FC2ブログ

第26回京都五山送り火ウォーク

8月16日(木)今年も五山送り火ウォークに
参加しました。

180816100.jpg

今年で5年連続の参加になります。

180816101.jpg

コースは昨年同様嵐山から、五山送り火の
火床近くを巡る17㎞・25㎞の2コースです。

今回も25㎞コースに参加しました。

180816102.jpg

毎年記念にいただけるバッジも五山が揃い
ました。
今年のバッジは右下の大文字です。

180816103.jpg

阪急電車嵐山駅から会場の嵐山・中ノ島
公園へと向かいます。

丁度降っていた雨が上がったようです。
気温は低くなりましたがかなり蒸し暑い
中のウォークになりそうです。

180816104.jpg

渡月橋横の嵐山中ノ島公園がスタート
会場になります。

既に多くのウォーカーがスタートして行かれ
ます。
観光客が多いので順次スタートの方がいい
かも知れませんが・・・。

180816105.jpg

11:18 出発式が始まりましたが大半の
方がスタートされたのでちょっと寂しい
ですね。
会長の挨拶の後はKMLの大会の㏚です。

180816106.jpg

11:30 17㎞・25㎞共一斉にスタートです。

渡月橋を渡って行きますが悪天候にも
関わらず観光客でごった返しています。

180816107.jpg

嵐山の中心地に入り、世界遺産天竜寺の
前を進みます。→ 世界遺産天龍寺

180816108.jpg

この先竹藪の道へと入って行きます。

180816109.jpg

観光客の大半はアジア系外国人観光客
ですね。色々な言語が飛び交っています。

撮影のため中央に立ち止まる方が多い
のでここはいつも歩きにくいですね。

180816110.jpg

大河内山荘前から常寂光寺へと進んで
いきます。 
ここは映画俳優だった故大河内傳次郎の
邸宅です。  → 大河内山荘

小倉池横を常寂光寺へと進んで行きます。
観光客が多いので加古㏚隊の山ちゃんも
大変です。

180816111.jpg

常寂光寺は日蓮宗の寺院で庭が綺麗な
ことで有名です。 → 常寂光寺

180816112.jpg

常寂光寺前から二尊院へ進んで行きます。
この辺りのコースは京都トレイル西山コース
になっています。
以前歩いた時のブログです → 西山コース

180816113.jpg

二尊院の総門前を進んで行きます。
   → 小倉山 二尊院
百人一首にも詠われた小倉山の麓にある
寺院です。

180816114.jpg

京都トレイルコースを離れ嵯峨釈迦堂へと
進みます。

180816115.jpg

嵯峨釈迦堂で知られる浄土宗古刹の
お寺で正式名称は清涼寺です。
  → 嵯峨釈迦堂 清凉寺

180816116.jpg

境内を通り抜け大覚寺方面へと進んで
行きます

嵯峨豆腐森嘉は長蛇の列になっていま
した。 → 嵯峨豆腐森嘉

180816117.jpg

大覚寺へ進んで行くと、途中五山送り火の
鳥居型火床が見えてきます。

180816118.jpg

     京都五山送り火 鳥居型

180816119.jpg

大覚寺前を大沢池へと進んで行きます。

旧嵯峨御所大覚寺門跡で1200年の歴史を
誇る真言宗大覚寺派大本山の寺院です。
   → 旧嵯峨御所大本山大覚寺

180816120.jpg

大沢池は日本最古の庭池で、中国の
洞庭湖になぞられて造られたことから
庭湖とも呼ばれています。 → 大沢池

180816121.jpg

心経宝塔横から大覚寺の境内を出て
広沢池方面へと進んで行きます。

180816122.jpg

右 ・広沢池・ 御室街道に出づ の道標が
あります。 → 広沢池・御室街道【道標】

左横には、右・遍照寺山の道標と、文徳帝
陵東南二十五町の道標もあります。

180816123.jpg

広沢池の横を進み兒神社前から県道29
号線に出ます。  → 広沢池

180816124.jpg

今年も池の茶屋で宇治金時をいただき
ました。

180816125.jpg

クールダウン後、仁和寺方へと進んで行き
ます。

180816126.jpg

県道を進んで行くと仁和寺の山門が見えて
きます。
仁和寺は真言宗御室派の総本山で世界
遺産に指定されています。 
 → 真言宗御室派 総本山仁和寺

180816129.jpg

仁和寺前からきぬかけの路を金閣寺方面
へと進んで行きます。

きぬかけの路は仁和寺・龍安寺・金閣寺の
三つの世界遺産を巡る全長約2.5Kmの観光
道路になっています。  → きぬかけの路

180816127.jpg

再び観光客が多くなってきました。
龍安寺前のバス停は外国人観光客で長蛇
の列になっていてなかなか先に進めません。

180816128.jpg

金閣寺前を右に曲がり西大路通りへ。
さらに北大路通りへと進んで行きます。

北大路通に入ると左大文字の火床が
見えてきます。

180816130.jpg

   京都五山送り火 左大文字火床

斜面では沢山の方が送り火の準備を
されているのが見えます。

180816131.jpg

北大路通から船岡山公園へと入って
行きます。  → 船岡山
公園入口で漬物とスポーツドリンクをいた
だきました。

応仁永正戦跡船岡山の石碑があります。

180816132.jpg

ここからは鳥居型以外の火床が全て見える
ようですが、前の木が大きくなり見づらく
なっています。

180816133.jpg

船岡山を下ると17㎞コースとの分岐です。

180816134.jpg

北大路通を横断し今宮神社へ向います。
朱色の鳥居がなくなっています。

180816137.jpg

今宮神社の境内へと入って行きます。
     → 今宮神社

京都の「玉の輿神社」と呼ばれて、開運・
良縁にご利益がありパワースポットの
ようです。

180816138.jpg

境内を通り抜けた門前町ではあぶり餅が
有名です。
きな粉をまぶした親指大の餅を竹串に刺し、
炭火で炙ったあとに白味噌のタレをぬった
餅菓子です。

お店は両側に2件あり若干味が違うようです。

180816139.jpg

大宮交通公園前から賀茂川へと進んで
行きます。

上賀茂橋から船形の火床が見えます。

180816140.jpg

     京都五山送り火 船形火床 

180816141.jpg

賀茂川左岸の河川敷をしばらく進みます。

180816142.jpg

賀茂川から上賀茂神社の境内へと入って
行きます。 
正式名称は賀茂別雷神社で世界遺産に
登録されています。  → 上賀茂神社

一の鳥居をくぐり二の鳥居前まで進んで
行きます。

180816143.jpg

境内を流れる楢の小川横を進みます。
御物忌川、御手洗川の2つの川が本殿を
挟む形で流れ、それらが合流して楢の小川
となっています。

180816144.jpg

神社の境内を抜ける明神川となり社家町
横を流れていきます。
この辺りの街並みは国の重要伝統的建造
物群保存地区に選定されています。

180816145.jpg

社家町から太田神社前を進み深泥池方面
へと進んで行きます。
この辺りから雨が落ちてきましたが、何とか
傘をささずに進めそうです。

180816146.jpg

深泥池のドリンクサービスポイントです。
今年も凍らせたスポーツドリンクをいただき
ました。

180816147.jpg

宝ヶ池公園前から北山通りに出ます。
北山通りを進んで行くと、妙・法の火床が
見えてきます。

180816148.jpg
180816149.jpg

    京都五山送り火 妙・法 火床

180816150.jpg

高野川に架かる松ヶ崎橋を渡り高野川の
左岸を下ります。

180816151.jpg

河川敷に下りチェックポイントへ。
ここからゴールまで約2㎞です。
黒い雲が進んできましたが雨もパラパラで
傘をささずに進めそうです。

180816152.jpg

高野川の河川敷を進んで行きます。
亀の飛び石もあります。

180816153.jpg

賀茂川との合流まで0.5㎞の標識を越えると
加茂大橋が見えてきます。

180816154.jpg

加茂大橋を渡り鴨川の右岸の河川敷に
下ります。

大文字山の火床が見えます。

180816155.jpg

    京都五山送り火 大文字火床

今年のゴールは賀茂川の河川敷から京都
府立医科大学体育館前になっていました。

180816156.jpg

16:02 25kmコースをゴールしました。
送り火点火までまだ4時間ほどあるので
毎年ながら見るのは断念。

180816158.jpg

参加者は599名でした。
昨年の751名よりかなり減りました。
天候だけの影響であればいいのですが・・・。

180816157.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。

蒸し暑く厳しいウォークでしたが、心配して
いた雨もぱらつく程度で助かりました。

蒸し暑い中京都府ウォーキング協会の
皆様にはお世話になりました。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。



theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 京都

サマーウォーク・高砂海浜公園

8月5日(日)加古川ウォーキング協会
例会に参加しました。

180805100.jpg

2018年度7月例会(9) 参加者56名
高砂海浜公園10㎞ (一般向け)

180805101.jpg

集合場所は山陽電車高砂駅東側の
公園です。

180805102.jpg

駅前から公園に移動。
木陰では暑さはましですが、この日の良そう
最高気温も35℃です。

180805103.jpg

公園の入口に山陽電車高砂駅の歴史が
記されたプレートがあります。

180805104.jpg

高砂海浜公園へのルートは日陰が無い
ことから、高砂神社を折り返すショート
コースに変更されました。

コース説明、準備体操後スタートしました。

180805105.jpg

しばらく三菱製紙横を進んで行きます。

180805106.jpg

最初の目的地の旧花井家住宅へと
進んで行きます。

180805107.jpg

旧花井家住宅に到着しましたが、まだ
開いていないようなので帰りに立寄る
ことに。

180805108.jpg

花井家は江戸期から昭和初期にかけて
肥料問屋として栄えたようです。
しっくいの壁に虫籠窓が特徴で、国の登録
有形文化財になっていて、現在は県民交流
広場として活用されています。

180805109.jpg

旧花井家住宅のすぐ近くには、松宗蔵が
あります。

180805110.jpg

江戸時代の米蔵を町の活性化の為に
復元された蔵です。
地元の方に内部を説明いただきました。

180805111.jpg

松宗蔵から一旦西方向へ進んで行きます。
銀座商店街の中を通り抜けていきます。

この商店街もシャッターを閉めた店舗が
目立ちます。

180805112.jpg

商店街を通り抜けた所に、旧国鉄高砂駅跡
があります。

国鉄高砂線は加古川-高砂8.0kmを結ぶ
貨物メインの路線でしたが、1984年に廃止
されました。

山陽電車高砂駅前からこの辺りまでに
色々なモニュメントがあるようです。

ここにはディーゼルカーの車輪が1つ
残されています。

180805113.jpg

高砂駅跡からすぐ横の十輪寺へと
入って行きます。 → 十輪寺

180805114.jpg

本堂は県の指定文化財になっています。

180805115.jpg

山門前から申義堂へと進んで行きます。

180805116.jpg
180805117.jpg

申義堂は江戸時代庶民の教育の場として
創設された学問所で、ここに移設され一般
公開されています。  → 申義堂

180805129.jpg
180805130.jpg

地元の方に資料をいただき説明して
いただきました。

180805118.jpg

敷地内にはキリシタン灯籠があります。

180805119.jpg

下部には人物像が刻まれています。

180805206.jpg

魚町の街並みを進んで行きます。

180805121.jpg

三菱の魚町倶楽部前を進んで行きます。

1904年(明治37年)神戸製紙所高砂工場
内にアメリカ人技師長M.J.シェイの居住
施設として建設され、1905年(明治38年)、
社名が三菱製紙所と変わって現在地へ
移築されたようです。

180805122.jpg
180805123.jpg

旧高砂銀行本店の高砂商工会議所前を
進んで行きます。

180805124.jpg

明治初期に建てられた三連の珍しい
三連蔵前を進んで行きます。
県景観形成重要建造物に指定されて
います。

180805125.jpg

本日のメイン目的地工楽松右衛門旧宅
です。無料で一般公開されています。

180805126.jpg
180805127.jpg

工楽松右衛門はわが国の帆布製造の始祖
として知られいます。 → 工楽松右衛門

180805128.jpg

建物内部は風が通り涼しいです。

180805131.jpg

懐かしいラムネが販売されていましたので
いただきました。 100円/1本

180805132.jpg

建物の周囲は舟板が使用されています。

180805133.jpg
180805134.jpg

工楽松右衛門旧宅の前は高砂南堀川の
港遺構があります。

180805135.jpg
180805136.jpg

ここでは、江戸時代に築造された石段の
雁木や石垣が見つかったようです。

180805137.jpg
180805138.jpg

この辺りは江戸時代初期に船着き場として
整備されて運河も造られたようです。

北前船寄港地船主集落が日本遺産に
認定されています。

180805139.jpg

北前船寄港地から高砂神社へと進んで
いきます。

180805140.jpg

高砂 は能の作品の一つで、「高砂や、
この浦舟に帆を上げて、この浦舟に
帆を上げて、月もろともに出で潮の、波の
淡路の島影や、遠く鳴尾の沖過ぎて、
はや住吉に着きにけり、はや住吉に着き
にけり」は、結婚披露宴の定番の一つで、
唄には、夫婦和合の妙の意味があよう
です。

180805141.jpg

境内には相生の松があります。

180805142.jpg

1つの根から雌雄2本の幹をもつ松が境内
に生え、尉(伊弉諾尊)と姥(伊弉冊尊)の
2神が宿る霊松とされ、相生の松と称されて
います。
3代目相生の松は大正13年に天然記念物に
指定されましたが、昭和12年に枯死し、幹が
霊松殿で保存されています。

180805143.jpg

現在は5代目の松が立派な枝を張って
います。

180805144.jpg

11:00過ぎですが、日陰でも35℃近くまで
気温が上昇しています。

高砂神社から本来は高砂海浜公園に
行くコースでしたが、高温のため日陰の
無いコースは危険なのでショートカット
して戻ります。

180805145.jpg

朝一番立ち寄った旧花井家住宅へと
進んで行きます。

180805146.jpg

旧花井家住宅へと入って行きます。

180805147.jpg
180805148.jpg

一般公開されていて県民交流広場として
活用されています。

180805149.jpg

内部は東寄りを通り土間として、西側に
居室を三室ずつ二列配されています。

180805150.jpg

旧花井家住宅からゴールのサンモールへ。

180805152.jpg
180805153.jpg

高砂市のマンホールです。
上は工楽松右衛門旧宅近くにある
高砂市内で唯一のマンホールです。

180805151.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。
市内を右に左に移動したので見にくいかも
知れません。

猛暑のため5㎞弱のショートコースになり
ましたが、見所の多いコースなので逆に
ゆっくり見れてよかったです。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。



theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 加古川ウォーキング協会

第19回一宮七夕ウォーク3日目

一宮七夕ウォークの3日目は一宮駅iビル
3Fからのスタートになります。

180729232.jpg

エスカレーターが動くのを待って3Fへ
上がって行きます。

180729233.jpg

出発式が始まりましたが、深夜に通過
した台風の影響で早朝より電車が動か
なかったためか参加者はかなり少ない様
です。
ちょっと寂しい出発式になりました。

毎年挨拶に来られる一宮市長も行政の
対応で来られないようです。

180729235.jpg

3日目も暑さの影響でコースは短縮に。
20㎞コースの美濃路コースは12㎞になり
ました。

180729234.jpg

出発式の後エスカレーターで1Fに下り
地図を受取りスタートします。

180729236.jpg

コースの前半は地図とは全く違うコースで
折り返し地点の湊屋邸へ向かいます。

駅前から本来のコースは右に進みますが、
今回は左へ。

180729237.jpg

駅前の道路は複雑なので矢張を確認
しながら注意して進みます。

180729238.jpg

八幡通りとの交差点から音羽通りへと
入って行きます。

180729239.jpg

音羽通りを進み音羽3丁目の交差点から
県道18号線を左へ進んで行きます。

180729240.jpg

日光川を渡り、JR東海道本線と名鉄
名古屋本線上の跨線橋を渡ります。

180729241.jpg

県道18号線を進んで行きます。
天気も良くなり青空が見えてきました。

180729242.jpg

変化の無い県道18号線を真直ぐ
進んで行きます。

180729243.jpg

東海北陸自動車道の下を進んで
行きます。

180729244.jpg

県道14号線との交差点を超えて野府川を
渡ります。

180729245.jpg

尾西庁舎北の交差点で県道18号線を
横断し、先の交差点を左へ進みます。

突き当りを右に曲がると折り返し地点の
湊屋邸が見えてきます。

180729246.jpg

湊屋文右衛門邸は、定渡船場で渡し船の
管理、運行を任されていた船庄屋跡です。

ここでチェックインをいただき一宮駅へと
戻って行きます。
後半は昨年のコースと同じで地図通りの
コースになります。

180729247.jpg

来た道を戻り真直ぐ進んで行きます。

180729251.jpg

県道18号線を横断し、三岸節子記念
美術館方面へと進んで行きます。

180729249.jpg

三岸節子記念美術館前を右に曲がり
一宮駅前方面へ向かいます。
 → 三岸節子記念美術館

180729252.jpg

一宮駅5㎞の表示板下を進みます。

180729253.jpg

尾西庁舎南の信号を右に曲がりJA前を
進み先の交差点を左へ曲がります。

180729254.jpg

一宮駅方面へ三條神社前を進んで行き
ます。

180729255.jpg

東海北陸自動車道の下を潜り進んで行き
ます。

180729256.jpg

右の細い住宅地の間を通り抜けます。

180729257.jpg

日光川を渡り一宮駅前へと進んで行き
ます。

180729258.jpg

名鉄百貨店のビルが見えてきます。

180729259.jpg

名鉄一宮駅、JR尾張一宮駅の構内を
通り抜けゴールへ。

180729260.jpg

11:15 12㎞コースをゴールしました。

180729261.jpg

駅前の温度計は33℃になっています。
この後さらに上昇するでしょうね。

180729262.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。

命の危険があると言われる猛暑の中
一宮の皆様にはお世話になりました。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。



theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング大会 一宮

第19回一宮七夕ウォーク2日目

7月28日(土)より、第19回一宮七夕
ウォークに参加しました。

180729200.jpg

前日の夕方に尾張一宮へ向かいました。

180729201.jpg

すでに駅構内から七夕祭りの観光客で
賑わっています。

ホテルに荷物を預けた後七夕祭りの会場
へと向かいました。

180729202.jpg

一宮七夕まつりは、仙台、平塚の七夕
まつりとならび日本の三大七夕まつりの
一つとして称賛されていて、毎年多くの
人出で賑わっているようです。

180729203.jpg

商店街には立派な飾り付けが並んで
いて見ごたえがあります。

180729204.jpg

商店街を通り抜け真清田神社の境内へ。

180729205.jpg

一宮七夕まつりは、織物業が発達したと
言われる一宮市で織物と因縁の深い牽牛・
織女にちなんで開催されているようです。

この日は5㎞のぼんぼりウォークがあり
ますが参加しませんでした。

180729206.jpg

2日目はスタート地点が犬山城なので、
名鉄電車にて岐阜経由で犬山遊園へ。

180729207.jpg

木曽川沿いを犬山城へと進んで行きます。

180729208.jpg

国宝の犬山城天守閣が見えてきます。

昨年は落雷によりシャチホコの片側が
ありませんでしたが修復されていました。

180729209.jpg

今年も厳しい暑さの中全国から多くの
ウォーカーが集っています。

180729212.jpg

この刺しゅうのネーム入りワッペンが
人気です。

180729213.jpg

心配していた台風の影響も殆どなく雨も
心配なさそうです。

180729211.jpg

ここから一宮へ向けて22㎞コースを歩く
予定でしたが。

この日の愛知県の最高気温の予報は
35℃、熱中症の厳重注意になっています。

180729210.jpg

ということで主催者からコース短縮の
お知らせがありました。
全てのコースが途中の扶桑緑地公園
折り返しの9㎞コースになりました。

命の危険にかかわるような異常気象に
より・・・と書かれています。

毎年熱中症で救急搬送される方がいらっ
しゃる大会なので・・・。

今年の異常な高温では仕方ないかも知れ
ませんが一気にテンションが下がりました。

180729214.jpg

10:00 コースマップを受取りスタートしま
した。

180729215.jpg

城下町から木曽川方面へ進んで行きます。

180729216.jpg

県道183号線に合流し木曽川へと進んで
行きます。

180729217.jpg

木曽川沿いの犬山緑地公園へ。

180729218.jpg

木陰の中の犬山緑地公園を進みます。

180729219.jpg

気温はまだ高くないですが台風接近の
影響でしょうかかなり蒸し暑いです。

180729222.jpg

折り返し地点から帰ってこられる方とすれ
違っていきます。

180729220.jpg

扶桑緑地公園に入って行きます。

180729221.jpg

扶桑緑地公園が折り返し地点です。
ここから歩いてきた同じ道を犬山城へと
戻って行きます。

180729223.jpg

同じ道を戻って行くのは変化がなく辛い
ですね。

180729224.jpg

木曽川沿いの犬山緑地公園を進みます。

180729225.jpg

犬山城が遠くに見えてきました。

180729226.jpg

反対側から犬山城を見るのは初めてです。

180729227.jpg

県道183号線に合流し犬山城方面へ
戻って行きます。

180729228.jpg

予想より天気が良くなりかなり暑くなって
きました。

180729229.jpg

城下町を進み11:50 頃犬山城に戻って
来ました。

この気温の高さだと明日も短縮コースに
なるのでしょうか。

180729231.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。



ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。



theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : ウォーキング大会 一宮

サマーウォーク・志方の溜池巡り

7月22日(日)加古川ウォーキング協会
例会に参加しました。

180722100.jpg

2018年度7月例会(8) 参加者83名
志方の溜池巡り12㎞ (一般向け)

180722101.jpg

集合場所は山陽本線JR宝殿駅南側の
公園です。

厳しい暑さの中でも多くのウォーカーが
集っています。

ため池は降水量が少なく、流域の大きな
河川に恵まれない地域で、農業用水を
確保するため人工的に造成された池の
ことです。

全国に約20万ヵ所あるため池の2割
約4万ヵ所が兵庫県下にあります。

今回は加古川市の志方のため池を
巡ります。

180722102.jpg

コース説明、準備体操の後、JR宝殿駅
構内を通り抜け北側に出ます。

180722103.jpg

駅北側の住宅地を通り抜け、県道388
号線を進んで行きます。

180722104.jpg

法華山谷川を渡り県道389号線に合流
した後、左の山裾を進んで行きます。

高御位山へ向かう辻登山口があります。

180722105.jpg

県道388号線に出て左の西山の溜池へ。

180722106.jpg

土手を上りため池の周囲を進んで行き
ます。

ため池には堤で周りを囲み、底を掘り
下げて作られた皿池と、谷の下流側に
堤を作り、川をせき止めるようにして
作られた谷池があります。

と言うことでこの池は皿池ですね。

180722107.jpg

2つのため池の周囲を進んで行きます。

180722108.jpg

高御位神社の参道へと入って行きます。

180722109.jpg

途中に山池があります。

180722110.jpg

成井ため池協議会の説明板があります。

東播磨各地のため池では、地域の貴重な
財産として守り育てていくために、ため池
協議会が設立されています。

180722111.jpg

高御位山の裾野へと上って行きます。

180722112.jpg

登山口の駐車場横で列詰めとトイレ休憩
後登山道をしばらく進んで行きます。

180722113.jpg

登山道に入り口に高御位神社の石碑が
あります。

180722114.jpg

高御位山は標高304mで播磨富士とも
呼ばれています。  → 高御位山

180722115.jpg

高御位山の裾野を小池へと進んで行き
ます。

180722116.jpg

成井ため池協議会の説明板です。

水深が8~9mと深く、急勾配であること
から、すり鉢池とも言われているようです。

180722117.jpg

奥の池の横から小池の土手を上って
行きます。

180722118.jpg

小池は谷の下流側をせき止めて作られた
谷池です。

180722119.jpg

小池からしばらく山道を進んで行きます。

180722120.jpg

山道を通り抜け入住池へと下ります。

180722121.jpg

入住池も谷の下流側をせき止めて作ら
れた谷池ですね。

180722122.jpg

入住池から原大池へと進んで行きます。

日吉神社前で列詰め休憩です。

180722123.jpg

休憩後原大池の土手へと進んで行きます。

180722124.jpg

気温もかなり上昇し陰の無い土手上は
厳しい暑さになってきました。

180722125.jpg

原大池はこの辺りでは最大のため池で、
周囲の山からの水を堰き止めた谷池です。

ここで会員のつながりの、地元水利の方に
円筒分水等について説明いただきました。

180722127.jpg

原大池「桶抜きの儀」は、下流の横大路、
原、成井、氷室、西牧の五ヵ村の安全と
五穀豊穣を祈願する神事のようです。

180722128.jpg

円筒分水による農業用水の分配。

180722126.jpg

取水口のバルブの開度により、下流の
五ヵ村に流れる水量を調整するようです。

180722129.jpg

いなみ野ため池ミュージアムのクリア
ファイルをいただきました。
 → いなみ野ため池ミュージアム

180722130.jpg

珍しいため池カードもいただきました。

180722131.jpg

県道65号線に合流し大池の横を進んで
行きます。

180722132.jpg

県道を横断し大歳神社前へ。

ここで西牧ため池協議会の皆様にて、
冷たい飲み物のおもてなしがありました。

180722133.jpg

写真にて西牧のため池群を説明していた
だきました。

180722134.jpg

さらに西牧地区の概要も説明いただき
ました。

180722135.jpg

近くには西牧村の大庄屋内海敬十郎の
表徳碑があります。

内海敬十郎は、奥の池の大改修などを
手掛けたようです。

180722136.jpg

県道388号線を横断し、犬立池へと進んで
行きます。

蓮の花が綺麗に咲いていました。

180722137.jpg

犬立池には、池の水を生活に利用する
ための洗い場があったようです。

180722138.jpg

西牧ため池協議会の説明板があります。

180722139.jpg

県道388号線に合流して宝殿駅方面へ
戻って行きます。

180722140.jpg

気温が上昇し日差しもきつくなって厳しい
ウォークになってきました。

手持ちの温度計は37℃を超えていました。

180722141.jpg

列詰め休憩後宝殿駅へ方面と進んで
行きます。

180722142.jpg

当初予定のコースから外れ、県道515号
線に合流後JR宝殿駅へ。

180722143.jpg

予定より約1時間遅れてJR宝殿駅に到着
しました。

180722144.jpg

GPSの奇跡です↑クリックで拡大します。

危険な暑さと言われる中のウォークは
流石に厳しいですね。


ブログ村・ブログランキングに参加中です

にほんブログ村 アウトドアブログ ウォーキングへ
にほんブログ村←よろしければクリックをお願いいたします。



theme : ウォーキング
genre : 日記

tag : 加古川ウォーキング協会

プロフィール

ちゅうさん

Author:ちゅうさん
◆日本ウォーキング協会公認ウォーキング指導員・健康ウォーキング指導士
◇2013.01.~07.伊勢本街道完歩
◇2008.06.~2010.04.熊野古道紀伊路・中辺路完歩 ◇2010.04.~2012.03.四国八十八ヶ所霊場歩き遍路結願
◇2009.07.~2010.11.東・西・中・下高野街道完歩・・等
詳細はホームページへ↓
http://letswalking.web.
fc2.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ村ランキングに  参加しています

2010.09~

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
1245位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
478位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ