伊勢参宮街道・伊勢本街道(伊勢神宮外宮~内宮)

伊勢神宮外宮からの続きです。

バスターミナル前から内宮方面へと進んでいきます。

13775.jpg

保育園横を左に進むと濱田國松邸跡があります。
国会で腹切り問答で知られる人のようです。

13776.jpg

しばらく進んでいくと小田の橋があります。小田の橋は、勢田川に
架かる、外宮と内宮を結ぶ参宮街道の間の山と言われた古市にある
小山の入口にある橋です。川の横には説明板があります。

13778.jpg

ここからしばらく坂道を登っていきます。

13779.jpg

案内板に沿って坂道を登りきり進んでいくと、伊勢古市参宮街道
資料館があります。
参宮街道や江戸と上方の役者の登竜門でもあった伊勢歌舞伎。日本の
三大妓楼のひとつとして著名であった古市妓楼などの関係資料が展示
されています

13780.jpg

資料館前を進み下り坂に差しかかる手前に大きな常夜灯が二基並んで
建っています。
これは両宮常夜灯と呼ばれ、夜間の参宮人を監視するために灯されて
いたようです。

13781.jpg

坂道を下りきり左に曲がると猿田彦神社前に出ます。

13782.jpg

猿田彦大神は、物事の最初に御出現され万事最も良い方へおみちびき
になるみちひらきの大神で、家業繁栄、交通安全などに厚い信仰が
あるようです。

猿田彦神社前から内宮へと向かいます。お祓い町は混雑するため、
国道23号線を進んでいきます。

10分ほど進むと五十鈴川手前の鳥居が見えてきます。

皇大神宮(内宮)は皇室の御祖神である天照大御神をお祀りしています。

13783.jpg

五十鈴川に架かる宇治橋を渡って内宮の参道へと進んでいきます。
外宮よりはるかに多い参拝客でごった返しています。

13784.jpg

広い参道を進み火除橋を渡り一の鳥居へと進みます。

13785.jpg

一の鳥居を潜り五十鈴川の河原に出ます。ここで手を清められる方も
大勢いらっしゃいます。

13786.jpg

参道に戻り二の鳥居を潜り正宮へと進んでいきます。

13787.jpg

現在の正宮手前の新御敷地には新しい正宮の一部が見えます。
手前の建屋も新しく造られています。

13788.jpg

石段を登り正宮にお参りしますが中央は長蛇の列になっています。

13789.jpg

ここから中は撮影できませんが立派な御正殿です。新正殿も二十年後
にはこのようになるのでしょうね。

正宮の裏を進み別宮の荒祭宮へ向かいましたが、拝殿前から長蛇の
列が延々と続いていたためお参りはパスさせていただきました。

13790.jpg

別宮も横に新しく立て替えられているのが見えます。

神楽殿前から火除橋を渡り宇治橋へと参道を戻っていきます。

13791.jpg

宇治橋を渡りお祓い町へと進んでいきます。

13792.jpg

内宮手前のお祓い町は、宇治橋手前から五十鈴川に沿って約800m続く
石畳の町並みで、切妻・入母屋・妻入り様式の町並みです。
沿道には伊勢うどんや手こね寿司などの郷土料理を供する飲食店や、
真珠や伊勢茶などを販売する土産物店が軒を連ねています。

人混みの中を進みおかげ横丁へと入っていきます。

13794.jpg

おかげ横丁は、お蔭参りで賑わった江戸時代末期から明治時代初期の
門前町の町並みを再現しています。

13793.jpg

お祓い町に戻り近鉄電車の五十鈴川駅へと向う途中、別宮の月讀宮へ
お参りしました。

13795.jpg

月讀宮から近鉄電車の五十鈴川駅へ向かい帰路に着きました。

13796.jpg

これで大阪からのおかげ参り(お伊勢参り)の道約170㎞を無事
完歩しました。

13797.jpg

途中からはkazさんのHPの地図を参考にさせて頂きました。
ありがとうございました。 kazさんのHP→伊勢本街道を歩く

今回写した写真です → 2013.07.06.参宮街道

theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 伊勢参宮街道 伊勢本街道

伊勢参宮街道・伊勢本街道(田丸~伊勢神宮外宮)

昨日お伊勢参りの最終、JR参宮線田丸駅から伊勢神宮へと歩いてきま
した。

13760.jpg

駅前には熊野古道出立の町説明板があります。
田丸は熊野街道と伊勢本街道の合流地点で、ここから伊勢神宮まで
参宮街道になります。そのことにより、各街道の交わる要衝地であっ
たためかなり賑わっていたようです。

13761.jpg

説明板の前を左に進むと伊勢まで8㎞の道標があります。
裏側は新宮まで158㎞となっています。

13762.jpg

道標前を右に進み前回修了地点の街道の分岐点前へ向かいます。

13763.jpg

伊勢本街道と熊野街道の合流地点には古い道標があります。
裏側に右さんぐう道?となっています。一番下が埋まっていて正確
には読めませんでした。

ここから参宮道を伊勢神宮外宮・内宮へと進んでいきます。

道標に沿って進んで行くと、武者隠しの石標がります。
田丸は城下町であったため城跡を中心に色々な史跡があります。

13748.jpg

この辺りの参宮街道はほぼまっすぐで迷うことはありません。
しばらく進むと右に常夜灯が見えてきます。

13749.jpg

常夜灯前を進みJR参宮線を越えていくと伊勢まで4㎞の道標があり
ます。いよいよ伊勢神宮が近づいてきました。

宮川に架かるわたらい橋を渡り右へ進んでいきます。

13764.jpg

伊勢神宮外宮まで約1㎞の所に筋向橋があります。

13765.jpg

ここは関西方面からの参宮街道(伊勢本街道)と中部方面からの
参宮街道(伊勢街道)が合流した所でかなり賑わっていたようですが、
今では下を流れる清川が暗渠になっているため、昔を偲び形だけの
欄干がコンクリートで作られています。

筋向橋からすぐ近くに福島みさき大夫邸跡があります。

13766.jpg

ここからしばらく進むと伊勢神宮外宮への北御門口が見えてきます。
豊受大神宮(外宮)は豊受大御神をお祀りしていて、建物やお祭り
はほぼ内宮と同じですが、屋根の千木や鰹木など細部にちがいがある
ようです。

13767.jpg

北御門口から外宮の境内へと入っていきます。
火除橋を渡り北御門口の鳥居を潜り参道を進むと表参道と合流し
ます。表参道からは沢山の方が正宮目指して歩いてこられます。
合流地点から右に進むと、外宮・豊受大神宮の正宮前に出ます。

13768.jpg

正宮の鳥居から先は撮影禁止で。それにしてもすごい人混みです。

13752.jpg

今の社殿を見れるのはあと数ヶ月です。
既に西の御敷地に新社殿が出来上がっているのが見えます。

13753.jpg

塀の前には第六十二回神宮式年遷宮造営工事の説明板があります。

   伊勢神宮式年遷宮広報本部公式ウエブサイト

正宮前から風宮・多賀宮・土宮へ。

13769.jpg

風宮

13770.jpg

多賀宮

13771.jpg

土宮

特に多賀宮は拝殿が狭いためか長蛇の列になっていました。

土宮から表参道を二の鳥居・一の鳥居からせんぐう館前へ。

13772.jpg

13773.jpg

せんぐう館前から火除橋を渡りバスターミナル前へと進みます。

13774.jpg

バスターミナルから最終目的地の内宮までは約4kmです。

内宮への続きは後日投稿いたします。










theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 伊勢参宮街道 伊勢本街道

伊勢参宮街道・伊勢本街道(相可~田丸)

伊勢本街道相可からの続きです。

相可には伊勢本街道と熊野道とが交わる広場があり、2基の道標が建っ
ています。

13589.jpg

13590.jpg

左側の道標には、正面に伊勢本街道・西面に右くまのみち・東面には
すくならはせみちと刻まれています。

右側の道標には、正面にさんぐうみち・右側に右まつさかみち・後ろ
に左くまのみちと刻まれています。

13591.jpg

この道標は、もと相可の渡しから上ってきた前にあったものを、昭和
の末頃にここへ移転されたようです。

道標広場から多気方面へと進んでいくと、おん婆さんがあります。

13592.jpg

JR紀勢線の踏切を渡り進んでいくと、水分社(みくまりの社)が見え
てきます。

13593.jpg

ここには、水分神社と山の神が祀られています。この辺りは昔清水が
湧き出ていて茶店で休む旅人の喉をうるおしたようです。

さらに進んでいくと西池上の常夜灯が見えてきます。

13594.jpg

高さ2.8mで、笠が円形に作られていて裏側に石段が設けられています。

この先道標前の分岐から左側の道を進んでいきます。

13595.jpg

JR参宮線の踏切を渡り田丸方面へと進んでいきます。

工場横を進み左の林の中の道を進んで伏拝坂を登って行きます。

13596.jpg

伏拝坂峠には石灯篭の一部が残っているようです。

13597.jpg

むかし伊勢参りに旅人がここまで来て、お伊勢さんまでの距離を尋
ねたところ、三里山道、五里畷と聞き、これから先の難儀を思い、
参宮するのをあきらめ、東の空を伏し拝んで残念そうに帰ったという
伝説の場所のようです。

山道を抜け田園地帯をしばらく進んでいくと、正念僧・人柱供養碑塚
があります。

13598.jpg

昔正念という老僧が病にかかり農家に宿を求めたが、重い病のため
長期逗留の身となったため、、死期を悟って街道を往来する旅人の
安全を祈って人柱に立ったと言われていて、村人はこれを憐れみ供養
のためにその上に塚を築き碑を建てたようです。

玉城町の中央公民館前を進んでいきます。

13599.jpg

伊勢参宮本街道・大和はせ道の新しく設置された道標があります。

中央公民館前坂道を下ったところが松坂道との交点になります。

13600.jpg

はせ(初瀬)街道の説明板がありますが、ここにあった古い道標は
盗難にあったようで、新しい道標が建てられています。

ここから田丸神社の前へと進んでいきます。

13601.jpg

田丸神社の鳥居の前には大きな常夜灯が建っています。

13607.jpg

紀州藩五十人組同心屋敷跡から玉城橋大門跡前を進んでいくと街道の
分岐点前に出ます。

13602.jpg

ここが伊勢本街道、参宮街道、熊野街道の分岐点になります。

田丸は交通の要衝であったようで、伊勢参宮と、西国三十三ヶ所観音
霊場巡礼のため大変な賑わいであったようです。

13603.jpg

分岐点には古い道標があります。左よしの・くま乃みち・紀州街道。

ここから熊野街道をしばらく進みJR参宮線の田丸駅へと向かいました。

13605.jpg

新宮まで158㎞、伊勢まで8㎞の道標前から田丸駅前へと向かいました。

13606.jpg

16:10 今回の目的地JR参宮線田丸駅に到着しました。

16:19 亀山行きの普通列車に乗車し松阪へ向かい、近鉄電車に
乗換戻ってきました。

今回約27㎞進んだので伊勢神宮内宮まで残り20㎞弱になりました。
次回は田丸駅から街道分岐点に戻り、最終目的地の伊勢神宮を目指し
ます。

今回写した写真の一部です→伊勢本街道③











theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 伊勢参宮街道 伊勢本街道

伊勢参宮街道・伊勢本街道(柿野~相可)

25日(土)に伊勢本街道の続きを歩いてきました。
鶴橋から近鉄電車の特急にて松阪へ。

13571.jpg

まずは駅前から三重交通のバスに乗車して前回終了地点の柿野へ。

13572.jpg

柿野神社にお参り後、神社横から伊勢本街道を進んでいきます。
この辺りは伊勢本街道を示す道標が全くありません。

国道166号線の手前を左へ進んで行くのが伊勢本街道になります。
しばらく旧街道を進んでいくと宝積寺前に出ます。

13573.jpg

宝積寺前から国道166号線に合流すると、旧飯南郵便局局舎があります。

13574.jpg

国道166号線を進み左の旧道へ入りますが、伊勢本街道を示す道標は
ありません。この先も国道から旧道への分岐はありますが道標はあり
ませんでした。

旧道から国道への合流地点手前に旧和歌山街道の小さな木札があり
ました。

13575.jpg

和歌山街道は、和歌山から吉野を経由して伊勢本街道と合流し松阪へ
至る街道です。

13576.jpg

国道を進んでいくと松阪牛のふるさとの案内板があります。

国道から何度か旧道へと入りますがこの辺りも全く道標がありません
ので分かりにくいです。

しばらく進むと国道沿いに大石不動院があります。

13577.jpg

大石不動院は、弘法大師空海上人が開創と伝えられ弘仁3年(812年)に
建立された真言宗のお寺で、ご本尊の不動明王像は、弘法大師が当地を
訪れた時、当地の青石を 刻んで安置したと伝えられている霊験あらた
かな古刹です。

不動院のすぐ横には、天然記念物のムカデランの群落があります。

13578.jpg

高さ30mの絶壁一面に群生しているムカデラン。ムカデのような形状を
しており、樹木の上に着生することが多く岸壁面にこのように多量に
着生しているのは非常に珍しいケースのようです。

国道166号線を進み三重交通の大石バスターミナル横から旧道へ。
ここも道標が無いので注意が必要です。

この先旧道を進み国道166号線を二度横断し県道700号線を左方向へ
進んでいきます。

13579.jpg

下茅原のバス停手前を右に進むと櫛田川に出ます。ここには津留の
渡し場があったようです。

13580.jpg

宮川の渡しとともに渡川の難所であったようで、渡し場の川の中に
はかり岩があり、水量を測る目安とされ水没すると川止めとなった
ようです。

牧泉寺前の水路に下り石仏の前を進んでいきます。

13581.jpg

久しぶりに伊勢本街道を示す指の道標があります。

旧道を進み伊勢自動車道の少し手前に石の道標があります。

13582.jpg

伊勢自動車道の下を潜り県道を進んで行くと仏足跡碑があります。

13583.jpg

仏足跡は釈迦の足跡のことで、仏教が広まった頃に仏像の代わりに
街道を旅した旅人が拝んだようです。

県道から右斜めの旧道へと入っていくと、畑の中に物見の松といぼ
地蔵があります。

13584.jpg

源義経の家臣伊勢三郎義盛が敵の軍勢を松に登って見張ったと言わ
れる伝説の松で、現在五代目の松のようです。
松の下には里人がいぼ落としを祈願したとされるいぼ地蔵があり
ます。

県道に戻り進んで行くと、歯痛に効能があるとされる石造が祀られた
歯痛地蔵があります。

13585.jpg

県道を進んでいくと大きな常夜灯が見えてきます。

13586.jpg

この常夜灯は四疋田の大常夜灯で、高さ5.5mの街道では最大級の
常夜灯です。

さらに県道を進んでいくと、県道を覆うように茂っている大きな木
が見えてきます。

13587.jpg

この木はムクの木でフジの蔓が巻きついています。木の根元には塞神が
祀られています。

13588.jpg

横には、西行法師が伊勢参宮の途中にこの辺りで千鳥の鳴く声を聞き
歌を詠んだと伝えられている歌碑もあります。

この先に相可の道標広場があります。

相可からJR参宮線田丸駅までは後日写真と共に投稿いたします。


theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 伊勢参宮街道 伊勢本街道

伊勢参宮街道・伊勢本街道(奥津~柿野)

伊勢奥津からの続きです。
13:10 伊勢奥津駅前からスタートし、柿野方面へと向いました。

13453_20130505230920.jpg

奥津宿のれん街を進んで行きます。のれん街は約50軒が参加して昔な
がらの屋号を記したのれんをかけています。

13454_20130505230920.jpg

奥津宿を通り抜け国道を横断し標高約484m飼坂峠へと向かいます。

13455_20130505232908.jpg

峠への山道の途中には、首切地蔵や胴切地蔵があります。
二つの地蔵は、飼坂峠に山賊が出没して旅人の命を奪ったと言われて
いて、その供養のために祀られたようです。

飼坂峠には茶屋跡があります。反対側の展望台からは進んでいく多気
宿方面が綺麗に見えます。

13456_20130505233945.jpg

飼坂峠から山道を下りきると多気宿になります。

13457_20130505235019.jpg

坂道を下っていく途中にきぬかけ地蔵尊があります。
「飼坂の下、きぬかけ地蔵と云うあり、夜々赤手拭をかぶりておどる
といふ」と記録があり、長く言い伝えられているようです。

多気宿を進んでいくと大きな石の道標が見えてきます。正面にすぐ
いせ道と刻まれています。

13458.jpg

多気宿は、立川を境に西が「谷町」、東が「町家」と呼ばれていて、
今でも伝統的な旅籠建築等が残っています。
道標の向には、街道最大級とされる高さ4.9mの常夜灯が残されてい
ます。

13459_20130506000333.jpg

さらに多気宿の中を進んでいきます。

13460.jpg

町屋の町並みを通りぬけて国道368号線を櫃坂峠へと登って行きます。

13461.jpg

右いせ・左やまと刻まれた宗田口の道標前を登って行くと松阪市に入っ
て行きます。ここからすぐ先が峠になります。

13467.jpg

ここの地名は「峠」という珍しい峠で、その昔は宿場町として賑わって
いたようですが、現在は廃村となり廃屋が残るのみになっています。
ここから街道は古坂道と分岐しますが、伊勢本街道の櫃坂道を下って
いきます。

13471.jpg

峠を越えて少し下った右側の山道へ入り一気に下っていきます。

13472.jpg

この先で古坂道と合流し仁柿へと進んでいきます。

13473.jpg

途中弘法大師の水と長瀬弘法大師御堂前から仁柿の集落へと進んで
行きます。

13474.jpg

仁柿から横野へと進んで行き今回の最終地点柿野神社へ向かいます。

13570.jpg

材木店横から常夜灯の前を通り川沿いの道へと進んでいきます。

13475.jpg

国道368号線に合流後再び左の旧道に入ると柿野神社まであと少しです。
柿野のバス停の松阪行きのバスの時間が17:36ですので何とか間に合い
ました。

13476.jpg

17:00柿野神社に到着。ここからバス停まではすぐ近くです。

農協跡前から国道368号線に合流し左に進むと三重交通の柿野バス停
です。

13477.jpg

松阪駅行きのバスは1時間に1本程度運行されています。

13478.jpg

17:36松阪駅前行きに乗車しました。

13479.jpg

今回は約40㎞進んだので、これで伊勢神宮まで残り50㎞位になり
ゴールが見えてきました。

今回写した写真の一部です→2013.05.03.伊勢本街道②







theme : ウォーキング
genre : 趣味・実用

tag : 伊勢参宮街道 伊勢本街道

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキングに  参加しています

FC2掲示板

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
703位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ