京都トレイル西山コース・清滝から上桂

26日(土)北山西部コースの清滝から西山コースを続けて
歩きました。

150777.jpg

13:35 清滝からスタート。愛宕神社の鳥居前を進みます。

150778.jpg

渡猿橋を渡り右に曲がると西山コース1番の道標があり
ます。ここから下り川沿いを歩き清滝橋を渡り2番道標前へ。

150780.jpg

ここから川沿いの道をしばらく進んで行きますが、岩肌場の
上を歩く所が多くあるので慎重に進みます。

150781.jpg

小さな橋を渡り3番道標前を進んでいくと右に小さな滝が
あります。

150782.jpg

川沿いを進み4番道標前から川を渡ります。

150783.jpg

コースは5-1番道標から六丁峠へと向かいますが、一旦
落合いトンネルを抜けて5-2番道標前から保津川の河川
敷に下りて行きます。

150784.jpg

5‐1番道標に戻り六丁峠へと車道を登って行きます。
アスファルトのややきつい登り坂になります。

150785.jpg

かなり登ってきました。はるか下に保津川が見えます。
きつい登り坂の終点が6番道標の六丁峠になります。

150786.jpg

標高約170mの六丁峠です。落合からの高低差は約100m。
ここから嵐山へと下っていきます。

150787.jpg

七番道標前の緩やかな坂道を下り、嵯峨鳥居本8番道標
前をあだし野念仏寺前へと進みます。

気候もよいのでゆっくり散策したい所ですが時間の都合上
先へと進みます。

150788.jpg

この辺りから急に観光客の方が多くなってきました。

150789.jpg

9番、10番道標前から11番道標から二尊院前を進みます。

150790.jpg

二尊院前から竹薮の道方面へと進みます。

12番道標前を右に曲がり、常寂光院前を左に進みます。
常寂光院前が13番道標になります。

150791.jpg

常寂光院前に観光客を乗せた人力車が止まっています。
14番道標前からトロッコ嵐山駅横を進み竹薮の道へ。

150792.jpg

大河内山荘前を進み15番道標前へ。

150793.jpg

16番道標から嵐山公園内を展望台方面へと登って行きます。

150794.jpg

展望台方面へと登りますが、時間の都合上展望台には
寄らず17番道標前から左へ下ります。

18番、19番前を下り、保津川沿いの20番道標前へ。

150795.jpg

保津川沿いを進み21番道標から渡月橋を渡ります。

150796.jpg

渡月橋を渡り切り22番道標前を左へ曲がります。
23番道標から24番道標の阪急電車嵐山駅前へ。

150797.jpg

阪急電車嵐山駅前から25番道標前を左に曲がり、26番
道標から右松尾山への山道を登って行きます。

150799.jpg

27番、28番、29番、30番、31番道標前を登って行くと
分岐点があります。

150798.jpg

ここから真直ぐ進んでもいいのですが、32番道標前から
松尾山山頂へと登って行きました。

150800.jpg

32番道標前の右側を登って行きます。

150801.jpg

33番、34番道標前を登り松尾山山頂へ。

150802.jpg

35番道標前が標高275.8mの松尾山山頂です。
地図上は235mになっていますが・・・。
いずれにせよ高低差約j200mを一気に登ってきました。

36番、37番道標前から分岐点の32番道標前へ下ります。

32番道標前から38番、39番、40番、41番、42番道標
前のアップダウンのある道を進み43番道標へ。

150803.jpg

43番道標前からは一気に下っていきます。

150804.jpg

京都の市街地が綺麗に見えるポイントがあります。

44番、45番、46番、47番、48番、49番へと一気に下ります。

150805.jpg

竹薮の道になった所に50番道標があります。
ここを下りきったところが西山コースの最終51番道標に
なります。

西芳寺(苔寺)の横を進み竹の寺地蔵院方面へ向かいます。

150806.jpg

地蔵院前から最終ゴールの阪急電車上桂駅へ。

150807.jpg

16:35 上桂駅に到着。西山コースは3時間の完歩でした。

二ノ瀬から北山西部・西山コースは約7時間30分で完歩。
地図上では計約33㎞ですが、歩数計、GPSからすると
約35㎞でした。

今回のコースですが、電車にあわてて乗車したので電源を
切り忘れたため桂駅までになってしまいました。 ↓

2015.04.26.京都トレイル二ノ瀬~上桂

今回写した写真です→ 2015.04.26.京都トレイル・清滝~上桂
                

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 京都トレイル

京都トレイル北山コース西部・二ノ瀬から清滝

26日(土)京都トレイルの続きで北山コースの西部を歩いて
きました。

150747.jpg

まずは叡山電鉄に乗車して前回の修了地点二ノ瀬駅へ。

150748.jpg

天気も良かったので沢山のハイカーが下車されました。

9:00に駅前から北山コース西部の基点46番道標前へ。
民家の間を47番道標へ下り叡山電鉄を越えて48番前を
進んでいきます。

150750.jpg

東守谷神社・西富士神社前49番道標から山道を登って
行きます。

150751.jpg

しばらく厳しい登りの連続になります。

150752.jpg

小さな橋を渡り夜泣峠へと急坂を登って行きます。

旧ルートとの分岐点に50‐1番道標があります。

150753.jpg

この辺りが標高375mの夜泣峠になります。
二ノ瀬から高低差約200mを一気に登ってきました。
ここからさらに左の道を向山へと登って行きます。

150754.jpg

50‐1番、50‐2番、50‐3番、51‐1番、51‐2番道標前を
登って行くと向山に着きます。

150755.jpg

51‐3番道標が向山の頂上で標高420mになります。

150756.jpg

51‐4番道標から52‐1番、52‐2番、52‐3番道標前を
下っていきます。

150757.jpg

52‐3番道標前から比叡山方面が綺麗に見渡せます。

150758.jpg

さらに、53‐1番、53‐2番、54‐1番、54‐2番、54‐3番
道標前を下っていきます。

150759.jpg

川沿いの54‐4道標前を進み55番道標から車道を横断し
56番道標から再び山道を登って行きます。

150760.jpg

57番、58番道標前を登って行き、盗人谷一の橋を渡ります。

150761.jpg

59番、60番道標前を進み盗人谷二の橋前に着きましたが
橋はなくなって迂回ルートになっていました。

さらに登って行くと盗人谷三の橋があります。
朽ちた旧の橋の上に新しい橋が設置されていますが
かなり隙間があるので慎重に渡っていきます。

150762.jpg

61番道標前から坂道を登り切った62番道標の所が標高
395mの小峠になります。
一旦130mまで下ったので約260m登ってきました。

63番、64番道標前から氷室町へと下っていきます。
ここからしばらくは舗装路を進んでいきます。

150763.jpg

大きなお地蔵さんの前65番道標前を進んでいきます。

66番道標から急な坂道を登り標高450mの城山下峠から
67‐1番道標前まで下っていきます。

150764.jpg

67‐1番道標が分岐点で右67‐2番道標方面と直進方向
68番道標への分岐です。
このコースはトイレがないので右に進むと市民トイレがある
ようですが、68番方向へと進みました。

150765.jpg

68番道標前から京都市内が見渡せます。
ここから右の山道へと入っていきます。69番道標前を進み
京見山荘前の70番道標で右ルートと合流します。

150766.jpg

71番道標から72番、73番、74番、75番、76番道標へと
緩やかな道を下っていきます。
76番道標が標高350mの上ノ水峠です。

150767.jpg

77番、78番、79番道標前の歩きやすい道を進みます。

150768.jpg

80番道標前が沢ノ池です。
沢ノ池は、江戸時代にため池として築かれたそうです。

沢ノ池横を進み81番道標から仏栗峠へと登って行きます。

150769.jpg

82番道標が標高410mの標仏栗峠になります。
ここから83番、84番、85番へと一気に下っていきますが、
かなり急な厳しい下り坂の連続になります。

150770.jpg

86番道標から林道に合流し高尾へと下っていきます。

150771.jpg

林道を下りきった87番道標前白雲橋前を左に進み、88番
道標前から右西明寺方面へと進んでいきます。

150772.jpg

西明寺前を進みます。この辺りは紅葉で有名な所ですが
新緑のこの時期もいいですね。

さすがにここは沢山の観光客の方で賑わっています。

150773.jpg

高尾の89番、90番道標前を進んで清滝川へと下ります。

150774.jpg

清滝川沿いを下り91番道標を超えると潜没橋が見えて
きます。
潜没橋を渡りさらに川沿いを下っていきます。
岩場がそのままの所もあるので滑らないように慎重に
進んでいきます。

150775.jpg

一旦川沿いから離れ92番道標から93番道標へと小さな
峠を越えていきます。

京都トレイルのきれいな説明板前から最終の清滝へと
下っていきます。

150776.jpg

13:35 北山コース西部の最終94番道標清滝に到着
しました。
ここまで約20㎞(地図上)4時間35分での完歩でした。

今回写した写真です→2015.04.26.京都トレイル・二ノ瀬~清滝

ここからさらに西山コースを上桂まで歩きました。
西山コースの詳細は後日投稿いたします。
      

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 京都トレイル

京都トレイル北山コース東部・大原から二ノ瀬

24日(土)大原からの続きで鞍馬から二ノ瀬へ。

150164.jpg

13:00 大原の戸寺町から再スタートしました。
24番道標横に北山コースの案内図があります。

150165.jpg

25番道標から高野川を渡り26‐1番、26‐2番道標に沿って
高野川横を進んでいきます。

150166.jpg

高野川から宮川沿いを進むと一の橋の所に27番道標が
あります。横には寂光院道の石標もあります。

東海自然歩道と重なっているので東海自然歩道の道標も
数多くありわかり易い道です。

150167.jpg

お地蔵さんの前を進んで行くと、西之村霊神之碑があります。
説明版には、『大原の里には「おつう」の悲しい伝説がある。
その中で、蛇身となったおつうが退治されたあと里人が頭を
「乙が森」に 尾を「花尻の森」に そして胴をこの地に埋めて
霊を鎮めたという。』となっています

150168.jpg

江文神社の鳥居横を28番道標へと進んでいきます。

150169.jpg

28番道標横には江文神社の石標と東海自然歩道の
案内板があります。

28番道標前を進み29番道標から左、江文峠へと進みます。

150170.jpg

くまに注意!の標識前から山道に入って行きます。
山道をしばらく登り30番道標の所で車道に出ます。

150171.jpg

車道をしばらく進むと金毘羅大権現の石標が見えてきます。

150172.jpg

ここから車道を横断すると31番道標があります。

150173.jpg

この辺りにも、くまに注意の標識がありますが・・・。

150174.jpg

32番道標からトンネルを潜り33番道標で車道に合流します。

150175.jpg

静原小学校前を進み34番道標から車道を離れ静原の
町並みへ入っていきます。

150176.jpg

ほっとする里静原の案内板前を進んで行きます。
フラワーパーク静原の大きな案内板もあります。

35‐1番道標前を静原神社へと進んでいきます。

150177.jpg

35-2番道標に向かう途中に、愛宕神社の常夜燈があり
ます。

35-2番道標横が静原神社です。
すぐ横には東海自然歩道の案内板もあります。

150178.jpg

東海自然歩道の道標に沿って薬王坂へと進んでいきます。

150179.jpg

36番道標前から東海自然歩道の道標に沿って進みます。

150180.jpg

37番道標前を進み38番道標から薬王坂へと向かいます。
途中静原ハイキングマップの案内板があります。

150181.jpg

39‐1番道標から39‐2番道標へと進んでいきます。
ここから薬王坂へ向かう急な舗装路がしばらく続きます。

150182.jpg

急な舗装路を登り切り薬王坂の山道へと入っていきます。

150183.jpg

薬王坂の途中に弥陀二尊板碑があります。

150189.jpg

薬王坂を登りきると40番道標があります。

薬王坂の説明板によると『昔、伝教大師が鞍馬で薬王
如来の像を造り、比叡山に帰ろうとしてこの坂を越えた時、
薬王がその姿を現したことからこの名がつけられたといわ
れている』 とのことです。

ここから鞍馬方面へと下っていきます。

150190.jpg

41番道標から下っていくと小さな社があります。
ここから一気に薬王坂を鞍馬へと下っていきます。

150191.jpg

薬王坂を下り切った所に八幡神社があります。
八幡神社前に42番道標があります。
東海自然歩道の道標では二ノ瀬まで2.3㎞になっています。

150192.jpg

東海自然歩道の案内板から43番道標前を鞍馬寺方面へ
進んでいきます。

150193.jpg

鞍馬寺の仁王門前から二ノ瀬へと進んでいきます。
43番道標以降46番道標まで途中の道標はありません。

150194.jpg

由岐神社御旅所前から貴船神社の鳥居前へと車道を
下って行きます。

さらに車道を下り北山コース東部の終わりの46番道標へ。

150195.jpg

46番道標です。ここから先が北山コースの西部になります。

今回はここで修了して叡山電鉄の二ノ瀬駅へと向かいました。

150196.jpg

次回はここから北山コースの西部を歩きます。

150197.jpg

15:05 叡山電鉄二ノ瀬駅に到着しました。
ケーブル比叡から約18㎞4時間30分での完歩。修学院から
約25㎞6時間での完でした。

今回歩いた修学院から二ノ瀬までのGPSログです↓

2015.01.24.京都トレイル③

大原から鞍馬、二ノ瀬までの写真です↓
2015.01.24.京都トレイル・大原~二ノ瀬


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 京都トレイル

京都トレイル北山コース東部・ケーブル比叡から大原

24日(土)京都トレイル北山コース東部のスタート。

ケーブル比叡駅前が北山コースのスタート地点です。
10:30ケーブル比叡駅前からスタートしました。

150132.jpg

北山コース1番の道標前から進んでいきます。
道標横の案内板は東山コースの案内になります。

150133.jpg

雪の残った道を進んでいきます。途中に北山コースの
案内板がありますがかなり傷んできています。

2番道標からスキー場跡を進んで行きます。3番道標から
4番道標に向かうと眺望が開け見晴らしのいい所に出ます。
ここからは大原方面が綺麗に見渡せます。

150134.jpg

京都へ二里半の石標が近くにあります。
4番道標から5番道標へと下っていきます。この辺りが
滋賀県との県境になります。

150135.jpg

6番道標前の橋を渡ると7番道標前に山王院堂があります。

150136.jpg

山王院堂前から浄土院へと石段を下って行きます。
かなり段差の大きな石段です。

150137.jpg

浄土院前には西塔の案内図があります。

150138.jpg

浄土院の境内は雪が残っていて綺麗です。

150139.jpg

8番道標横を右に下り椿堂前から9-1番道標へ。

150140.jpg

9-1番道標前が釈迦堂になります。
東塔から北へ1㎞程離れた西塔の中心が釈迦堂で西塔の
本堂にあたります。

150141.jpg

9‐2番道標前を少し登ると10‐1番道標の先にドライブウエィを
潜るトンネルがあります。

150142.jpg

ドライブウエィ下のトンネルを潜り10‐2番道標から県境を
しばらく進んでいきます。

この先、元三大師道の石標がいくつかあります。

150143.jpg

県境のアップダウンの道を進んでいきます。

150144.jpg

元三大師道是より三二丁の大きな石標前から、11-1番、
11-2番道標前を進み玉体杉へ。

150145.jpg

回峰行者が唯一座って休憩できる場所で、京都御所に
向かってお祈りする場所のようです。
玉体杉前からは北山方面の町並みが綺麗に見渡せます。

150146.jpg

玉体杉前から一旦下っていきます。下りきった鞍部の所が
峰辻で12番道標があります。

ここからが横高山への急登になります。

150147.jpg

木の根道の急坂をしばらく登って行きます。

150148.jpg

急坂を登りきった所が標高767mの横高山山頂です。
すぐ近くに13番道標があります。

150151.jpg

横高山から下っていきます。この辺りはかなり雪が残って
います。
14番から15番道標へと下っていきます。

150152.jpg

15番道標から鞍部に出ると再び急な木の根道になります。

150153.jpg

急坂を上りきった所が標高794.1mの水井山山頂です。
山頂には16-1番道標があります。
北山コースの中で最も標高が高い所になります。

ここからしばらく急な坂道を下っていきます。

150159.jpg

16-2番道標からさらに急坂になります。

150155.jpg

16-3番、16‐4番道標前を一気に下っていきます。

150156.jpg

17番道標で横川からの道と合流後仰木峠へと向かいます。

150157.jpg

18番道標が標高573mの仰木峠になります。
卯木峠は、京都大原の里と滋賀卯木の里を結ぶ峠です。

150160.jpg

19番道標と東海自然歩道の道標の間を左へと下って
いきます。かなり急な下り坂がしばらく続きます。

150161.jpg

20番道標を過ぎると小さな橋が見えてきます。橋を渡った
所が21番道標になります。

150162.jpg

ここからはやや平坦な道になり歩きやすくなります。
川沿いの道を進んで行くと旧若狭街道の案内板があります。

日本海で獲れた浜塩の鯖など海産物を京都へと運ぶ街道で
あったようで、鯖街道とも呼ばれているようです。

獣よけゲートを潜り大原の里へ向かいます。

150163.jpg

ようやく民家が見えてきました。
22番道標から23番道標前を進み国道367号線戸寺へ。

150164.jpg

13:00戸寺に到着。ケーブル比叡から2時間半でした。
叡山電鉄修学院からは約4時間で比叡山を越えてきました。

ケーブル比叡から大原までの写真です↓
2015.01.24.京都トレイル・ケーブル比叡~大原

この先さらに鞍馬から叡山電鉄の二ノ瀬まで歩きました。

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 京都トレイル

京都トレイル② 蹴上~叡山ケーブル比叡

昨日京都トレイル東山コースの続きを歩きました。

9:35 前回修了地点の地下鉄東西線蹴上駅前からスタート。

140965.jpg

東山30-2番の道標からねじりマンポを通り抜け、31番を右へ
進みます。

公園横を登って行くと蹴上インクラインが見えてきます。

140966.jpg

蹴上インクラインは、全長約582mの世界最長の傾斜鉄道で、
急斜面の琵琶湖疏水の高低差約36メートルを利用して船を
運航するために敷設されたものです。

32番道標から疎水を渡り日向大神宮へと進みます。

140967.jpg

日向大神宮は京都最古の神社の一つで、伊勢神宮と同じ
天照大御神が祀られていて、社殿は神明造の内宮、外宮が
あり「京の伊勢」として親しまれています。

日向大神宮の境内を抜けていくルートもありますが、今回は
33-1番道標から旧道のルートへと進みました。

140968.jpg

石段を登り東山34番の道標を左へ曲がります。右伊勢神宮
遥拝所の札が吊ってあります。

140969.jpg

この辺りから急な坂道がしばらく続きます。

140970.jpg

岩盤の道を登り東山35番から36番の道標を進みます。
この辺りが東山三十六峰の神明山のようです。

東山37番の道標から急坂を右に下っていくと日向大神宮
境内からの新ルートとの合流地点で、東山38番・39番の
道標があります。

ここが七福思案処と呼ばれ、複雑に道が分岐しています。
道が七つに分岐していることから思案したからとも言われて
いるようです。

東山40番を過ぎると道が平坦になり歩きやすくなります。

41番から42番へ向かう途中左側の眺望が開け京都市内が
一望できます。

140971.jpg

平安神宮の朱色の鳥居も見えます。

140972.jpg

43-2番道標から右へ下り44-1・44-2番へと進みます。
左へ進んで行くと東山45番道標が見えてきます。

140973.jpg

ここをまっすぐ進めば大文字山の山頂に立寄れますが、今回は
左へ進み46番に向かいました。

杉木立の道を下っていきますがこの辺りから道がやや荒れて
歩きづらくなってきます。倒木もそのままになっています。

しばらく下っていくと46番道標が見えてきます。
横には俊寛僧都忠誠之碑が建てられています。

140974.jpg

俊寛僧都忠誠之碑前から急勾配の下り坂になります。
途中岩肌にロープが取り付けられた所もあります。

急坂を下っていく途中に楼門の滝があります。

140975.jpg

楼門の滝から苔むした石段を下り川沿いの道を下っていきます。

東山47-1番を過ぎると山道を抜けます。47-2番道標から
舗装路を進みます。すぐ近くに波切り不動尊があります。

140978.jpg

東山48番の道標、霊鑑寺前を右に進みます。

140976.jpg

49番道標を左へと下ると哲学の道に合流します。

140977.jpg

東山50番道標を右へ曲がりしばらく哲学の道を進んでいきます。

東山51番道標で銀閣寺からの道に合流し左へ進みます。
52番道標から右浄土寺橋を渡り右の民家の間を斜め左へ
進みます。

140979.jpg

しばらく民家の間を進み52-2番道標から55番道標へと進んで
行きます。

55番道標前日本パブテスト病院横の北白川史跡と自然の
道へと入っていきます。ここからが比叡山への登山道に
なります。

140980.jpg

登山道に入り56-1番道標から大山祇神社への参道を進み
境内を通り抜けて56-2番前の沢道を進みます。

東山57-1番道標から道は二つに分岐します。
正面の川沿いを進むコースが新ルートで瓜生山経由で60番へ。
今回はここから右へ進み旧ルートを登って行きました。

140981.jpg

この辺りからやや天候が不安定になり雨が降り出してきました。

急斜面の道を登り58番道標前からしばらく沢筋を進みます。
この辺りは緩やかな道に変わります。59番道標から左へ進み
急坂を登った所が東山60番道標で、瓜生山経由の新ルートとの
合流地点です。

140982.jpg

東山61番道標前を進みます。ここから右に進むとみはらし台の
ようですが先に進みます。

62番から63番道標をへと緩やかな道を進みます。

140983.jpg

64番・65番・66番道標前を進んでいきますが雨のため登山道が
ぬかるんできました。
それでも沢山のトレイルランの方が追い越していかれます。

坂道を登りきった所に石鳥居があります。

140984.jpg

石の鳥居横から67番の道標横を下っていきます。

140986.jpg

かなり急な下り坂です。せっかくここまで登ってきたのに下る
のは・・・。

140989.jpg

音羽川を渡りますが飛び石が水に水没しています。

140987.jpg

この先68番道標から69番道標へ再び沢越えの道になります。

140988.jpg

69番道標近くには南北朝時代の遺跡水飲対陣跡の碑が
あります。

右へ進みますがここから厳しい山道になります。

厳しい山道を、東山70番・71番・72番の道標前を進み73-1
番の道標前へ。
ここからまっすぐ進めば近道のようですが右の道を進みます。

140991.jpg

73-2番道標から73-3番道標前を登って行くとやどり地蔵尊の
前に出ます。

この先が京都トレイル東山コースの最終地点叡山ケーブル
比叡駅です。

東山コースの最終74番道標前から京都市内が見渡せます。

141042.jpg

14:25にケーブル比叡駅に到着。4時間50分の完歩でした。

141043.jpg

叡山ケーブル比叡駅前に東山コースの地図があります。
近くにこの先進んで行く北山コース1番の道標もあります。

140993.jpg

今回はここから叡山ケーブル、叡山鉄道を利用して出町柳へ。

140994.jpg

今回歩いたコースです。最初日向大神宮辺りをウロウロしま
したので約15.5㎞でした ↓

2014.08.30.京都トレイル②

今回写した写真です→京都トレイル②




theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 京都トレイル トレッキング

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

閲覧者数   (2011.10.30∼)

k&n健康ウォーキング  掲示板

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
2939位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1113位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ