺麗に見渡せる所があります。

151779.jpg

葛城酒造、中村家住宅、の前を進み葛城一言主神社の
鳥居を潜って行きます。

151780.jpg

しばらく進むと棚田一面に咲き誇る彼岸花の赤い花が
見えてきます。

151781.jpg

明日香と並ぶ奈良の彼岸花スポットですが、ここ最近は
葛城古道の方がきれいに咲いています。

棚田横から葛城一言主神社へ。

151782.jpg

葛城一言主神社は、願いを一言だけ聞いてくれる「いち
ごんさん」として地元の人から親しまれています。

151783.jpg

葛城一言主神社から九品寺方面へと進んで行きます。
葛城高丘宮跡の石碑前を過ぎると、大和三山が綺麗に
見渡せます。

151784.jpg

九品寺の境内に入り本堂横から裏の坂道を登って行くと
千体地蔵尊があります。

151785.jpg

石仏数は1600体とも1700体といわれていますが、数は
定かではないようです。
また石仏はどれひとつとして同じお顔はないようです。

151786.jpg

九品寺横の広場には一面に彼岸花の花が咲き誇っていて
後方には大和三山も見え絶景です。

151787.jpg

コスモスの花も咲き始めています。
畦道には番水の時計があります。
番水の時計は、中に置かれた時計により当番の方が一定
の時刻になると、用水路の水門を調整し水の流れを変えて
周囲の田んぼに万遍なく水が行き渡るように配水を調整をす
るための時計です。

151788.jpg

田園地帯を進み薬師堂に立ち寄った後六地蔵へと進んで
行きます。
巨石に刻まれた六地蔵前から県道を横断し鴨山口神社へ。

151789.jpg

本殿は春日造桧皮葺(八尺に七尺)であり、拝殿は瓦葺
(五間に二間)であり、本殿に安置されている大日霊貴命
坐像・御霊大神坐像は、国の重要文化財に指定されて
います。

151790.jpg

鴨山口神社から近鉄電車の御所駅へと戻りました。

2015.09.23.葛城古道

今回のコースは散策を含め約20㎞でした。

今年は休日と天候に恵まれたため奈良大和路を堪能
できました。


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 奈良大和路

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキングに参加しています

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2702位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1120位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ