高野山上壇上伽藍から奥之院へ

九度山から壇上伽藍までの続きで奥之院へ。

161820.jpg

中門を潜り金堂・根本大塔前へ。

161821.jpg

ここで金堂と根本大塔のご朱印をいただきました。

161823.jpg

金堂のご朱印。

161822.jpg

根本大塔のご朱印。

161824.jpg

愛染堂前から奥之院まで36基の町石があります。
ここが奥之院側の1町石になります。

161825.jpg

壇上伽藍から蛇腹道へ。

161826.jpg

大伽藍の蛇腹道を進んでいきます。

まだ青い葉が残っています。

161827.jpg

蛇腹道を通り抜け高野山真言宗総本山の金剛峰寺へ。

161828.jpg

金剛峯寺の名称は、もとは高野山一山の総称です。
全国3,600ヶ寺に及ぶ高野山真言宗の総本山です。 

161829.jpg

金剛峯寺のご朱印をいただきました。

161830.jpg

金剛峯寺から奥之院へ向かう途中胡麻豆腐を購入する
ため濱田屋に立寄りました。

高野山のごま豆腐といえばこの店がTVでも紹介される
創業百数十年の老舗の超有名店です。
胡麻豆腐は鮮度が命と生にこだわり保冷容器を持たない
お客には持ち帰りを許さない徹底ぶりで、保冷剤も有料で
用意されています。帰宅時間に応じて保冷剤の大きさも
違うようです。

161831.jpg

奥之院へ向かう途中恵光院に立寄りました。

161832.jpg

一の橋から奥之院への参道へと入っていきます。

161833.jpg

何度きてもこの光景には圧倒されます。

戦国の武将のお墓などが立ち並ぶ参道を中の橋へ。

中の橋を渡ると汗かき地蔵尊があります。

161834.jpg

汗かき地蔵尊前では外国人観光客の方が説明を受けて
います。

汗かき地蔵は世の中の人々の苦しみを一身に受けて
身代わりになっていることでいつも汗をかいていると伝え
られています。

汗かき地蔵尊の横には姿見の井戸があります。

161837.jpg

この井戸を覗きこんで自分の顔が映らなければ三年以内に
死んでしまうと言われているのだとか。ちょっと怖いですね。

こわごわ覗きました。無事顔が映っていました。

さらに参道を進み御廟橋へ。

161835.jpg

ここから先奥の院は写真撮影禁止です。

奥之院に訪れたことがきっかけで四国八十八ヶ所霊場を
歩くことを決意した所です。

この日も沢山のお遍路さんがお礼参りにこられていました。

161838.jpg

奥之院にお参り後ご朱印をいただきます。

161839.jpg

奥之院のご朱印です。
四国八十八ヶ所を歩いた後は納経帖にいただきました。

161836.jpg

奥之院から一の橋方面へと戻る途中英霊殿前に立ち寄り
ました。

ここはよくパンフレットなどに掲載される紅葉スポットです。

161840.jpg

帰りは中の橋バス停前から一の橋へと車道横を戻ります。

161841.jpg

一の橋に戻り千手院橋から女人堂へと向かいます。

161842.jpg

一乗院、本覚院前を進みます。

161843.jpg

警察署前から南院前を進みます。

161844.jpg

金輪塔、西室院前から坂道を登り女人堂へ。

161845.jpg

高野七口の一つ、不動口に現存する女人堂です。
かつて七口すべてにあった女人堂は現在ここだけ残って
います。
女人堂は、高野山が女人禁制だったころに、女性が真言を
ひと晩中唱えていた場所です。

161846.jpg

女人堂から南海電車の極楽橋駅へ不動坂を下ります。

この道は高野街道として女人堂へと向かう道です。
途中復元された旧道との分岐がありますが今回はコン
クリートの道を下ります。

161847.jpg

清不動堂前から少し下ったところにも旧道との分岐があり
ますがここも時間の都合上真直ぐ下って行きます。

再び旧道と合流後下って行くとケーブルが見えてきます。

161848.jpg

ケーブル下を潜りさらに下って行くと朱色の極楽橋が
見えてきます。

極楽橋を渡り南海電車の駅へと向かいました。

161850.jpg

予想通り帰りの電車はラッシュ並みの超満員でした。
橋本までの30分ほどは座れませんでした。

来年の高野山ツーデーマーチの日程も今の所未定に
なっていますが開催されれば宿坊に泊まって参加したい
ですね。

九度山から奥之院経由で約32㎞の行程でした。

161106150.jpg

今回のGPSの軌跡です。クリックすれば拡大します。


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 高野山

高野山上から極楽橋へ

25日(日)高野山ツーデーマーチのゴール後金剛峯寺へ。

152159.jpg

昨日と比べると混雑はややましになりました。

152160.jpg

金剛峯寺は高野山真言宗総本山です。

152161.jpg

今年もツーデーマーチのゼッケンを提示すれば無料で拝観
できました。

金剛峯寺の名称は、弘法大師空海が命名し、高野山一山の
総称であったようです。

境内には襖絵や綺麗な中庭など見所がいっぱいです。

詳細はHPで→高野山真言宗総本山金剛峯寺

152162.jpg

152163.jpg

152164.jpg

金剛峯寺から昨日訪れた壇上伽藍に立ち寄りました。

152165.jpg

日差しを浴びて紅葉が綺麗です。

壇上伽藍から不動坂口の女人堂へと向かいます。

152167.jpg

高野七口の一つ、不動口に現存する女人堂です。
かつて七口すべてにあった女人堂は現在ここだけ残って
います。
女人堂は、高野山が女人禁制だったころに、女性が真言を
ひと晩中唱えていた場所です。

152166.jpg

女人堂から南海電車の極楽橋駅へ不動坂を下ります。

この道は高野街道として女人堂へと向かう道です。
現在も西高野街道から女人堂まで里程石が残っています。

高野街道を歩いた時のHPです→高野街道

152168.jpg

不動坂の入口です。ここから極楽橋まで下っていきます。
ここは本日の20㎞のコースの一部です。
そのため矢張りがまだ残っています。

152170.jpg

この辺りで数年前に熊が目撃されたとのことです。
それ以来あちらこちらに熊に注意の案内があります。
外国人観光客も多いので英語でも表記されています。

152171.jpg

清不動堂前から少し下ると最近復元された旧道との
分岐になります。
ツーデーのコースは旧道ですが真直ぐ下って行きます。

再び旧道と合流後下って行くとケーブルが見えてきます。

152172.jpg

丁度ケーブルカーが下ってきました。
車内は予想通り満員です。

ケーブル下を潜りさらに下って行くと朱色の極楽橋が
見えてきます。

152173.jpg

極楽橋を渡り南海電車の駅へと向かいました。

152174.jpg

今年も2日間高野山を気持ちよく歩けました。
紅葉の見ごろは1週間ほど早かったようですが、天候に
恵まれ充実した2日間でした。

152175.jpg

15:40発の特急天空に乗車して橋本へと向かいました。

後ろ2両は座席指定の有料ですが前2両は無料の一般
車両になります。

と言うことで橋本まではラッシュ並みの混雑でした。


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : ウォーキング

高野山上散策・壇上伽藍から奥の院へ

24日(土)ツーデーマーチのゴール後ウォーキング仲間と
一緒に高野山上を散策しました。
まずは高野山大学から壇上伽藍へと向かいました。

152104.jpg

大伽藍の蛇腹道を進んでいきます。

152105.jpg

ここは紅葉が綺麗な所ですが、今年はやや遅れている
ようです。

152106.jpg

既に真っ赤に紅葉している木もありました。

152107_20151026230052b5a.jpg

愛染堂前を進みます。ここには奥の院への一町石があります。

152108.jpg

ツーデーのゼッケン提示で無料で入れる根本大塔前へ。
しかし拝観に長蛇の列ができています。

152109.jpg

毎年すんなり拝観できるのですがやはり1200年祭で
多くの観光客の方が訪れているからでしょうか。

152110.jpg

新しく再建された中門から金堂前も観光客でごった返して
います。

152111.jpg

金堂と御影堂の中間に瑞垣で囲まれた三鈷の松があり
ます。

152112.jpg

弘法大師が唐より真言密教をひろめるに日本へ向けて
三鈷杵と呼ばれる法具を投げたところ、この松に三鈷杵が
引っかかっていたそうです。
その松は三鈷杵と同じく三葉の松であり、「三鈷の松」と
してまつられるようになり、現在では参詣者の方々が、
縁起物として松の葉の落ち葉を持ち帰り、お守りとして
大切にされています。

この日は人が多く見つけることができませんでしたが、
翌日訪れてみると風が強かったので沢山落ちていました。

152113.jpg

壇上伽藍からお土産物やさんや宿坊が立ち並ぶ道を
奥の院へと向かいます。

152114.jpg

一の橋から奥の院の参道へと入っていきます。

ここはすでに綺麗に紅葉しています。

152115.jpg

戦国の武将のお墓などが立ち並ぶ参道を中の橋へ。

152116.jpg

中の橋を渡ると汗かき地蔵尊があります。
汗かき地蔵は世の中の人々の苦しみを一身に受けて
身代わりになっていることでいつも汗をかいていると伝え
られています。

汗かき地蔵尊の横には姿見の井戸があります。

152117.jpg

この井戸を覗きこんで自分の顔が映らなければ三年以内に
死んでしまうと言われているのだとか。ちょっと怖いですね。

こわごわ覗きました。無事顔が映っていました。

奥の院の参道をさらに進み豊臣家の墓所に立ち寄りました。

152118.jpg

豊臣家の墓所は、他の墓に比べ石塔はそれほど大きくは
ありませんが、敷地は一番広いように思います。

参道に戻り御廟橋前へと進んで行きます。

152119.jpg

御廟橋から先は写真は写せません。

弘法大師御廟にお参り後御廟橋を渡り納経所前へ。

152120.jpg

ウォーキング仲間さんも四国を歩いて回られた方で最後の
納経所です。

私が四国八十八ヶ所を歩くきっかけになったのも弘法大師
御廟を訪れたことからでした。

奥の院の参道を戻り英霊殿前へ。

152121.jpg

ここの紅葉が一番綺麗な所ですが見ごろはもう少し先の
ようです。

帰りは企業のお墓が並ぶ所から中の橋バス停前へ。

ここから一の橋へと車道横を進んで行きます。

一の橋から宿泊地の金剛三昧院へと向かいました。

152122.jpg

熊野古道小辺路のスタート地点が金剛三昧院の入口です。

152123.jpg

金剛三昧院は、北条政子が夫・源頼朝と息子・実朝の菩提を
弔うために建立した歴史のあるお寺です。

高野山宿坊では国宝を所有する唯一の寺院です。

152124.jpg

山門を潜ると左に国宝の多宝塔があります。

152125.jpg

正面には本堂があります。

152126.jpg

さらに室町時代に活躍した小栗宗丹が描いた重要
文化財の襖絵があります。
大広間の襖と壁面を合わせて14面にわたって描かれて
います。

宿坊の夜は早く17:30から夕食になります。
野菜や豆類、穀類を使った精進料理は絶品です。

152127.jpg

翌日は6:30よりの朝のお勤めに参加しました。

152128.jpg

朝食後ツーデーマーチ2日目のスタート地点、高野山大学へ
向かいました。

2日目のコースの詳細は後日投稿いたします。


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : ウォーキング 高野山

高野山上から極楽橋へ

第9回世界遺産高野山ツーデーマーチの2日目を早くゴール
できたので、高野山上を散策しながら極楽橋へと下リました。

まずはお土産に胡麻豆腐を買い求めました。

高野山には濱田屋と森下商店があります。濱田屋さんの
方が老舗のようですが、ややお手ごろ価格で購入できる
観光協会近くの森下商店へ。
店内では沢山の方が購入するのに並ばれています。

141446.jpg

濱田屋さんは生の胡麻豆腐しか売っていませんが、森下商店
では真空パックも販売されています
しかし味わうならやっぱり生がおいしいです。但し生は人気の
ため14時頃に売り切れることがよくあります。
生は8個入りと6個入りの生の胡麻豆腐がありますがいつも8個
入りから売り切れます。

141447.jpg

8個入りと6個入りの生の胡麻豆腐を購入できました。

ここから紅葉を見ながら不動坂口の女人堂へと向かいました。

141448.jpg

常夜燈の前を右へ進んでいきます。

141450.jpg

一乗院前を進んでいきます。桜の木が綺麗に紅葉しています。

141451.jpg

普門院横の紅葉です。紅葉がきれいに色づいています。

141452.jpg

本王院前の紅葉も綺麗に色づいてきています。

141453.jpg


本覚院はこれからといったところですが、緑と赤が混じって
綺麗です。

141454.jpg

波切不動前です。こちらの紅葉はまだ先ですね。

141455.jpg

ゼッケン提示で入れる徳川家霊台に立寄りました。

寛永20年(1643年)に三代将軍・家光によって建立された
ものです。

141456.jpg

一重宝形造りの建物が二つ並んでいて向かって右が東照宮
家康公霊舎、左が台徳院秀忠公霊舎となっています。

ここから不動坂口の女人堂へと坂道を登って行きます。

141457.jpg

女人堂前からから高野山方面を眺めるとこうなります。

弘法大師信仰の広まりとともに、人々の参拝が盛んになり
高野山へ通じる七つの道が高野七口と呼ばれました。

明治5年まで高野山は女人禁制であったため女性は高野山
へは入れず、七口の各入口に女人堂が建てられていました。
その七つのうち唯一現存しているのが不動坂口の女人堂
です。

141458.jpg

七つの女人堂を結ぶ道は高野山女人道と言われ、八葉蓮華
の峰々をめぐりながら、女性たちは大師御廟に手を合わせた
と言われています。

女人堂前から不動坂へと進んでいきます。この坂は高野街道
を河内長野から進んでくると最終の坂道になります。

141459.jpg

今回はここを極楽橋へと下っていきますが、最近熊が目撃さ
れたとのことで注意書きがありました。

ここは本日のツーデーマーチの20㎞コースだったので大丈夫
かな・・・。

141460.jpg

清不動前を下り左の山道へと入っていきます。ここが昔の
不動坂になります。

20㎞コースの矢印が残っていますが、いかにも熊が出そう
ですね。

141461.jpg

南無大師遍照金剛が刻まれた寛政年間の古い道標が残っ
ています。

141462.jpg

右 かみやまきのを?  いせ  京 大坂 となっています。

141463.jpg

新の不動坂に合流しコンクリートの道を下ります。ケーブルの
下を潜りさらに下っていくと朱色の極楽橋が見えてきます。

141464.jpg

極楽橋を渡り最終目的地の南海電車極楽橋駅へ。

141465.jpg

ホームには特急電車のこうやと天空が停まっていました。

141466.jpg



theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 高野山

高野山上・壇上伽藍から奥の院へ

高野山ツーデーマーチゴール後宿坊に泊まるまでの時間が
あったのでしばらく高野山上を散策しました。

ツーデーマーチのゼッケン提示で無料拝観できる所が沢山
あります。

まずは壇上伽藍方面へと向かいました。

141383.jpg

壇上伽藍には、金堂や根本大塔など見所いっぱいの建物が
並んでいます。

141384.jpg

紅葉もかなり進んできています。見頃は来週の連休中かな。

141385.jpg

141396.jpg

愛染堂前には奥の院側の一町石があります。

141397.jpg

根本大塔はゼッケン提示で無料で入れました。
靴を脱いで内部に入ります。、中央には胎蔵界大日如来像、
四方に金剛界四仏が安置されています。

141390.jpg

根本大塔裏には高野山開創にゆかりの「三鈷の松」があり
ます。松葉は3本に分かれています。

金堂前では中門が再建中でまもなく完成予定のようです。

141398.jpg

壇上伽藍から高野山真言宗の総本山金剛峯寺へ向かい
ました。全国3600カ寺に及ぶ高野山真言宗総本山です。

141399.jpg

金剛峯寺の名称はもとは高野山一山の総称で、ここは青巌寺
と呼ばれていました。
1593年(文禄2)、豊臣秀吉が亡母の菩提寺として
建立、1863年(文久3)に再建され明治になり寺号を金剛峯寺と
改め、総本山が置かれました。

141400.jpg

ここもゼッケン提示で内部を拝観できますが、ココはパスして
奥の院方面へと向かいました。

141401.jpg

お土産物やさんや宿坊が立ち並ぶ道を一の橋へ。

141402.jpg

一の橋から奥の院へと進んでいきます。ここはすでに綺麗に
紅葉しています。

141403.jpg

戦国の武将のお墓などが立ち並ぶ参道を中の橋へ。

141404.jpg

中の橋を渡りさらに奥の院の参道を進んでいきます。

141405.jpg

奥之院弘法大師御廟(ごびょう)に一番近い橋を「御廟橋」と
いい、「ごびょうのはし」とは読まずに、古来より「みみょうの
はし」と呼ばれているようです。

ここからは撮影禁止で脱帽して進んでいきます。

四国八十八ヶ所霊場を歩くきっかけになった弘法大師御廟に
お参り後参道を戻ります。

途中例年紅葉が綺麗な英霊殿前へと向かいました。

141406.jpg

紅葉は見頃が近付いていて綺麗でした。高野山の紅葉を
紹介するパンフレットによく掲載されている所です。

141407.jpg

英霊殿から一の橋へ戻り今夜の宿泊予定の金剛三味院へ。

141408.jpg

国宝・多宝塔をはじめ、重要文化財の経蔵、四所明神社など、
数々の歴史的文化財を擁しており、高野山の世界遺産登録に
あたっては、根幹となる寺院として重要な役割を果たしたようで、
本堂横には世界遺産登録証があります。

朝のご住職の話では、3枚のうちの1枚で、高野山の役場と
総本山金剛峯寺にあとの2枚があるようです。

141411.jpg

部屋には温水トイレやお湯の出る洗面化粧台も設置されて
いました。もちろんテレビもありますよ。

141412.jpg

これも最近ミシュランガイドに高野山が三ツ星で掲載された
からでしょうか。 → わかやま観光情報

確かにヨーロッパ系の外国の方が多数高野山上を訪れて
いました。

入浴後はお待ちかねの精進料理です。お酒類も飲めます。
お寺の夜は早く5:45からの夕食になります。
僧侶により手際よくお膳を準備されていきます。

141413.jpg

何度食べてもおいしいですね。特に護摩豆腐は絶品です。
護摩豆腐の入った器の蓋を取り忘れていましたね。

夕食時に参拝記念のお札と捻珠をいただきました。

141414.jpg

さすがに夜になると気温が下がります。部屋は既に暖房が
入っています

朝は6:30から本堂横にてお勤め。沢山のお遍路さんがいらっ
しゃいました。
この姿を見ると四国を歩いた光景を思い出します。再び四国を
歩きたくなりました。

約50分ほど朝のお勤めとご住職のお話しを聞きました。
この間に布団を片付け朝食の準備がされています。

朝食後は境内を散策し、2日目のスタート会場の高野山大学へ
向かいました。

141409.jpg

141410.jpg

141416.jpg

141415.jpg

2日目も素晴らしい天気です。気持ちよく歩けそうです。
詳細は後日整理して投稿いたします。

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2掲示板

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
703位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ