飛騨古川の街並み散策

170827200.jpg

飛騨神岡ツーデーウォーク2日目のゴール後
帰路の途中飛騨古川に立ち寄りました。

170827203.jpg

飛騨市役所の駐車場に車を止めて散策へ。
なんとここの駐車場は観光客用に無料開放
されていました。

まずは飛騨古川まつり会館前へ。

170827201.jpg

管内では国指定重要無形文化財古川祭の
実物祭屋台3台と神輿が展示され、からくり
人形の実演と体験もできるようです。

今回は時間の都合上パスしました。

170827202.jpg

会館横には起し太鼓が展示されています。

ここから白壁土蔵街をしばらく散策しました。

170827204.jpg

石造りの瀬戸川沿いを歩いて行きます。

170827205.jpg

水路には大きな鯉が泳いでいます。

170827206.jpg

円光寺横を進んで行きます。

170827207.jpg

飛騨古川の象徴的ともいえる景色が続きます。

170827208.jpg

所々に鯉のえさが販売されています。

水路を泳ぐ鯉は1,000匹ほどいるようです。
鯉に餌をあげるのも散策の楽しみのひとつに
なっているようです。

170827209.jpg

瀬戸川沿いを進んで行きます。

170827210.jpg

突き当たった所に弁財天堂があります。

ここは神田橋公園で、約400年前に造られた
瀬戸川用水路の取水口のようです。

170827211.jpg

すぐ近くには三番曳屋台小屋がありました。

ここから飛騨古川三寺の一つ本光寺へ。

170827212.jpg

本光寺は浄土真宗本願寺派の寺院です。

もとは浄土真宗 東本願寺派のお寺でしたが、
宝永3年(1706年)に西本願寺派に転派した
ようです。

170827213.jpg

総檜造りの本堂は木造建築では飛騨地域で
最大のようです。

境内には小説あゝ野麦峠を記念した文学碑も
建てられています。

170827214.jpg

山門横には親鸞聖人の像があります。

170827215.jpg

弐之町通りから真宗寺へ。

170827216.jpg

真宗寺も浄土真宗本願寺派の寺院です。

170827217.jpg

もとは浄土真宗 東本願寺派のお寺でしたが、
宝永2年(1705年)に西本願寺派に転派した
ようです。

170827218.jpg

本堂の左には輪転蔵経堂があります。

170827219.jpg

真宗寺の近くの飛騨古川さくら物産館前に、
きつね火まつりの詩モニュメントがあります。

170827220.jpg

きつね火まつりは飛騨古川に伝わるきつねの
嫁入りをモチーフにし、古川の街並みを花嫁
行列が巡行するお祭りのようです。

170827221.jpg

壱之町通りへと進んで行きます。

壱之町には国登録有形文化財の渡辺酒造店
と蒲酒造場があります。

170827222.jpg

壱之町通りの蒲酒造場の風景です。

壱之町通りを横断し三寺最後の円光寺へ。

170827223.jpg

円光寺も浄土真宗本願寺派の寺院です。

170827224.jpg

山門は廃城となった増島城から移築された
もので、飛騨市の文化財に指定されています。

170827225.jpg

本堂の両側の妻には、古川の大火から守った
とされる水呼びの亀があります。

毎年1月15日に、本光寺、真宗寺とともに三寺
参りをするようです。

飛騨古川に200年以上も前から続く独特の伝統
風習で、親鸞聖人のご恩を偲び、町内の3つの
寺を詣でるならわしです。
縁結びが叶うおまいりとして全国に知られるよう
になり、恋の御利益があると言うことで沢山の
観光客が訪れるようになったようです。

170827226.jpg

飛騨の匠文化館です。入館料は¥300円ですが
時間がないのでパスしました。

飛騨の匠文化館前には上人塚がありました。

170827228.jpg

古川の町づくりに大きく貢献したとされる快存
上人の墳墓です。

170827227.jpg

上人塚の前にはさざれ石があります。
石灰質角礫岩で岐阜県の天然記念物になって
いるようです。

さざれ石は日本全国で見られますが、石灰質
角礫岩とよばれる石で、日本では滋賀・岐阜県
境の伊吹山が主要産地のようです。

散策の最後は公園前の岡田屋さんへ。

170827229.jpg

入り口には映画君の名はのポスターが貼って
あります。

岡田屋さんでは、五平餅や飛騨牛串焼きなどを
食べることができます。

170827230.jpg

飛騨牛の串焼きをいただきました。

注文してから特製のたれで店主が丁寧に焼き
上げてくれるため5分ほどかかります。

1時間30分ほどの散策でしたがもう少し時間を
かけてゆっくり歩いてみたい街ですね。


にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村  ←ランキング参加中です。よろしければクリックをお願いいたします。

theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング

伊豆下田爪木崎水仙まつりへ

7日(土)下田水仙ツーデーマーチを早くゴールしたので、
爪木崎の水仙まつりの会場は行ってきました。

170108400.jpg

8日は天気が悪そうなので晴れている間に見学することに。

ツーデーの会場から約6㎞、車で15分ほどで行けました。

170108401.jpg

駐車場横から下って行きます。
会場への入場料は無料です。

170108402.jpg

斜面にもたくさんの水仙が咲いています。

170108403.jpg

水仙まつりの木製ゲートをくぐります。

170108404.jpg

まずは爪木崎灯台へと上って行きます。
この辺りはアロエの花が綺麗に咲いています。

170108405.jpg

須崎半島の東南端の岬にある灯台です。

170108406.jpg

ここからは伊豆諸島が見渡せる絶景ポイントです。

灯台から折り返し300万本の水仙の群生地へと下ります。

170108407.jpg

ここは野水仙の群生地になっています。

170108408.jpg

斜面一面に水仙が咲いています。

170108409.jpg

ここからしばし遊歩道を散策しました。

170108410.jpg

170108411.jpg

爪木崎公園の水仙は、例年1月上旬~2月上旬頃に見頃を
迎えるようです。

170108412.jpg

170108413.jpg

まだつぼみもたくさん残っています。

170108414.jpg

アロエの赤い花と白い水仙の花のマッチングはいいですね。

170108415.jpg

170108416.jpg

斜面に日が当たる午前中の方が綺麗のではないでしょうか。

170108417.jpg

近くには爪木崎花園と温室もあり、温室内にはブーゲン
ビリアの花が綺麗に咲いていました。

ツーデー二日目は天気も悪かったので綺麗な水仙の花を
事前に見れてよかったです。


にほんブログ村



theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング 東海

世界遺産白川郷を散策

飛騨神岡ツーデーウォーク初日のゴール後白川郷へ行って
きました。

161097.jpg

14:00過ぎに着きましたが駐車場に車を停めるまで30分
以上かかりました。

161098.jpg

せせらぎ公園駐車場から庄川沿いを出会い橋へ。

161099.jpg

まずは出会い橋を渡り合掌造り集落へと向かいます。

161100.jpg

エリアが広いので全て見て回るのには時間が足りません。

161101.jpg

稲穂の実る田んぼと合掌造りはいいですね。

161102.jpg

県の重要文化財に指定されている明善寺の鐘楼門は、
寄棟造、2階建で茅葺き屋根になっています。

161104.jpg

明善寺本堂。

161106.jpg

明善寺庫裡郷土館は、荻町合掌造り集落の中でも最大
規模の5階建て合掌造りで、県の重要文化財です。

161107.jpg

民宿になっている所も沢山あります。

161108.jpg

東通を進みます。

161109.jpg

161110.jpg

161111.jpg

東通から城山天守閣展望台へ。

161112.jpg

展望台からは白川郷の集落が一望できます。

161113.jpg

展望台から下り国の重要文化財にしていされてい和田屋の
前へ。

萩町合掌集落で最大規模を誇る合掌造りです。

161114.jpg

現在も住居として活用されていて、1階と2階部分が一般に
公開されています。

161115.jpg

本通りを進みます。

161116.jpg

161117.jpg

萩町公園休憩所から駐車場方面へと戻ります。

161118.jpg

雲行きが怪しくなってきたので、であい橋を渡り駐車場へと
戻りました。

駆け足で回りましたがゆっくり見て回るのには半日以上は
必要ですね。



theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 岐阜

飛騨高山散策

8月22日(土)第13回飛騨神岡ツーデーウォーク1日目が
早くゴールできたので高山のホテルに戻り市内を散策。

過去に高山には何度か来ていますが久しぶりの散策
になります。それでも15年ぶりくらいかな・・・。

151510.jpg

高山といえばさるぼぼですね。あちらこちらに飾れれて
います。

飛騨弁で赤ちゃんのことを”ぼぼ”と言い、”さるぼぼ”
は猿の赤ん坊という意味です。
災いが去る(猿)、家内円(猿)満になるなど、縁起の
良い物とされ、お守りとしても使われています。

関西では奈良に行くと同じように赤い庚申さんの身代
申が吊るされています。 → 奈良町身代わり申

151511.jpg

まずは駅前の観光センターに立ち寄り地図をいただき
ました。
外国からの観光客の方も大勢いらっしゃいます。

昼食がまだだったので駅前で高山らーめんを食べました。

151512.jpg

麺は平打ちで細く、縮れが強い麺ですね。

腹ごしらえをすませ古い町並みの上三之町へと向い
ました。

151513.jpg

しばらく古い町並みの上三之町を散策しました。

151514.jpg

地酒の店や飛騨牛など見所いっぱいです。

ひときわ行列のできている店を2件発見。
これは飛騨牛の握りずしの店です。

151515.jpg

ステーキなら地元神戸には世界に誇る神戸牛があり
ますが握りずしはいただけないので行列に並びました。

2件ありましたが良くわからないので行列の長い方の
店に並びました。

151516.jpg

3貫900円の三種盛をいただきました。

151517.jpg

牛肉の握りずしは久しぶりに味わいます。
肉質5等級の最高ランクの飛騨牛のようです。

151518.jpg

マグロの大トロのように油がこってりしていて絶品です。

飛騨牛の握りずしを堪能した後もしばらく上三之町
散策しました。

151519.jpg

上三之町は多くの観光客でごった返しています。

151520.jpg

お土産に赤カブを購入。以前よりも種類が豊富になって
いました。

151521.jpg

上三之町から二丁目商店街を進み高山祭屋台会館
方面へ進んで行きます。

151522.jpg

二丁目商店街を通り抜け豊明台組保存区域へ。

151523.jpg

日下部民藝館や吉島家住宅等の古い町並みから
桜山八幡宮へ。

151524.jpg

桜山八幡宮の鳥居を潜ると高山祭屋台会館があり
ます。

151525.jpg

何度か高山は散策しましたが屋台会館に初めて入館
しました。

151526.jpg

高山祭屋台会館には、高山祭の実物屋台が常設展示
されています。 → 高山祭屋台会館

151527.jpg

高山祭屋台会館見学後桜山八幡宮の境内へ。

151529.jpg

桜山八幡宮の秋の例祭は、春の日枝神社の例祭と
ともに高山祭として知られ、国の重要無形民俗文化財
に指定されています。

151528.jpg

桜山八幡宮から高山駅前方面へと戻って行きます。

途中あちらこちらに高山祭りのポスターが貼られて
います。

年2回行われる高山祭は、春と秋では祭を行う神社や
地域も屋台も全く違うようです。
春は日枝神社、秋は桜山八幡宮の例祭になっています。

151530.jpg

神馬台の屋台小屋前を進み駅前へと戻りました。

15年ぶりくらいの高山散策でしたが、上三之町等の
古い町並みは変わっていませんんでした。

ただ以前より外国人の観光客がかなり増えたように
思われましたが・・・。



theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : ウォーキング 岐阜

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2掲示板

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
703位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ