FC2ブログ

国指定史蹟天然記念物 龍河洞へ

10月19日(土) 土佐よさこいツーデー
ウォークのゴール後、国指定史蹟天然
記念物龍河洞に行ってきました。

191019100.jpg

駐車場から探勝口へ上って行きます。

191019101.jpg

路面にはやなせたかしさんデザインの、
龍河洞リューくんのマンホールが設置
されています。

191019102.jpg

探勝口へはエスカレーターで上れます。

191019103.jpg

龍河洞は、日本三大鍾乳洞の一つで、
1億7500万年の悠久の時を刻む洞窟の
ようです。     → 龍河洞

191019104.jpg

龍河洞の説明板があります。  ↑

191019105.jpg

エスカレーターで上った所が洞内への
入口です。

191019106.jpg

右に澄宮殿下御入洞紀念碑があります。

洞内から冷たい風が吹き出してきます。

191019107.jpg

チケットを購入し一般の観光コースに
入って行きます。
別途冒険コースもあるようですが、事前
予約が必要なようです。

191019108.jpg

洞内はかなり狭くまっすぐ立って歩けない
所が数多くあります。

見所はライトアップされ説明板があります。

191019110.jpg
191019109.jpg

洞窟サンゴ(小さい鍾乳石)が天上から
壁一面に広がっています。

191019111.jpg
191019112.jpg

洞内で最も天上が高い場所で、約30m
あるようです。

191019113.jpg
191019114.jpg

中空に浮かぶ白い石の橋です。

191019115.jpg
191019116.jpg

本洞で二番目に大きな滝です。

191019117.jpg

青龍石の表示があります。

191019118.jpg
191019119.jpg

高さ11mで洞内最大の滝です。
龍河洞探索の礎となった記念の場所の
ようです。

191019120.jpg

高僧修行の跡の石碑があります。

191019121.jpg

高僧修行の跡の説明板です。  ↑

191019122.jpg

龍河洞発見の記念碑があります。

191019123.jpg
191019124.jpg

15万年の歳月をかけて水が造り出した
鍾乳石で、高さ11mにもなる天降石と、
6mの絞り幕です。

191019125.jpg

狭い洞内を奥へ進んで行きます。

191019126.jpg
191019127.jpg

上龍河の盆地に大量の雨が降ると、
幕状鍾乳石の奥から勢いよく水が流れ
落ちるようです。

191019128.jpg
191019129.jpg

高さ6m流れる滝の形状になっています。

191019130.jpg
191019131.jpg

高さ6m幅4mの滝状の大鍾乳石です。

191019132.jpg
191019133.jpg

第35代横綱双葉山関が入洞した際に、
おへそを擦りむいたという狭小な通り
道になっています。

191019134.jpg

シャンデリアの表示があります。

191019135.jpg
191019136.jpg

洞内の頂上に向けて登りが続くことから
しんどい坂と名付けられたようです。

191019137.jpg

階段の下には古道が残っています。

191019138.jpg
191019139.jpg

よく見ると似ているように見えます。

191019140.jpg
191019141.jpg

僧侶が居並び読経を行っているように
見える石筍群です。

191019142.jpg
191019143.jpg

入口から80mの頂上部です。

191019144.jpg

頂上部から先が洞内で最大の地下
空間が広がります。

191019145.jpg
191019146.jpg

深さ30mもある先の見えない西本洞へ
通じる穴のようです。

191019147.jpg

壁面にプロジェクションマッピングが
投影されています。

191019148.jpg
191019149.jpg

龍河洞が世界に誇る宝物です。

191019150.jpg

約200年前の弥生式土器で、炭酸カル
シュウムに包まれ化石のように鍾乳洞と
一体化しています。

191019151.jpg
191019152.jpg

七福神が佇んでいるように見える石筍群
です。

191019153.jpg
191019154.jpg

狩猟で得た食べ物を焼くために設けた
炉の跡で、焼き石、炭くず、灰が発見
されたようです。

191019155.jpg
191019156.jpg

石斧、鉄の矢じり、石の鍾、貝殻等が
発見された広間のようです。

弥生文化時代にこの洞窟で生活した
穴居民族の碑があります。

191019157.jpg

洞窟から出て休憩所横から帰り道へ。

191019158.jpg

坂道を下って行きます。

191019159.jpg

途中に龍河洞博物館があります。

191019160.jpg

広範囲の分野にわたる資料研究物が
公開展示されていて、無料で見学する
ことができます。

191019161.jpg

日本鍾乳洞八景の写真があります。

191019162.jpg

山内浩先生の寿像があります。

191019163.jpg

山内浩先生の寿像の説明です。  ↑

191019164.jpg

さらに下って行くと龍河洞珍鳥センターが
あります。
内部には特別天然記念物に指定されて
いる尾長鶏等が飼育されています。

191019170.jpg

尾長鶏です。

191019171.jpg

東天紅です。

191019167.jpg

尾長鶏の絵が飾ってあります。

191019168.jpg

龍河洞珍鳥センターについての  ↑
説明板があります。

191019169.jpg

鳥居を潜り駐車場へと戻って行きます。


二つのブログランキングに参加中です
よろしければバナーのクリックをお願い
いたします ↓↓


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


散歩・ウォーキング

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング 高知

香川県公渕森林公園

4月5日(金)翌日から参加の讃岐うどん
つるつるツーデーウォークに参加する
ため前日より香川県に。

丁度桜が見ごろを迎えていたので公渕
森林公園を散策いたしました。

190405100.jpg

190405101.jpg

公園内には500mの桜並木等があります。

      公渕森林公園

190405102.jpg

桜並木に入って行きます。

190405103.jpg

チューリップも綺麗に咲き始めています。

190405104.jpg

公渕憩の家方面へ進んで行きます。

190405105.jpg

190405106.jpg

公渕憩の家前辺りは桜のトンネルに
なっていて見事です。

190405107.jpg

190405108.jpg

憩の家裏側の広場にも桜が咲き誇って
いて、沢山の方が花見をされています。

190405109.jpg

広場から桜並木を戻って行きます。

190405110.jpg

190405111.jpg

園内には約5,000本の桜のが植えられて
いるようです。

190405112.jpg

城池と公渕池もあり四季色々の花が
植えられている公園です。

1時間弱程公園内を散策いたしました。


ブログランキングに参加中です
よろしければバナーのクリックをお願い
いたします ↓↓


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


散歩・ウォーキング

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 香川

サイクリングで安芸から琴ヶ浜へ

10月20日(土)第14回土佐よさこいツーデー
ウォークのゴール後に、レンタサイクルで
琴ヶ浜までを往復しました。(約22㎞)

自転車は安芸市観光センター等で無料で
借りることができます。

まずは国道55号線を西に向かい人気店の
安芸しらす食堂で昼食です。

181021500.jpg

安芸しらす食堂では新鮮な生しらす等が
いただけます。 → 安芸しらす食堂

181021501.jpg

おすすめメニューの中からどろめ丼セットを
いただきました。

181021502.jpg

どろめはその日に獲れた新鮮な生しらすの
ことです。
これに柚子醤油をかけて食べます。

181021503.jpg

昼食後自転車道を琴ヶ浜へと向かいます。

ここは一昨年のツーデーウォーク初日の
コースです。
一昨年は雨のためいい景色が見れません
でしたのでリベンジです。

またここは四国八十八ヶ所霊場1,400㎞を
歩いて回った懐かしい所でもあります。

181021504.jpg

琴ヶ浜方面へ進んで行きます。

181021505.jpg

自転車道、安芸~高知・香南の表示です。

181021506.jpg

この辺りの自転車道は土佐電鉄の廃線
後を一部利用されています。

土佐電鉄の後免~安芸は昭和49年に
廃止になり、廃線跡に土佐くろしお鉄道が
平成14年に開業しました。

181021507.jpg

穴内恵比寿神社前を進んで行きます。

181021508.jpg

この先上り坂になりますが、電動自転車を
借りたので楽に上って行けます。

181021509.jpg

おへんろさんの為に植えた実のなる木の
お接待木ですどうぞお召し上がりください
と書かれています。
へんろ道らしい光景ですね。

181021510.jpg

赤野休憩所に到着しました。
一旦左の展望台に上がります。

181021511.jpg

展望台には童謡の雨の歌碑があります。

181021512.jpg

屋根上には安芸市の特産品の茄子の
飾りが取付けられています。

181021513.jpg

ここからは足摺岬方面まで見渡すことが
出来ます。
またここは夕日の絶景ポイントのようです。

181021514.jpg

自転車道に戻ります。
高知安芸自転車道の案内板があります。

181021515.jpg

土佐黒潮鉄道の上を下って行きます。

181021516.jpg

安芸市桜浜を進んで行きます。

181021517.jpg

お遍路で歩いた時に立ち寄った懐かしい
休憩所が見えてきました。

181021519.jpg
181021518.jpg

2010年8月に訪れて以来久しぶりですが、
当時と同じようにお人形さん達がいます。

181021520.jpg

土佐黒潮鉄道沿いを進んで行きます。

181021521.jpg

琴ヶ浜沿いに出ます。

181021522.jpg

松林の中を進んで行きます。

181021523.jpg

この辺りは遊歩道にもなっています。

181021524.jpg

芸西村の案内板があります。

181021525.jpg

太平洋が一望できる展望台に上ります。

181021526.jpg

室戸岬方面の眺望です。

181021527.jpg

展望台横にはお龍君枝姉妹像があります。

坂本龍馬の妻お龍と、海援隊士菅野
覚兵衛の妻君枝(起美)姉妹の像です。

ここから来た道を安芸へと戻りました。
往復2時間弱のサイクリングでした。

181021528.jpg

安芸に戻り前日と同じくスーパーで
カツオのたたき等を購入。

スーパーと言っても本格的な藁焼きの
たたきが数多く販売されています。

新鮮なので美味しいですし安いです。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。




theme : 日記
genre : 日記

tag : 高知

四国最南端の足摺岬散策

花へんろ足摺温泉ジョン万ウォーク1日目
のゴール後今年も足摺岬を散策しました。

まずゴールの足摺岬小学校から遊歩道を
白山洞門へと向います。

180217201.jpg

午前中に歩いた遊歩道へと入って行きます。

180217202.jpg

遊歩道の分岐を真直ぐ下ります。

180217203.jpg

足摺岬灯台への分岐から急な階段を
下って行くと白い鳥居が見えてきます。

180217204.jpg

階段の途中の岩場に白山神社の鳥居が
あります。

岩場の上に白山本宮がありますが、危険
なのでこの先は入らないようにと注意書き
があります。

ここららさらに急な階段を下って行きます。

180217205.jpg

階段を下りきると白山洞門の前に出ます。

洞門の上に白山本宮が見えます。

高さ16m、幅17mの大きさがあり、花崗岩
洞門では日本一の規模と言われています。

180217206.jpg

洞門からは次々と荒波が押し寄せてくる
太平洋が見えます。

180217207.jpg

下ってきた階段を上り足摺岬灯台方面
へと遊歩道を進んで行きます。

180217208.jpg

遊歩道を進んで行くと足摺七不思議の
亀石があります。

180217209.jpg
180217210.jpg

足摺岬には九つの足摺七不思議が
あります。  → 足摺の七不思議

180217211.jpg
180217212.jpg

遊歩道を進むと、岩の上に七不思議の
汐の満干手水鉢があります。

180217213.jpg

近くには七不思議の根笹があります。

180217214.jpg

遊歩道を進み足摺七不思議のゆるぎ石へ。

180217215.jpg
180217216.jpg

奥には足摺七不思議不増不滅の手水鉢が
あります。

足摺岬灯台横から太平洋が見渡せる所に
出ます。

180217217.jpg
180217218.jpg

階段を下ると足摺七不思議の亀呼場が
あります。

180217219.jpg
180217220.jpg

すぐ横には足摺七不思議の大師一夜建立
ならずの華表があります。

180217222.jpg

遊歩道に戻り足摺岬灯台前へと進みます。

180217221.jpg

足摺岬灯台は高さが18m、光度46万カンデラ、
光達距離38kmで、大正3年(1914年)に点灯
された国内でも最大級の灯台です。

      足摺岬灯台

遊歩道に戻り展望台方面へ向かいます。

180217223.jpg

足摺七不思議弘法大師の爪書き石が
あります。

180217224.jpg

遊歩道を進むと足摺七不思議地獄の穴が
あります。

180217225.jpg
180217226.jpg

遊歩道に戻り午前中にも立ち寄った
展望台へ。

180217227.jpg

太平洋を見渡せる絶景ポイントです。

ここから四国八十八ヶ所霊場第38番札所
金剛福寺へと進んで行きます。

180217228.jpg

中浜万次郎の銅像があります。

180217229.jpg

横には土佐の偉人の銅像案内図が
あります。 
      土佐の偉人紹介

180217200.jpg

県道27号線に出ると、四国最南端の
案内板があります。

180217230.jpg

四国八十八ヶ所霊場第38番札所金剛福寺
に入って行きます。

180217231.jpg

     第38番札所金剛福寺

37番札所岩本寺から約90㎞の道のりを述べ
3日かけて歩いてきた記憶が蘇ります。

180217232.jpg

山門を潜ると大師亀が迎えてくれます。

弘法大師が海上の不動岩で修行した
時に海亀の背中に乗って海を渡ったという
伝説にちなんだもののようで、願いを念じ
ながら頭をなでると幸福が訪れると言わ
れています。
そのためか頭の部分だけがつるつるに
光っています。

180217233.jpg

境内は四国八十八か所の霊場の中で
もかなり大きな寺院で、120,000㎡を誇る
大道場です。

180217235.jpg

弘法大師さんの像もあります。

180217234.jpg

お遍路さんの邪魔にならないように本堂と
大師堂にお参りし、境内から出ました。

180217236.jpg

37番岩本寺から86.7㎞、39番延光寺まで
二つのルートがありますがかなりの距離
です。
歩き遍路の時、ここから足摺岬を西に回り
土佐清水を経由して、打戻コースの三原
経由で延光寺に進みました。

打戻は足摺岬に向かってきた道を途中まで
戻る辛いコースです。

180217237.jpg

県道27号線を小学校方面へと戻ります。

180217238.jpg

途中白山神社に立ち寄りました。

白山神社は足摺地区の氏神様が祀られて
いるようです。

180217239.jpg

県道27号線を西に進むと万次郎の足湯
があります。

あしずり温泉郷10周年を記念してオープン
した無料の足湯になっています。

この後ホテルに戻り展望テラスから夕陽を
眺めました。

180217240.jpg

日の入りは18:00前です。

太平洋に沈んで行く夕日がきれいに見え
ました。

180217241.jpg
180217242.jpg

運が良ければこの時期だるま夕日が
見れるようです。

冬の空気の棲んだ時期、11月から2月に
かけて見ることができる一種の蜃気楼
現象のようです。 

→ 足摺岬のだるま夕日


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。








theme : ウォーキング
genre : 日記

四国最南端足摺岬を散策

18日(土)花へんろ足摺温泉ジョン万ウォークのゴール後
時間があったので、歩き遍路で訪れて以来の足摺岬を
散策しました。

170218500.jpg

まずは四国八十八ヶ所霊場第38番札所の金剛福寺へ。

37番札所岩本寺から約90㎞の道のりを述べ3日かけて
歩いてきた記憶が蘇ります。

歩き遍路の中で札所の間隔が最も長くつらかったことを
思い出します。

170218501.jpg

山門(仁王門)をくぐり境内へと入って行きます。

境内に入ると大きな石の亀さんが出迎えてくれます。

170218502.jpg

この亀は大師亀で、弘法大師が海上の不動岩で修行した
時に海亀の背中に乗って海を渡ったという伝説にちなんだ
もののようで、願いを念じながら頭をなでると幸福が訪れる
と言われています。
そのためか頭の部分だけがつるつるに光っています。

170218504.jpg

金剛福寺は弘法大師が観音浄土である補陀洛へと
通じる場所であるとして開設されたと言われています。

境内は四国八十八か所の霊場の中でもかなり大きな
寺院で、120,000平方メートルを誇る大道場です。

170218503.jpg

お遍路さんの邪魔にならないように、本堂と大師堂に
お参りし境内から出ました。

金剛福寺から足摺岬展望台へと向かいました。

170218507.jpg

四国最南端足摺岬の案内板~奥へ入ると、中浜万次郎
(ジョン万次郎)の銅像があります。

170218508.jpg

ジョン万次郎は、日本人として初めてアメリカに渡り、
測量や航海術などを学んだ後帰国し、日本の夜明けや
国際交流に多大な功績を残されました。

170218509.jpg

展望台からは太平洋が一望できます。

足摺岬灯台もここから綺麗に見えます。

170218510.jpg

足摺岬には足摺七不思議と言われる、弘法大師にまつ
わる不思議な伝説の場所があります。

170218511.jpg

足摺七不思議のひとつ地獄の穴です。
この穴は灯台下の洞窟(亀の洞)まで、通じていると
言われています。

170218512.jpg

七不思議の二つ目弘法大師の爪書き石です。
この石には「南無阿弥陀佛」の6文字が彫られていて、
弘法大師が爪で彫ったと伝えられています。

遊歩道を進み足摺岬灯台へ。

170218513.jpg

足摺岬灯台は高さが18m、光度200万カンデラ、光達距離
38kmで、大正3年(1914年)に点灯された国内でも最大
級の灯台です。

170218514.jpg

灯台下に、七不思議の大師一夜建立ならずの華表が
あります。

弘法大師が一夜で鳥居を建てようとしたが、天邪鬼が
夜中に鶏の鳴き声を真似したので、石工が夜が明け
たと思い仕事を辞め完成しなかったと云われています。

170218515.jpg

すぐ横には七不思議の亀呼び場があります。

弘法大師がここから亀を呼び、亀の背中に乗って前の
不動岩に渡り、祈祷をされたと云われています。

170218516.jpg

椿の遊歩道を進んで行きます。
残念ながら花はほとんど散ってしまっていました。

170218517.jpg

岩の上に七不思議の4汐の満干手水鉢があります。

170218518.jpg

岩の窪みに溜まった水が潮が満ちると増え、干潮になると
減ると云われています。

170218519.jpg

さらに遊歩道を進むと七不思議亀石があります。

この石は、弘法大師が亀の背中に乗って燈台の前の
海中にある不動岩に渡ったと云われる亀呼場の方向に
向かっています。

七不思議はあと一つゆるぎ石がありますが今回は
この先の白山洞門へと向かいました。

170218520.jpg

遊歩道から急勾配の階段を下って行きます。

170218521.jpg

階段途中の岩場に白山神社の鳥居があります。

岩場の上に白山本宮がありますが、危険なのでこの
先は入らないようにと注意書きがあります。

170218522.jpg

階段を下りきると白山洞門の前に出ます。

洞門の上に白山本宮が見えます。

170218523.jpg

高さ16m、幅17mの大きさがあり、花崗岩洞門では
日本一の規模と言われています。

太平洋の荒波が押し寄せてくる絶景ポイントです。

170218524.jpg

遊歩道を戻り県道27号線に合流すると白山神社が
あります。

170218525.jpg

白山神社は足摺地区の氏神様が祀られているようです。

170218526.jpg

県道27号線を西に進むと万次郎の足湯があります。

あしずり温泉郷10周年を記念してオープンした無料の
足湯になっています。

一旦ホテルに戻った後、ホテルの方に教えてもらった
綺麗な夕日の見える絶景ポイントへ行きました。

170218527.jpg

この日は天気が良、17:50 過ぎからくきれいな夕日が
見れました。

170218528.jpg

170218529.jpg

170218531.jpg

水平線に沈んでいく夕日は絶景でした。

運が良ければこの時期だるま夕日が見れるポイントです。

冬の空気の棲んだ時期、11月から2月にかけて見ることが
できる一種の蜃気楼現象のようです。 
             ↓

        足摺岬のだるま夕日


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村


 

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 四国

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキングに参加しています

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
559位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ